【生きづらさが消える】傷ついたインナーチャイルドの効果的な癒し方

インナーチャイルドとは?

大人になっても、ふとよみがえる幼い頃の思い出。家族や友達と出かけたこと、遊んだことなど、古いアルバムなどを見ると当時の嬉しさや楽しさをありありと思い出せるのではないでしょうか。逆に、事故や災害などの悲しい思い出、ショッキングな記憶は、記憶として胸に刻まれ、大きな傷としてなかなか消し去ることができません。

PTSDになると、理由もなくフラッシュバックして苦しむ人もいるでしょう。そういった過去のつらい出来事やPTSDによって成長を止めた記憶や感情、感傷のことを、「インナーチャイルド(内なる子ども)」と呼びます。

インナーチャイルドは、あなたの分身

インナーチャイルドは、あなたの心の中にいる「ひとりぼっちの分身」です。心の中に傷ついたインナーチャイルドが取り残されたままいると、過去で時間が止まったような奇妙な感覚を覚えることでしょう。その原因は人それぞれにありますが、子どもの頃に友達にいじめられたことがPTSDとなっている人も実際は少なくありません。大人になっても、当時のいじめっ子たちがまだそこにいるような気がして、道で小学生を見るといまだに身構えるという人もいるのです。

「インナーチャイルド」を特に抱えやすい経験とは

傷ついた「インナーチャイルド」を特に抱えやすい経験は、主に以下のようなものです。

  • 子どもの頃に理不尽に怒られた経験
  • 子どもの頃のいじめや虐待の経験
  • 子どもの頃の家族との死別や別離の経験
  • 両親の転勤で転校が多く、幼馴染や友達がいなかった
  • 幼い頃の事故や災害、重い病気や怪我の経験
  • 毒親、ネグレクトなど家庭内での孤独

他にもさまざまな悲しみや苦しみで、繊細なインナーチャイルドが傷ついたままになっている人も少なくありません。インナーチャイルドの癒し方がわからず、当時の世界に閉じ込められたままにしていると、大人になっても、恋愛や人間関係に困った弊害が出てきます。

ウィキペディア(Wikipedia)「アダルトチルドレンの意味」

ウィキペディア(Wikipedia)「心的外傷後ストレス障害の意味」

インナーチャイルドの癒し方がわからないと生きづらくなる?

インナーチャイルドが癒されないままだと、恋愛や人間関係にも少なからず影響が出てきます。例えば、常に「誰かに批判されるのではないか」「怒られるのではないか」と身構えてしまうことが比較的多くみられるようです。恋人の愛情を試すようなことをしてみたり、本心とは逆のことを言って後悔することも。インナーチャイルドが傷ついたまま大人になると、人との付き合い方に戸惑いがあり、心の中に漠然とした不安や怯えを感じることが多くなります。

過剰な巻き込まれ体質になりがち

特に気をつけたいのは、過剰な巻き込まれ体質になりがちなことです。これは、直接自分に関係のないことに「ひょっとしたら、自分が原因なんじゃないか」「この人が怒っているのは、自分が何か不都合なことをしたからではないだろうか」と関連づけて考えてしまう傾向です。これらもやはり、傷ついたインナーチャイルドが怯えているために起こる現象です。

傷ついたインナーチャイルドを放置しておくと、関係のないトラブルに自分から巻き込まれていくことにも繋がり、生きにくくなることでしょう。

インナーチャイルドの具体的な影響や症状とは?

傷ついたインナーチャイルドが原因で、様々な影響や症状を起こしてしまいます。

それは、子供の頃に傷ついてしまった心は、潜在意識の中で抱え込んでしまっているからです。その傷ついた経験から大人になった今でも、思考や行動パターンに影響があると言われています。では、具体的にどのような影響や症状があるのでしょうか?

具体的にご説明します。

タイトルとURLをコピーしました