【離婚の原因にも】嘘や浮気をする旦那への不信感をどう対処する?

スポンサーリンク

旦那への不信感が生まれてしまった…そんな時には?

一生一緒に生きようと信じていた旦那に浮気をされたり、大きな嘘をつかれたりしたならば不信感が生まれるのは当然です。浮気や嘘といった妻に対する裏切りは、それまでの楽しかった時間を全て覆してしまうほどの威力があるものなのです。それでも、原因となった旦那は「終わったこと」と捉えており、妻のあなたからの不信感に嫌な顔をする。まるで、いつまでも旦那を信じることが出来ないあなたが悪いかのようにふるまう。旦那は、それがどれだけ傷をえぐる行為なのかなんて考えもしないのでしょう。

旦那に不信感が生まれたのには理由がある

あなたは傷つきながらも、「夫婦でいる」為に旦那の機嫌をとろうと不信感を抑えて、自分の気持ちに蓋をしたりしていませんか?パートナーである旦那に不信感が生まれたのには、ちゃんと理由があるのです。だから、あなたはまず自分の気持ちを認めてあげましょう。傷ついているのに無理やり心に蓋をしたのでは、あなたの心が可哀そうです。そして、不信感を持つのは仕方がないのだと、旦那に訴える事が大切です。

一生を共に生きようと考えたパートナーなのですから、旦那の嘘や浮気であなたがどれだけ傷ついたのか、どれだけかけがえのないものを壊したのか、知ってもらわなくてはいけません。

旦那に不信感を抱いてしまう原因・きっかけは?

旦那に不信感を抱いてしまった原因やきっかけをしっかりと把握して、どうしたらいいのか夫婦で話し合っていきましょう。

旦那に不信感を抱いてしまう原因・きっかけ①お金に関する嘘

一緒に生活していく中で、お金はとても大切です。もちろん、予定通りに行かないこともあるでしょうが、そんな時に相談もしないで嘘をついてごまかし、妻の知らないところで借金をするなんて論外です。

お金は、二人の生活の基盤になるものです。嘘をついた理由が「飲み会が重なった」「パチンコ」といった自分勝手なものであれば、これから先の人生を一緒に生きていけるのかと思うのも無理はありません。生活の基盤となるものですから、お金で嘘をつかれてしまうと家庭が崩れてしまうほどの衝撃を受けるものです。

旦那に不信感を抱いてしまう原因・きっかけ②浮気

https://pixabay.com/

旦那に対する不信感で一番大きいのが浮気でしょう。結婚は、お互いに「一生、異性として見るのはこの人だけ」と思ってするものであり、それを前提に二人で家庭を築いていくものです。それなのに他の女性と関係を持つなんて、本気の恋愛であっても、一瞬の気も迷いであっても絶対に許すことは出来ません。

旦那の浮気を知った時は、妻として築いてきたもの全てが崩れ落ちていく感覚を覚えるものですし、生涯消えない傷に苦しむことになるでしょう。一度でも浮気をした旦那への不信感は、長く長く残り、妻の苦しみは続きます。

旦那に不信感を抱いてしまう原因・きっかけ③小さな嘘の積み重ね

https://pixabay.com/ja/

浮気も借金もないのに、小さな嘘を積み重ねる人もいます。例えば、飲み会中まだ盛り上がっているのに「もう帰るよ。今店を出るところ」とか、友人と出かけるのに「休日出勤になった」といった、すぐにばれるような嘘です。こういった人は、嘘をついている自覚が乏しく、「今怒られるのを防ぐ」ために適当なことを言うことをやめられません。その場しのぎの嘘を繰り返しているうちに、妻は旦那の言動全てに不信感を募らせるようになり、何を言っても信頼されることは無くなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました