一度使ったら手放せない!圧力鍋を使った時短料理術&おすすめレシピ

時短料理をするなら手放せない「圧力鍋」

「毎日毎日料理しなきゃいけないから、どうにか調理時間を短縮したい」「煮込み料理とか作りたいけど、毎日忙しくて・・・」。そんな人の強い味方が圧力鍋です。圧力鍋を使えば、普段はなかなか作れない煮込み料理などが時短で出来るだけでなく、普段よく食べるカレーやご飯も時短でささっと作ることが出来てしまうんです。圧力鍋は時短料理の強い味方です。

「でも圧力鍋って使い方が難しそう」、そんなイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、圧力鍋も年々進化しており、今お店ではさまざまなタイプの圧力鍋が販売されています。サイズも大きいものから女性でも使いやすい小型の圧力鍋まで幅広く揃っているので、初心者でも簡単に使いこなせますよ。料理を美味しくするのはもちろん、調理を時短してくれる圧力鍋を使わない手はありませんよ!

そもそも圧力鍋ってどんなアイテム?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝖧𝗂𝗇𝖺𝗍𝖺 𝖫𝗂𝖿𝖾(@hinatalife)がシェアした投稿

そもそも圧力鍋とは、どんなものなのでしょうか。普通の鍋と比べてどんな所が違うの?と疑問に思う方のためにご説明しましょう。

圧力鍋とは名前の通り、調理する時に鍋の中に圧力がかかる鍋のことを指しています。普通の鍋ではガスやIHなどで、材料を加熱して調理します。それが圧力鍋だと材料に圧力をかけることで調理しているのです。圧力をかけることで、火にかけるより短時間でやわらかく食材を料理することができるのです。

圧力の力を使うことで、火では時間がかかってしまう固い野菜やお肉の煮込みが、あっという間に出来てしまうのが圧力鍋の特徴です。さらに圧力鍋は火にかけている時間も普通の鍋に比べて短くて済むので、調理時間の短縮にともなってガス代や電気代の節約にもなります。時短で美味しく、節約にもなる圧力鍋は、一石三鳥のお得な調理器具ですね。

圧力鍋を遣って時短料理を作る際の注意点

短時間で美味しい料理がつくれる便利な圧力鍋ですが、圧力をかけて調理するという特性上いくつか注意しなければいけないことがあります。注意点を知らないで圧力鍋を使うと、思わぬ事故につながることも…。圧力鍋を正しく安全に調理に使うためにも、圧力鍋の注意点をしっかりおさえておきましょう。

鍋を開ける時は必ず圧力が下がっているか確認

圧力鍋は、調理する時に鍋の中に高い圧力をかけています。そのため、加熱が終わってから鍋の中の圧力が下がるまでは、決して蓋を開けてはいけません。鍋の中の圧力が下がりきらない状態で蓋を開けてしまうと、中身が飛び出てしまい大変危険です。熱々の汁が顔や手にかかればヤケドしてしまいますし、万が一コンロの火に引火したら火事などの事故にもなりかねません。

しかし、必要以上に怖がることはありません。圧力鍋の種類によって異なりますが、製品には必ず圧力が下がったことを知らせるボタンやランプなどが付いています。圧力鍋の蓋を開けるときは、そういったボタンやランプがきちんと圧力が下がっている状態か確認しましょう。また圧力鍋で時短料理にチャレンジする時は、どこをチェックすればいいのか事前に説明書を良く読んでおきましょう。

ルーなどのとろみの強いものは圧力をかけた後に

「圧力鍋で時短で作りたいものを想像してください」とみなさんに聞いたら、おそらくカレーやシチューなどの煮込み料理を思い浮かべる方が多いと思います。大きなお肉やじゃがいも、固いにんじんもすぐ調理できる圧力鍋は、まさに煮込み料理にぴったりのお鍋です。

しかしカレーなどを調理する時に、具材や水と一緒にルーを入れて圧力鍋で加熱することが絶対にやめてください。圧力がかかることで、ルーのとろみが圧力鍋の蒸気口やノズルを塞いでしまい、圧力鍋が爆発したり故障したりする原因になってしまいます。

カレーなどルーを使った料理の場合は、まず材料と水を圧力で加熱しましょう。加熱が完了して圧力が下がったら圧力鍋を開け、その状態でルーを投入して料理を完成させましょう。ルーを入れるタイミングさえ気をつければ、美味しい煮込み料理が時短で出来ますよ。

圧力鍋を使ったオススメ時短レシピ特集

圧力鍋の正しい使い方が分かったら、早速圧力鍋を使った時短レシピにチャレンジしてみましょう。圧力鍋を上手に使えばレパートリーは無限大ですが、今回はその中でも圧力鍋初心者でも作りやすく、時短で美味しい料理が出来るものを3つご紹介しましょう。

タイトルとURLをコピーしました