ワンオペ育児を卒業!旦那に子育てを手伝ってもらう上手な方法

子育ては、女性にだけ負担が掛かるワンオペ育児になりがち

子育ては、特に女性によるワンオペ育児つまり「ワンオペレーション育児」になりがちです。ワンオペ育児とは、一人で育児を切り盛りすることで、他の人に手伝ってもらえないことを意味します。最近、この言葉をよく聞くようになりました。

育児にマニュアルはなく、日々変わるもので、何が起こるのかわからないものです。専業主婦だけでなく、働いている女性の場合でも女性の方に負担がかかってしまう割合が多いのが現状です。ただでさえ大変な子育てなのに、女性一人だけでそれを行うのであればその女性には、大変なストレスになってしまいます。ワンオペ育児はストレスから体調不良、家族間の関係性の変化等悪影響を及ぼす可能性があるので、ぜひ避けたいものです。

旦那が子育てに協力しない理由とは?

それでは旦那さんが子育てに参加しない原因、理由は一体なんなのでしょうか。女性だけによるワンオペ育児を避けるためにもまずは原因を把握しましょう。

旦那が子育てに協力しない理由①育児は女性がするものという古風な考え方

男性の中には未だに男は外で仕事をしてくる役割で、女は家事や育児をこなす役割という考え方をしている人がいます。そのため子育てとなると前線から一歩引いてしまい、積極的に参加する人が多くありません。男女平等の世の中とはいえ、このような考え方をしている人がいるのも確かですので、女性によるワンオペ育児が出来上がってしまうのです。

旦那が子育てに協力しない理由②手伝ってと言えないぐらいの旦那の仕事量

日本人は、世界中の他の国から見て働きすぎだと言われています。旦那さんの中には、子供が起きる前に仕事に出かけ、子供が寝た後に仕事から帰ってくるという人も多いのではないでしょうか。さらにはサービス残業や休日出勤なども知られているように働く時間の量が半端なく多いです。

このため、たまに早く帰ってきた旦那さんへ育児を手伝ってと言えない女性もいるのが現状です。「疲れてへとへとで帰ってきている旦那さんを前に育児をしてなんて言えない」または、「たまの休日ぐらいゆっくりさせてあげたい」などという女性の気遣いが女性のワンオペ育児へと導いているのです。

タイトルとURLをコピーしました