スポンサーリンク

アラフォーでも遅くない!大人になって始める、初心者向けのダンス上達方法は?
スポンサーリンク

ダンスと言ってもさまざまな種類がある!


https://www.flickr.com

今では中学校の必須科目にもなっているダンス。一昔前では、授業でダンスが必須科目になるなんて思ってもみなかったでしょう。ただダンスは若い世代の人達だけではなく、幅広い年代の方が楽しめるものなのです。イメージは異なるかもしれませんしダンスと言えないかもしれませんが、盆踊りが良い例です。小さな子供から高齢の方まで、皆が踊り皆が楽しんで踊っています。アラフォーの皆さんも、ダンスを始める事は恥ずかしい事ではありません。少しでも興味を持ったなら、勇気を出してさぁ体を動かしてみましょう。
しかしさぁダンスを始めましょうと言っても、種類が豊富なのでどれを始めるか迷ってしまいますね。少し種類から見ていきましょう。

・ヒップホップ
・レゲエダンス
・ジャズダンス
・バレエ
・タップダンス
・フラメンコ
・フラダンス
・タンゴ
・ベリーダンス
・サルサダンス
・社交ダンス

この中でも更に細かく見ていくと、もっと沢山の種類に分かれることでしょう。バラエティ番組の企画で大会に出場する密着が有ったり、映画などで披露されたり、題材として取り上げられたりと皆さんも目に触れたことが有るのではないでしょうか。

アラフォー初心者におすすめなダンスの種類は?


https://www.flickr.com

絶対これというものは決まっていないでしょう。人それぞれの体力であったり、興味であったり様々なのでやってみたいと思うもの=誰でも挑戦できます。大人のダンススクールも有りますし、ジムのスタジオプログラムの中で様々なダンスの時間だってあります。ヒップホップだって始められちゃいますし、フラダンスや、ジャズダンスだってオススメです。バレエだって大人のバレエ教室が有るほどですし、何でも出来ますよ。可能性は無限大です。

ただ自分の体力や続けられそうかは、自分自身と相談して下さい。あまり激しい動きは出来ないという方は、例えばフラダンスのようなゆっくりとしたダンスを始めてみたり、子供や孫と一緒に踊りたいと思う方や体力に自信のある方はヒップホップを習ってみたりと考えるのも良いですね。

【教室?独学?】ダンスはどうやって学ぶべき?

独学で練習するか、教室へ通うべきか

どちらが正解というのはありませんが、自分に合った学び方が一番良いでしょう。独学も教室へ通うのも、メリットデメリットが有りますので、ご紹介します。今後ダンスを習う時に参考にしてみて下さい。

独学のメリット1:好きな時間に好きな場所で練習が出来る


https://girlydrop.com

この点は独学の最大のメリットではないでしょうか。社会人の習い事となると、仕事もありますし残業や接待、飲み会などが開催される時があります。教室に通うとなると場所も開始時間も決まっていますのでやはり時間の縛りで長く続けるのが難しくなる方もいるでしょう。子供ががいる方は、子供の塾や習い事の送迎もあるので自分の習い事に時間を割くことが難しくなってきます。そんな時に独学ならば、お迎えの時間の間や、子供も寝て家事がひと段落した時の隙間時間を見つけていつでも出来ますし、移動時間を取られることなく自宅で気軽に始められます。

独学のメリット2:経済的な負担が少ない

教室に通うとなると月謝は毎月掛かりますし、発表会に出るとなると衣装代や会場が遠くなら交通費も掛かってきます。練習用の服も揃えたくなると、いくらでもお金が掛かってきますね。その分独学ならば、服装なんて動きやすい格好ならば何でもいいわけですし、教材費だって今ではネットが有りますのでアップしてくれている動画が先生です。

独学のメリット3:好きなように練習ができる


https://girlydrop.com

独学の良い所は、自分の好きな曲で自分の好きなジャンルを踊ることが出来る点です。慣れてきたら好きな振りを組み合わせて、踊る事だって可能でしょう。教室だと周りのペースに合わせないといけません。しかし苦手な部分を何度も繰り返し練習が出来るので、苦手を克服出来ますね。

独学のデメリット1:指導者がいないため、分からない所を質問出来ない


https://www.pakutaso.com

独学は自分のペースで出来るのが良い点ですが、分からない事がある時に困りますね。教室ならば先生がいて、他の生徒がいて、いつでも誰かに質問が出来る環境が整っています。動画を観たり、ネットで調べたりして理解が出来たら何の問題もありませんし、普段から独学に慣れている人は分かるまで調べる事も苦ではないでしょう。しかし、ダンスを全くしたことが無く、独学にも慣れていない人は何から始めていいかも分かりませんし、壁にぶつかってしまう可能性だって有るのです。そこをどう乗り越えるか…独学でも身近な人にダンスを好きな人がいれば心強いのですが。

独学のデメリット2:モチベーションを保てない

1人では中々モチベーションが保てないのも難点です。初めは、頑張ろうと意気込むのですが、日が経つにつれて目標が無いと中々持続が難しくなってきます。教室ならば一緒に頑張る仲間がいて、大会や発表会に出場する機会もあります。目標が有って、いつまでに出来るようにならなければという気持ちになり、お互い励ましあいながら、支えあいながら進めて行けるのですが1人だと難しいですね。

教室のメリット1:教えてくれる先生がいる


https://www.flickr.com

初心者の方で不安な事は、何から始めればいいか分からないということです。基礎すら分からない状態では、何をしていいやら1人で悩みますね。教室へ通えば、先生がいます。基礎から教えてくれ、順を追って進めてくれることでしょう。また、分からない事は質問が出来ますし、本格的なダンスを目の前で見る事が出来るのも貴重です。

教室のメリット2:仲間が出来る


https://girlydrop.com

同じ目的があって、同じ目標が有ると、気持ちが通じやすいものです。分からない部分を教えあったり、一緒にどんどん出来る事が増えていき、お互いの成長を喜び合えたり、いくつになっても刺激しあえる友人というのは良いものです。私も頑張らなくてはと向上心が高まり、モチベーションも保たれることでしょう。友人が出来るとそれだけで、毎週通うのが楽しみになりますね。

教室のメリット3:ステージに立つ機会が多い


https://www.flickr.com

教室へ通っていると教室独自の発表会をしたり、様々な大会やイベントに参加したりと、自分で探さなくても自然とステージに立つ機会が多く有ります。目標が出来ますし、皆で踊り切った後、ステージを終えた後の達成感は素晴らしいものとなるでしょう。また、ステージに立つことで自信に繋がり、どんどん上達していけるでしょう。

教室のデメリット1:毎月レッスン費用が掛かる

毎月、レッスン費用として先生にお渡しします。教室によっては、入会金やイベント参加費、本格的なレッスン着や靴が必要になるかもしれません。

教室のデメリット2:時間に制限が出来る


https://girlydrop.com

教室だと、自分の好きなようにはいきません。何曜日の何時からと決まっていますし、レッスン時間は1時間~1時間半くらいかと思いますが、それに合わせて他の予定を組まないといけませんね。

アラフォー初心者向け・ダンスの上達方法とは


https://www.flickr.com

ダンスはすぐに上達するものではないようです。すぐに高いレベルを求めても、出来ません。しかし、いつかは出来るようになるためガッカリする必要はないのです。上達するためには、どうすれば良いのでしょうか?ダンスは毎日の積み重ねが上達に繋がってきます。結局はどれだけ練習をしてきたかということ。長時間ただただ踊り続ければいいということではなく、「考えながらする」という事が大切なのです。これは大人になった私達だからではなく、吸収力の早い小学生にも同じことが言えます。同じ時間練習をしても、何も考えずにただ体を動かすだけのダンス練習をする子より、何が違うのか、どうすれば格好良く見えるのかと考えながらダンス練習をする子の方が伸びます。この二人では差が開いてしまうのです。
後は、自分の練習動画を撮ることもオススメです。自分がどのように踊っているか分かりますし。改善点も見つけやすいでしょう。他にも上達に繋がりやすいものを紹介します。

・楽しんで踊る
・大きく振りを踊る(肩の力を抜き、リラックスしましょう。1つ1つの振りは大きく動くと良いでしょう。)
・リズムトレーニングや基本ステップを繰り返し踊りましょう。
・反復練習
・目標設定
・上手い人に交じって練習する
・ダンスの成果を見せる→自信につながる

初心者でも問題なし!アラフォーからダンスを楽しみましょう♪


https://girlydrop.com

ダンスを始めるのに、年齢なんて関係ありません。初心者だって問題ありません。やってみたい…その気持ちがあれば誰だって、いつだって始められます。ダンスを通じて新しい友人が増えることだって有ります。体を動かすので、楽しみながらシェイプアップや身体の健康づくりにだって役立つことでしょう。さぁ興味が沸いたら、今すぐ始めてみませんか。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク