「もう1品」にピッタリ!時短おかずレシピ特集

「ご飯を作ったけれど、何か物足りない…」「家族からご飯が少ないと言われる」そんな事ってありませんか?沢山の種類のご飯を作るには手間が掛かりますし、できれば簡単に済ませたいですよね。そんな時におすすめなのが時短レシピです。今回は少しの時間で簡単に作ることができるオススメおかずをご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

パパっと作れる時短おかずは主婦の味方!

https://www.photo-ac.com/

「主婦はずっと家に居れていいな」と旦那や子供に言われることもあるかもしれませんが、年中休みがなく、朝から夜までばたばた忙しいのが主婦の実態ですよね。

一日忙しい中、家族のために凝ったご飯を作ったり、たくさんの料理を作るのは難しく、そのため品数が少なく物足りないと感じたり、家族からご飯が少ないと言われることはありませんか?

そんな時に、短時間で作れる料理を知っておけば、品数をたくさん作れますし、たくさん作ったとしても、いつもと同じくらいの時間か、それより少ない時間しかかからないので、余った時間を自分のために使えたり、他の用事ができますよ!

時短おかずを作るときのコツやレシピなどをご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね♪

時短おかずを作る際のコツ・ポイント

https://www.photo-ac.com/

「時短おかずを作りたい!」と思っても、コツやポイントを知らないまま料理を始めると、なかなか思うように進まず、時短料理のはずが思いの外時間がかかり、結局時短ではなくなってしまいます。

効率良く料理を作るためには、コツやポイントをしっかり理解することが大切です!

時短おかずを作る際のコツ・ポイントは3つあるので、1つずつ詳しくみていきましょう!

料理の下準備を前倒ししておくこと

https://www.photo-ac.com/

炒める、焼く、揚げる、煮るなどの調理工程の方が、時間がかかると思いがちですが、
料理を作る工程で最も時間がかかるのは、野菜を切ったり肉や魚に下味を付けたりなどの下準備の工程です。

なので、下準備を前もってしておくと料理に時間がかからず、時短に繋がるんですよ!

では、具体的にどうすればいいかですが、
今日の料理を作る時に、明日も今日と同じ食材を使うことがあるのであれば、明日使う食材を一緒に切り袋に入れ保管してください!

そうすれば、次の日は料理の下準備を割愛することができますよ!

合わせだれを常備すること

https://pixabay.com/

合わせだれとは、醤油、砂糖、お酒を1:1:1の割合で合わせたたれのことで、冷蔵庫で約1ヶ月ほど保存できます!

料理の味付けって、だいたい目分量で行いますよね。
そのため、味がなかなか決まらず時間がかかってしまうことあるのではないでしょうか。

そんなとき!これを常備しておけば、料理の味付けが簡単になりますよ!
特に和風料理を作るときに活躍してくれます♪

更に、この合わせだれにおろし生姜やおろしにんにくをプラスすれば、しょうが焼きや唐揚げの下味に使えるなど、自分なりにアレンジすることもできるのでとても万能です。

市販でも合わせだれが売っていますし、合わせだれで調べるとネットでたくさんのレシピが載っているので、自分の好きな合わせだれを常備してみてくださいね!

あらかじめに1週間分の献立を決めておく

https://pixabay.com/ja/

1週間分の献立をあらかじめ決めておけば、当日何を作ろうか悩む必要がなく、すぐに料理に取り掛かることができます!

献立を決めるタイミングでオススメなのは買い物に行ったときです!
何が安いかを見たり、何が食べたいかなどを考慮して、献立を立ててみてはいかがでしょうか♪

また、何を作るか決めておくことで、1つ目にご紹介した料理の前倒しが更に効果的になりますよ!

献立を決めておけば、時間に余裕がある時に野菜だけでなく、お肉やお魚に下味を付けたり、たとえばハンバーグのタネを作って冷凍し、あとは焼くだけにすることもできます。

下準備が大幅に楽になるので、毎日の料理が時短になります。

料理を時短できれば、もし家族から「◯◯が食べたい!」と急に言われても、それを作ってあげる余裕もできますよね♪

なので、1週間分の献立をあらかじめ決めておくと、料理がスムーズにできるようになります♪

まとめて作って保存しておくとさらに便利に!

忙しい時や料理を作る時間がないなど、温めるだけで食べれるおかずがあれば便利ですよね!

そんな時のために、おかずをまとめて作って保存しておくといいですよ。

保存しておくのにオススメなおかずをいくつか紹介するので、ぜひ試してみてくださいね♪

きんぴら

きんぴらは野菜もしっかり摂れますし、ご飯のお供にもなる万能副菜です。

冷蔵保存だけでなく、冷凍で保存してもあまり味に変化が起きず、日持ちするので作り置きしておくと便利ですよ♪

ナムル

https://www.pakutaso.com/20171021296post-13762.html

「もう1品おかずが欲しい!」時や「食卓に彩りが欲しい!」時にオススメなのがナムルです。

にんじんやほうれん草、もやしなど様々な食材をナムルにできますし、簡単に作れるので大量に作ることが可能です!

おひたし

おひたしもナムル同様に、様々な食材で作ることができますし、調理が簡単です!

炒め物

https://pixabay.com/

野菜炒めやお肉を使った炒め物など、副菜にも主菜にもなりますし、醤油や味噌、塩など味のバリエーションも豊富です!
同じ炒め物でも、食材を変えれば全く別物になるのでオススメですよ♪

カレー

https://www.pakutaso.com/20150915244post-5977.html

意外と思われるかもしれませんが、カレーも作り置きに便利なんですよ♪

冷凍すれば日持ちするので、ぜひつくり置きしてみてください!

保存するときにはポイントがあり、具材が大きいままだと保存が大変なので、ミキサーなどで具材を細かくしてから冷凍保存してくださいね。

他にもネットには作り置きに向いているレシピが多数載っているので、ぜひ検索してみてくださいね!

「もう1品」におすすめ!時短おかずレシピ特集

次にもう1品おかずが欲しい時にオススメの、時短レシピをいくつかご紹介します!

豚こまのあんかけ

https://www.photo-ac.com/

豚こま 250g(目安なのでお好きな量で大丈夫です)
玉ねぎ 1/2個
(他にもお好きな野菜を入れても大丈夫です)
サラダ油 小さじ1
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
酢 大さじ1
水溶き片栗粉 適量

1玉ねぎを薄切りにスライスする
2フライパンに油を入れ、中火で豚こまを炒める
3肉に火が通ってきたら玉ねぎを入れ、1分程軽く炒める
4炒めた具材に醤油、みりん、酒、酢、を加えよく混ぜ合わせる
5水溶き片栗粉を入れとろみをつける

作り置きの合わせだれを使用しても美味しくできます♪
お好みで野菜を足して作っても美味しくできますよ。

きのこのバター醤油炒め

https://www.photo-ac.com/

お好きなきのこ 300g
醤油 大さじ1
塩 小さじ1
バター 10g
おろしにんにく 適量

1きのこを適当な大きさに切る
2フライパンにバターを引き、中火できのこを2~3分程炒める
3塩、醤油、おろしにんにくを2に加え、全体にあじが行き渡るように混ぜ炒める

チョレギサラダ

https://www.photo-ac.com/

キャベツ 150g
きゅうり 1/2本
ごま油 大さじ2
醤油 大さじ1
おろしにんにく 小さじ1
塩 小さじ1/2
きざみのり 適量

1キャベツを適当な大きさにちぎる
2きゅうりを細切りにする
3ボウルやポリ袋に調味料と具材を入れ混ぜ合わせる
4皿に3を盛り、きざみのりを振りかける

和風むね肉

https://www.photo-ac.com/

鶏むね肉 1個
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ1
中濃ソース 大さじ1
塩 小さじ1
おろししょうが 大さじ1/2

1フォークや包丁でむね肉を数回ほど刺し、穴をあける。
2電子レンジ加熱可能な容器に、調味料を全て入れかき混ぜる
3むね肉を2に入れラップを優しくかけ、電子レンジで600w3~4分加熱する
4加熱後、むね肉をひっくり返して再び加熱する
5包丁で食べやすい大きさに切る

電子レンジで調理できるので、他の料理を作ったり、違う用事をしながら作ることができます♪

どれも簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね!

時短おかずでいつもの食卓を少し賑やかに♪

https://www.photo-ac.com/

品数が1品増えるだけでも、一気に食卓が賑やかになりますよね。

しかし、その1品を作るのが面倒だったり時間がかかってしまいます。

そんな時に、作り置きしてあるおかずがあると、温めるだけでいいので便利ですし、時短レシピをいくつか知っておけば、パパッともう一品作ることができます!

家族に「ご飯少なくない?」などと、もう二度と言わせないように、ぜひいくつか時短レシピを覚えてみてくださいね♪

 

関連記事