清潔感のある素敵なお部屋に♪白を基調としたインテリアコーディネート実例

黒だとクールやシックな印象、緑はナチュラルな印象に…というように、お部屋の印象は色によって大きく左右されます。そんな中でも特におすすめなのが白色を使ったお部屋づくりです。白を基調としたお部屋は誰からも好かれやすい、清潔感あふれる素敵な印象になりますよ♪今回は白色を上手に取り入れたお部屋づくりの方法を実際のインテリアコーディネート実例と共にご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

白はお部屋をスッキリ&清潔感のある印象にする


http://www.instagram.com/mujihouse/

みなさんは白のイメージといえば、どんなものが思いつくでしょうか?純真、清潔、無垢…など、何事にも染まっていない、清らかなイメージがあるのではないでしょうか。とくに日本では、白は清潔感や新しさの象徴。みなさんが思い浮かべるイメージは、基本的にプラスのイメージの言葉ばかりでしょう。

インテリアでもそれは同じ。賃貸でお部屋を借りる時は基本的にお部屋の壁は白の場合が多いですよね。グレー一色や黒一色といったお部屋は、よほど凝ったお家でないかぎりは少ないでしょう。それほど、白はお部屋を大きく見せてくれますし、清潔感があります。
白で統一された空間は、様々な価値観を持つ方にとって受け入れやすい空間なのです。

実は難易度が高めな「白のインテリア」

白は使いやすく、まとめやすい…という反面、気をつける必要のある色でもあります。
まず、汚れやすく、汚れが目立ちやすい。これは機能性が大事になる住宅の空間の中では、永遠の課題といってもいい問題です。それが嫌で黒のアイテムを選ばれる方も多いほど。
別の問題として、あまりにも白すぎる空間は人間の心を不安にします。例えば、何も展示されていない真っ白な美術館の展示室を思い浮かべてみてください。その中にいると遠近感がとれなくなり、清潔なはずの空間が不安でいっぱいの空間になってしまうのです。生活感がないのは、毎日暮らすとなるといずれ疲れがでてきます。

このように、白を基調にしたインテリアを作る場合、その加減が大切になってきます。いろいろなアイテムとの組み合わせによって、バランスを見てみましょう。

白を基調としたインテリアコーディネートのポイント


https://www.instagram.com/ikeajapan/

では、白基調のインテリアには、どのような工夫を加えればよいのでしょうか?
白の単調なイメージをうまく崩すアイテムが必要になります。清潔感を保ちながらも、相互的にいい作用をもたらしてくれるもの。
白は、プレーンな色だけにインテリア空間では生命感がなくなりがち。そういったイメージを崩すアイテムとして最適なものは、生きたイメージのある有機的なアイテム。一つには、グリーンやお花など、植物をうまく取り入れることです。観葉植物は空間を生き生きとすることができますし、実際にきれいな空気を作ってくれます。また、毎日手を加える必要がある生き物は、愛おしさもうまれますよね。
また、家具においても木を基調としたものを加えると、空間に生命感がでます。


https://www.instagram.com/ikeajapan/

今ご紹介した方法で、白の空間をうまく活用している例をご紹介しましょう。こちらは、基本的には白が基調になっているキッチンインテリアです。実用性のためのスチール系の素材もみられますが、木目がいきたナチュラルなインテリアアイテムが空間の主役になっていますよね。トレイやカッティングボードなど、絵になるアイテムばかり。配置にも美しさがみられます。
上の段には、小さな観葉植物も置かれています。グラスアイテムも白のインテリアに映えるアイテムの一つ。開放感を演出できますよ。
少しイメージを掴んでいただけたでしょうか?このように、白のインテリア空間においては、有機的でアクセントになるものを取り込んでいく必要があるのです。

白を基調としたインテリアコーディネート実例集

ではここからは実際に、白を基調としたインテリア空間を見ていくことにしましょう!リビングやキッチンなどいろいろな空間をご紹介していきます。

女性らしさが生かされた空間


https://www.instagram.com/zarahome/

こちらはお姫様風の、女性らしい白のインテリア。イメージのポイントとなっているのは、白を使用した有機的な家具のライン。基本的に曲線が中心となった空間づくりですよね。伝統的なヨーロピアンスタイルといったイメージがあります。
また、白に加えるアクセントカラーとして、パステルピンク、ゴールド、ブラックという伝統的に女性らしい色使いを使用していることも、女性らしさに大きく影響しています。暖炉の枠となるマントルピースが使用されていたり、また、手前のパステルピンクのバラは女性らしさの象徴ですね。この色が入ることによって、プレーンな白の空間も華やかに見えてきます。
白のインテリアはこのような工夫によって、清楚な空間の印象を作ることができます

ナチュラルでプレーンなイメージ


http://www.instagram.com/mujihouse/

こちらのインテリア空間は、白の割合がかなり多いですよね。多少多すぎ、と感じられる人もいらっしゃるかもしれませんが、こちらの空間でも工夫がされています。まずオープンキッチンには小さめの観葉植物がおかれ、白だけの空間にリズムをつけています。そしてダイニングにはウッド調のダイニングセットが。黒のフレームであることも大事になってきます。
そして、この空間で大きなアクセントになっているのが黒のペンダントライト。この存在が白が多めの空間にリズムをつける大切な存在となっているのです。ダイニングテーブルの黒いフレームとあわせて黒が効果的に使用されています。さりげなくゴミ箱にも黒が取り入れられているのがいいですね。


http://www.instagram.com/westelm/

こちらの写真は、玄関周りを写しています。基本的に白が基調なのですが、不思議と温かみがあります。
それは木の色味が影響しています。メープルのような、少し赤みの強い木材を使用しているとともに、バスケットなど手が感じられるクラフトものが部分的におかれていますね。有機的なアイテムを多用することで白が基調の中でもとても生命感がある空間になっています。

そしてここでも大事なのが、観葉植物。ユーカリの美しい葉の形状が空間で生きています。生き生きとした美しい玄関まわりですね。すぐに帽子やコートをかけることのできる壁付けのハンガーラックを使用するなど、実用的な要素も多いので参考にできる空間演出です。

少しグレーを加えたナチュラル


http://www.instagram.com/jasminbylund/

少し上品なイメージを出したいな…という場合おすすめなのが、白にグレーを加える方法です!
特に、薄くパープルの要素が入ったグレーは、高貴なイメージを持ちます。

この写真の空間では、ソファやウィンドウフレームやドアには白が使用されていて、それにあわせてグレーを加えています。壁紙の伝統的なパターンイメージとあわさって、とても上品で女性らしい空間となっていますね。

もちろん、観葉植物も大事な要素として取り入れられています。インテリア全体のアクセントとなるような大きめの観葉植物が一つと、コーヒーテーブルにも2種類の観葉植物。これらによって生き生きとしたナチュラル感も加わっています。
女性らしい高貴な雰囲気をつくりたい場合は、白とグレーをうまくあわせてみましょう!


http://www.instagram.com/jasminbylund/

関連記事