更年期障害には養命酒が効果的?その理由と具体的な効能とは

スポンサーリンク

そもそも養命酒ってどんなお酒?

「薬用養命酒」は、養命酒造株式会社で製造されている薬酒の名称です。養命酒は、風邪薬や解熱鎮痛剤と同じく、第2類医薬品に分類される薬として販売されています。

養命酒の中には、漢方医学の考え方に基づいた14種類の自然の生薬が含まれています。それがアルコールの協力作用によって全身の血行を促進したり、体質を向上させて体調を整えるほか、体に備わる免疫力や自然治癒力を高めてくれるのです。

東洋医学の「生薬」が凝縮されたお酒

生薬とは、植物や動物、鉱物などの自然に存在する薬効果のある物のことを呼びます。これらを乾燥させたり、細かく切ったり、すりつぶしたりなどの簡単な加工をして使われています。

生薬は単体でも効能がありますが、それぞれを組み合わせて用いることで、新たな効きめを発揮したり、効能の幅が広がることがあります。

化学合成をされていないので体に優しく、長く時間をかけてじっくりと体を整えてくれます。

養命酒の成分

養命酒には14種類の生薬が含まれています。それぞれが体の虚弱な部分を補い、体を温め、血の巡りを良くするという働きを持っています。

■補う作用

  • ジオウ(血を補い体力をつける)
  • ヤクヨウニンジン(胃腸の消化機能の活性化など)
  • インヨウカク(体力の衰弱時に効果あり)
  • シャクヤク(血管に働きかけて疲労緩和)
  • ニクジュヨウ(腸をなめらかにして便通を整える)
  • トチュウ(虚弱体質に効果あり)

■温める作用

  • ケイヒ(冷えを抑え、体を温める)
  • チョウジ(消化促進と保温作用あり)

■取り除く作用

  • ボウフウ(風邪を防ぐ)
  • ハンピ(疲労の軽減)

■巡らせる作用

  • ウショウ(体を温めて胃腸の働きを良くする)
  • コウカ(血流を良くして冷え性の改善)
  • ヤクモクソウ(血行を促す)
  • ウコン(血行を良くし、新陳代謝の促進)

これらの14種類の生薬が合わさることで、さまざまな症状に対応する養命酒ができているのですね。

養命酒の効能

養命酒を飲むことによって、14種類の生薬が体の不調に穏やかに効き目を発揮してきます。

■肉体疲労

体がだるい、疲れがとれないといった肉体疲労でお悩みの方には、生薬が滋養強壮剤として効果を発揮して、体力をつけながら、疲労を回復させていきます。

■病中病後

病気療養中や、病気から回復直後で体力をつけたい方や、病後の体調の回復を早めたい方に。 養命酒の薬効成分が、元々の健康な状態へと戻れるように体の基本となる働きを整えてくれます。

■食欲不振

食欲がない、食べたいのに食べられないという方に。食前に養命酒を服用することにより胃腸の働きを活発にし、低下していた食欲を正常に戻していきます。

■冷え性

手足や腰、肩や背中が冷えてつらい方に。14種類の生薬の薬効成分が体内を巡り、血の巡りを良くして代謝機能を整え、冷えを改善します。

■胃腸虚弱

消化器官が弱く、胃腸の調子が悪い方、胃腸が弱り気味という方に。 食前に養命酒を服用していくことで、胃腸の働きを整えて丈夫にしていきます。

■虚弱体質

体力が無い、体が弱いと感じている方に。養命酒の穏やかな滋養強壮作用が体を丈夫にし、徐々に体力をつけてくれます。

■血色不良

冷えがひどい。疲れがたまって、手足の先が冷えて血色が悪いとお悩みの方に。養命酒の成分が血行とともに体内を巡り、新陳代謝を活発にする効果があります。

養命酒が更年期の症状に効果的な理由とは

養命酒の持つ血液促進効果や、疲労回復効果などは、現在更年期の症状に悩まされている人にも効果を発揮すると言われています。

更年期の症状といえば、軽度な人から重い症状に悩む人までそれぞれです。化学的に合成された薬と違い、生薬は幅広い症状に対応してくれるので、更年期の時にこそ養命酒を試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました