【更年期にふと感じる不安感】その原因や対処方法とは?

スポンサーリンク

更年期に突然訪れる「不安感」

更年期の突然の不安感をこれから経験するかもしれないと想像するだけで不安になりますよね。更年期で訪れる不安感は、漠然としています。

  • ワケもなく落ち込んでしまう
  • 心がざわついて落ち着かない
  • 将来が不安になる
  • イライラした気持ちをコントロールできない
  • 不安感や孤独感
  • 不安で涙が出る

このようなさまざまな不安感や症状が更年期ではみられます。

更年期とは

更年期は一般的に45歳から55歳くらいの時期に現れることが多いようです。この時期は月経が不規則になり、閉経する人も多くなってきます。月経が不順になり減ってくると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が急激に減ってしまいます。女性の健康を維持してくれるホルモンが減少することで、体や心のバランスが崩れてさまざまな不調が現れてくるのが更年期障害になります。

更年期の症状

更年期の症状はさまざまですが、症状の感じ方にも個人差があります。更年期が軽くいつのまにか終わっていた、という人もいれば、日常生活に支障をきたすような症状の人もいます。更年期で症状が重い人は急激な体調の変化や、心の変化に戸惑うことでしょう。しかし、事前に更年期のことをある程度理解しておけば、心構えもできますし予防策もとれます。ここではまず、更年期はどのような症状があるのかを紹介していきます。

自律神経の症状

  • 急に顔や体が暑くほてる、ホットフラッシュ
  • 暑くないのに急に汗が出る、多汗症
  • 夏場でも手足が冷たい
  • 動悸
  • めまい
  • 耳鳴りなど

自律神経が乱れると上記のような症状が現れます。自律神経は交感神経と副交感神経の働きが乱れることで起こります。このような症状が出てもあまり気にならない人や、規則正しい生活に変えることで改善される可能性もあるので、生活をまずは見直して見ましょう。

精神的な症状

  • 憂鬱感
  • 不安感
  • イライラ
  • やる気が起こらない
  • 記憶力の低下など

精神的な症状は女性特有の誰もが経験した不安感に似ています。しかし更年期では自分ではコントロールできるような症状ではないため、放っておくとひどくなる可能性があります。ツラいときは症状に合わせた薬もあるので病院に行くことをオススメします。

身体的な症状

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 喉が異常に渇く
  • 下痢や便秘など

身体的な症状は1番変化を感じやすいですね。このような身体的な症状が出た場合、たくさんの人が我慢できないまたは一人では対処できないようになってきます。普段の生活に支障が出ないためにも早めの治療が必要になってきます。

更年期をセルフチェック

  • 肩こり、腰痛がある
  • 疲れやすい、または疲れがとれない
  • 頭痛、めまい、耳鳴りがする
  • すぐにイライラする
  • 何をするにも面倒だと思う
  • 寝つきが悪い、または眠りが浅くすぐに目がさめる
  • 動悸がする
  • 急に汗がでる
  • 顔がほてる

一つでもあてはまれば、更年期の可能性があります。

更年期に不安感を感じてしまう原因とは?

更年期に不安感を感じてしまう原因はさまざまです。ホルモンバランスの乱れや環境の変化などさまざまな原因が重なって更年期になると言われています。

女性の場合は子供が成長して母親としての役割が終わったと感じると、急に寂しさや、孤独感が募ります。友人や知人の病気や死などに直面すると精神的にも落ち込みますよね。自分自身の衰えを感じて将来が不安になることもあるでしょう。

このような要因がホルモンバランスが乱れた時期と重なることで更年期の症状を悪化させる可能性があるのです。

不安感は考え方次第では改善できる

お母さんとしての役割が終わったと感じ、孤独や不安感に襲われたり、「死」を意識して不安になる人は多いですが、自分の不安感を人に打ち明けることで気持ちがラクになる人もいます。自分のツラさを誰かが理解してくれている、と思うだけで安心感に繋がるのです。

不安感の原因がわからない場合は「自分は一人」などと思わず、周りの協力を得ながら思い込みを捨てることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました