【アラフィフ】シンプルに生きる!50代から始めるミニマリスト生活のすすめ

不必要なものを持たず、必要最低限の持ち物だけで生活をする「ミニマリスト」。物に縛られないその姿に憧れる50代の方も多いのではないでしょうか。とは言え、50代の方が今からミニマリストを始めようとすると、家にあるたくさんの荷物に心が折れてしまうことも…。そこで今回は、50代からミニマリストを目指すための方法や、メリッと・デメリットなどについてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

そもそも「ミニマリスト」って?

https://www.photo-ac.com/

ミニマリストとは、英語表記で「minimalist」となります。元々の意味は

・ミニマリズム、ミニマルアートな芸術家
・最小限のことしかしない人、最低限必要なものしか持たない人

と訳されます。

政治的、芸術的要素がある最初の言葉の意味ではなく、現在は二番目の言葉の意味合いが強くなっていることが分かります。更に「最小限の」という意味を持つ『ミニマル』(minimal)から派生された言葉がミニマリストです。こちらの方がどちらかと言えばしっくりして、分かりやすいですよね。

ここで「ミニマリストの歴史」をちょっとご紹介

https://www.photo-ac.com/

ミニマリストという言葉は2010年頃からの海外で使われるようになりました。特にアメリカの富裕層を中心に「大量にモノを持つことへの虚しさ」を感じたことから、必要最小限のモノだけを持つことにより、逆に心の豊かさを手に入れようとする人達を表す言葉として現在は使われています。

また、大量生産・大量消費と言われる現代社会において、環境問題の深刻化などが背景にはあり、それも「ミニマリスト」の増加に繋がったとも言えるでしょう。

日本では、2011年頃から少しずつ広まり始め、2013年過ぎに一気に世間に広がっていきました。そのきっかけとなったのはインターネット上で、あるミニマリストが紹介され、世間の注目を集めたという出来事があったことによるものです。

その後2015年には、ワニブックス社から発売された『ぼくたちに、もうモノは必要ない』(佐々木典士氏著)が、10万部以上の大ヒット作となり、その年の新語・流行語大賞において「ミニマリスト」が候補にノミネートされたという経緯があります。

アラフィフにとっての「ミニマリスト」とは?

https://www.pakutaso.com/

ところで、現在アラフィフの皆さん方にとってこの「ミニマリスト」の存在はどのように感じていらっしゃるのでしょうか?

50代くらいの年代は、まだお子さんが高校生や中学生だったりしたり、もう親元を離れて生活している大学生や社会人のお子さんがいたり、はたまたご自分や配偶者の親御さんの介護をしているなど、本当に目まぐるしく環境が変わり、それぞれのご家庭の事情が全く異なる代表的な世代だと言えるでしょう。

しかもご自身は仕事を持ってバリバリ働いている方も多いはずです。

ただ一言で「物を減らせばいい」なんて単純で簡単なことではありません。時間や労力、場合によっては費用が発生することなどを考えると、日々の生活だけで精一杯という声がアラフィフ世代からは聞こえてきそうです。例えミニマリストに憧れて、自分自身もシンプルに生きる生活を送りたいと思っていたとしても、「今はそんな余裕はない」というのが本音ではないでしょうか。

しかしその『忙しい』原因が、もし「ものに溢れている現状」からきていることであったとしたら、あなたはどう思われますか?

まだまだ体力も気力もある50代の頃から、少しずつでもミニマリストを目指して、私と一緒にぜひシンプルに生きる生活というものを目指していこうではありませんか!!

関連記事