自宅でヨガを始めよう♪初めてでも簡単にできるヨガのすすめ

ヨガを始めたいけれど、スタジオや教室に通うのはハードルが高い…そのように感じる方もいるかと思います。確かに、スタジオなどは月額費や通う手間、人間関係などが面倒だったりしてなかなか気が進みませんよね。ですが、自宅で行えばそのような心配や不安を一切抱くことなくヨガを始められますよ♪そこで今回は、自宅でヨガを始める際にチェックしておきたいポイントについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

自宅でヨガを行う際に用意する物は?

上記にて、自宅でヨガを行う際のメリット、デメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?自宅ヨガには、お金や時間の節約などメリットが多い分、自分一人でヨガをすすめていくため、やり方が不安やペースを保ちにくいなどのデメリットが見られましたね。自宅ヨガを始めることを検討している方は、上記でご紹介した内容を参考に、自宅ヨガでもヨガの効果を最大限に得られるよう努力してみてくさいね!
続いて、こちらでは、自宅でヨガをする際に用意するものについてご紹介していきます。自宅ヨガを検討中のヨガ初心者さん必見ですよ!ぜひ参考にして下さいね!

用意するもの➀:ヨガマット


https://www.pexels.com/photo/balance-body-exercise-female-374101/

最初にご紹介する用意するものは、「ヨガマット」。ヨガマットがなければ、もちろんヨガを始めることができません。必ず最初に用意しましょう。
床が柔らかい素材であれば、座位や仰向けのポーズをとる際に、ヨガマットなしでも大丈夫なのですが、立位のポーズは、床が滑りやすい素材の場合、足がずれるのでヨガマットは必須となります。ヨガのポーズに集中するためには、ヨガマットのような滑りづらい素材のものがおすすめですよ!

用意するもの②:ヨガウェア


https://www.pexels.com/photo/buildings-city-exercise-girl-374632/

ヨガを始めるのであれば、「ヨガウェア」ももちろん必要になります。ジャージやスポーツウェア、普段着でもいいのでは?という声もありますが、ダイナミックな動きが多いヨガのポーズを取るに当たり、ヨガウェアは生地が伸びやすいなどの機能性に優れています。そのため、ヨガ専用のウェアを用意することをおすすめします。
また、お気に入りのヨガウェアを着用すると、それだけでも気分が上がりますし、その状態でヨガをすることにより効果も出やすくなります。
とはいえ、はじめはお金をかけたくないという人も多いのが現状です。体が動きやすいのであれば、スウェットやジャージでもOKですが、リボンやレースが付いているもの、ジッパーが付いているもの、フードが付いているパーカーなどはヨガの動きを妨げ、怪我の要因にもなるので、このようなウェアの着用は絶対に避けて下さいね。

用意するもの③:水とタオル


https://www.pexels.com/photo/clear-glass-h2o-bottle-113734/

ヨガをする際は、必ず「タオルと水」を用意して下さい。ヨガの合間にこまめに少しづつ水分補給をすることで体内循環を促進させることができます。また、できればキンキンに冷えた冷たい水よりも、身体を冷やさない常温のミネラルウォーターがベストです。
さらに、ヨガは激しい運動ではありませんが、ヨガの呼吸やダイナミックな動きから、意外に汗をかきやすいものです。特に、夏場は、冷房がきいた中でヨガをするといえども、汗をかくことがほとんどです。そのため、汗をかいたら、自分の身体を拭くのはもちろんのこと、ヨガマットの滑りを防止するためにも、こまめにふき取るように心がけて下さいね。

用意するもの④:安全で十分なスペース

自宅でヨガを始めるのであれば、「ヨガをするための安全で十分なスペース」が必要になります。平らで、滑りにくいことはもちろんのこと、さらに周りにぶつかるものがないスペースの確保が絶対条件となります。狭いスペースでヨガを始めてしまうと、手足を十分に伸ばせなかったり、物などにぶつかり怪我の原因にもなりかねません。ヨガの教室ではあり得ない、思わぬケガの危険性を回避するための、とても大切な要素なのです。そのため、十分なスペースを確保したうえで、ヨガを始めて下さいね!

用意するもの⑤:ヨガのDVDや書籍


https://unsplash.com/photos/BfriYg0iOCs

自宅でヨガをするのであれば、ヨガのDVDや書籍を用意することをおすすめします。特に初心者さんで、ヨガスタジオなどでヨガを習ったことがないという方は、まずは書籍やDVDでヨガの基本やポーズについて学ぶことをおすすめします。TVやパソコンにDVDをセットして、動画に合わせながらヨガをすすめていくのもありですよ!

自宅でも簡単にできるヨガのポーズ

上記にて、自宅でヨガを行う際に用意するものについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ヨガマットやヨガウェアはもちろんのことですが、安全面や快適性の向上のために、ヨガタオルや十分なスペースの確保をすることも絶対条件でありますよ。
続いて、こちらでは、自宅でも簡単にできるヨガのポーズについてご紹介していきます。自宅でヨガを始めたいが、どのポーズから始めればいいの?と疑問に感じている方必見ですよ!ぜひ参考にしてみて下さいね!

簡単にできるヨガのポーズ➀:合せきのポーズ


https://www.instagram.com/p/BnBjLJLg81L/?hl=ja

テレビを見ながらでも行えてしまいそうな「合せきのポーズ」。しかし、まずはヨガに集中してポーズをとることをおすすめします。股関節を柔軟にしながら、骨盤回りの不調を軽減、緩和する効果があるポーズですよ。

1. まず、あぐらの姿勢で座り、足の裏同士を合わせ、両手で包みます。
2. かかとを股関節に引き寄せながら、背筋を伸ばして下さい。
3. 膝をできるだけ床に落とすようにして、深い呼吸を繰り返します。
4. 途中で膝を上下に揺らして股関節をほぐしてもいいでしょう。
5. できる方は、背筋をまっすぐに保ったまま、吐く息で前屈しましょう。

簡単にできるヨガのポーズ②:立木のポーズ


https://www.instagram.com/p/BWPWb9PF3TB/?hl=ja

続いておすすめするポーズは、「立木のポーズ」。この立木のポーズでは、決して膝の位置に足裏を置くことのないよう気を付けてください。膝以外であれば、上でも下でも構いません。お尻を引き締めることでバランスが取りやすくなりますよ。

1. 山のポーズで立ち、右膝を曲げ、足裏を左脚に付けます。
2. ふくらはぎでもいいですが、可能なら手で補助し太ももの付け根まで上げます。
3. お尻を引き締め太ももと足裏を押し合ってバランスを取ります。
4. 吸う息で腕を天井に伸ばし、頭上で合掌します。
5. 一点を見つめて集中し、5回ほど呼吸を繰り返して下さい。
6. 腕を下し、山のポーズに戻って反対側を行います。

関連記事