将来に大きく影響する!子どもの自己肯定感を高める子育て方法

そもそも「自己肯定感」とは?

そもそも、「自己肯定感」とは何かご存知でしょうか?

自己肯定感とは「自己を肯定する感覚」、つまり「自分は大切な存在だ」と感じる心の感覚です。

つまり、肯定感が高いと「自分は大切な存在、価値ある存在だ」と感じている、ということです。

文部科学省では2017年6月に「自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子どもを育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上」を取りまとめ、子どもたちの自己肯定感の低さを改善するための環境づくりについて検討を行っています。

社会性や人間性の基礎となる自己肯定感があることで、自信を持って前向きに社会生活を送ることができるため、自己肯定感は子供の成長にとってとても大事な感情なのです。

自己肯定感は周りのとの関わりの中で高めることができます。特に、自己肯定感の土台が作られる0~6歳の期間は、親との関わりがとても重要です。

「どうせ私なんか…」の口癖は自己肯定感の低い子供のサイン

「自分は大切な存在なんだ」「自分は愛されている」といった気持ちが持てない自己肯定感の低い子供は、

「どうせボクは……」
「ワタシなんか……」

という言葉を口にすることが増え、自己卑下をし、何事にも意欲を持てないことが多いでしょう。

また自分に自信がなく、人との関わりも苦手で、すぐにキレたりする場合もあります。

親から虐待や暴力を受けたり、愛されずに育ったなどの過去がある子供は、自己肯定感が低くなります。

一方、子育てや教育に熱心な親に、愛情をかけられ育っても、自己肯定感が低い子供もいるのです。子育てや教育に熱心なゆえに、気づかずしている自己肯定感を下げる残念な言動等にも目を向けてみましょう。

幸せな親子関係のために、まずは母親のあなたが自己肯定感を上げて幸せに

母親の自己肯定感と子どもの自己肯定感は必ずリンクしています。

子どもは常に親の言動を気にかけているし、母親に認めてほしくて、ほめてほしくて、常にうずうずしているもの。

幸せな親子関係のためにはまず、母親が気持ちに余裕を持って笑ってあげることが何より大切です。それには母親自身の自己肯定感を上げて自分自身で幸せを手にすることが大切です。

これから母親になる人も、今まさに母親になっている人も、自分という人間を見つめなおしすべてを受け入れてみることから始めましょう。

自己肯定感の低い子どもはどうなってしまう?

日本の子どもたちの自己肯定感が世界の子どもたちと比較して、低いということが問題視されています。

日本の子どもたちの自己肯定感が低いことの要因として、謙虚さを大切にするといった考え方や個人主義的な発想を良いこととしない国民性があると言われています。

そういった環境の中で子どもが成長していくと、さまざまな課題にぶつかった際に自分自身の考えを肯定できないために、不安や悩みが多くなってしまうのではないでしょうか。

成長していくにつれ、セルフイメージの描き方が変わってくるので、子どもの頃とはまた違った不安を感じたり悩んだりすることもあるかもしれません。

また、小さな頃から保護者など周りから否定されることが多く、褒められることがなかったなど、認められた経験が少ない場合も、自分は大切にされていないという気持ちになり、自己肯定感が低くなるでしょう。

自己肯定感の低さが原因で、性格的に飽きっぽい、比較することや他人の批判をする、疑いや不安などの感情をもつため攻撃的になってしまう、ということにつながります。

タイトルとURLをコピーしました