ヨガで自律神経が整うのはなぜ?体の不調を改善する効果的なやり方

ちょっとしたことで乱れてしまいがちな自律神経

女性は時期によって、心も身体もデリケートになりがちです。体調不良が続くなと感じた時は、もしかしたら自律神経が乱れているかもしれません。自律神経が乱れると、なんとなくだるかったり、熟睡しても疲れが取れなかったり、天候や精神状態によって症状が悪化するなど身体に影響が出たりします。

ストレスと自律神経の関係

そもそも『自律神経』とは、自分の意思とはほぼ関係なく、生命維持のために体内をコントロールしてくれる神経のことで、交感神経と副交感神経の2つからなります。生命維持コントロールの具体例は、体温調整、呼吸、発汗、心臓の鼓動など。交感神経と副交感神経が、バランスよく適切な強さで機能することで、私たちの肉体は安定的に保たれているのです。

ストレス等を原因に、自律神経のバランスが乱れると…

つまり「交感神経」」と「副交感神経」のどちらかが強くなりすぎたり、両者とも弱まってしまったりすることで、以下のようなことが起こると考えられています。

①交感神経が強くなりすぎると…

イライラ・動悸(どうき)・ドライアイ・ドライマウス・身体のコリ・不眠など

②副交感神経が強くなりすぎると…

ぜんそく、アレルギー症状の悪化、無気力、過食など

③両神経の働きが鈍ると…

体調不良が続く、疲労感、うつ症状など

自律神経の乱れによる不調が現れやすいタイミング

▼ストレスが限界に達したとき

現代女性の場合、自律神経が乱れる原因として、職場における人間関係や家庭内での悩み、将来についての不安などの精神的なストレスのほか、過労による身体的なストレスが挙げられます。ストレスを受けていても、最初のうちやエネルギーがあるうちは症状が現れにくいのですが、やがてエネルギー不足に陥り、ストレスが限界に達してしまうと、体がSOSのサインとして症状を引き起こすといわれています。

▼月経前

月経の1週間ほど前にあたる「黄体期」になると、女性はイライラやうつうつとした状態になるPMS(月経前症候群)の症状が現れやすくなります。女性ホルモンに指令を送る脳下垂体は、自律神経をコントロールする視床下部のすぐ下にあるため、自律神経がホルモンの変化によって影響を受け、自律神経症状を引き起こしやすくなってしまうといわれているのです。月経前は特に、ストレスを溜め込まないように気を付けたいところですね。

ヨガが自律神経の乱れに効果的な理由とは?

◎ヨガの呼吸法で副交感神経を高める

ストレス過多で優位になった交感神経を鎮めるには副交感神経の働きを活性させることが大切です。副交感神経を優位にするには、深く、ゆったりとした腹式呼吸を行うと良いことがわかっています。ヨガの呼吸法は、鼻で息を吸って鼻で吐くのが基本で原則的に腹式呼吸。副交感神経を優位にさせる上で効果を発揮します。数あるヨガ呼吸法の中でも、特に「吐く息を長くする呼吸法」と「片鼻の呼吸法(ナディショーダナ)」がオススメです。

吐く息を長くする呼吸法

1:2の割合で吐く息を楽に伸ばしていくシンプルな呼吸テクニックです。副交感神経を高め、リラックスできることから、不眠症や不安の軽減に効果があると言われています。

片鼻の呼吸法(ナディショーダナ)

鼻呼吸で、右の親指で右鼻を閉じ、人差し指と中指を内側に曲げて片鼻で呼吸を行なっていきます。反対の左鼻も同様に行います。

これらの二つの呼吸法は、ちょっとストレスを感じたらデスクでも、気軽に取り組めますので是非、知っておいてくださいね。

自律神経はヨガで整えることができる!

まずは、ヨガからの3つのアプローチをご紹介します。3つのポイントを意識して行ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました