【投資の基本を解説】安心して始められる。初心者にもわかりやすい投資のすすめ

「まとまった貯金も増えてきたし、投資でもしてみたいな」と思っている方もいるかと思います。働かずにお金が増える投資は多くの人の憧れですよね。しかし、初心者がいきなり何も調べずに投資を初めてしまうと、大きな損を出してしまうことも…。そこで今回は、投資初心者に向けて投資の種類や失敗しない方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも「投資」ってどんなもの?


https://www.pexels.com/photo/black-laptop-computer-showing-stock-graph-69760/

手元にそれなりにまとまったお金ができた、あるいは、貯金が少しずつ増えてきたけれど、ずっと普通口座に入れっぱなしでなんだかもったいないと感じている人も多いのではないでしょうか。
今や銀行の口座にお金を預けておいても、超低金利の上に、税金まで引かれてほとんど増えないという時代です。逆に、ATM手数料などでマイナスになってしまったという経験を持つ人も多いでしょう。
そんな状況の中で、投資に興味を持っているけれどどうにも一歩踏み出せない、という人もいるのではないでしょうか。

しかし、投資と簡単に一言でいっても、その種類はさまざま。「株価が一気に値下がり」「FXで大損をした」なんてニュースを見て、投資は怖いもの、なんだか怪しいものだと思っている人も少なくないかもしれません。

そもそも投資とはなんでしょうか?一般的に投資とは、企業や営利団体に、利益を目的として資金などを提供することを指します。
投資の方法、手段にはそれこそさまざまな種類があり、リスクやリターンの高さもその商品によってだいぶ異なってきます。

投資は怖い!なんて決めつけずに、まずは投資にはどんな種類があるのか、初心者向けにはどんなものが良いのかを、少しずつ学んで、少額からトライしてみてはいかがでしょうか。

意外とたくさんある!投資の種類について


https://www.pexels.com/photo/bitcoins-and-u-s-dollar-bills-730547/

ここではまず、投資といっても実際にどんな種類のものがあるのか、その特徴や注意点について説明していきます。
まず、投資と聞いて誰もが思い浮かべるのが株式投資でしょう。各企業の株を買って、値上がりしたら売る… と、漠然としたイメージはありつつも、実際いくらあれば買えるのか、そもそもどうやって買うの?と詳しいことはわからないでいる初心者の方も多いでしょう。
そして、投資の初心者におすすめとよく言われているのが投資信託です。株式投資とは違い、自分で日々チャートを追いかけたりする必要がないので、めんどくさがりやの方にもおすすめです。しかし長期的なスパンで見る必要があるので、短期での一攫千金を狙う方にはおすすめできません。
他に、最近よく聞く言葉として、FXや、仮想通貨による投資もあります。こちらには特に、怪しい、怖いイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。初心者向けとは言い難い投資方法の一つではありますが、こちらについても詳しくみていきましょう。

投資と言えば!の【株式投資】

まずは投資の代表格ともいえる、株式投資についてみていきましょう。
そもそも株式投資とはなんでしょうか?株式投資とは一般的に、企業が、その活動に必要な資金を調達する目的で株式を発行し、それを買うことで、購入した個人や法人は、その企業の株主となります。そうして、その企業の利益を配当金といった形で受け取ったり、株主総会に参加して、経営についての意見を出す権利を得ることができます。


https://www.pexels.com/photo/worms-eye-view-of-blue-high-rise-building-149656/

では株式投資でどうやって利益を出すのでしょうか。大きく分けて、株式投資で利益を出す方法には2種類があります。一つは、株を保持し続けて、配当金を受け取りつづける方法です。持っている株数が多いほど配当金も大きくなりますから、たとえば利益をまた株式取得に使って、株数を増やし、受け取る配当金を増やすといったことも可能です。
もう一つには、株式が値上がりしたタイミングで売却し、その売却益を得るといった方法もあります。この方法は、常に値上がりや値下げのタイミングを注視し、世の中の経済状況だけではなく、世界情勢や国際関係などにも目を配る必要が出てくるため、ずぼらな人には難しいかもしれません。初心者には安定して配当金を受け取りつづける前者の方法の方がおすすめといえるでしょう。

株式投資のメリットには、上記のように、配当金を受け取れること、売却益を狙えることの他に、株主優待なども含まれます。お気に入りの企業の株を持っていれば、定期的に株主優待を受け取って、その企業のサービスを受けることができるのです。さらに、その会社の経営についても意見を出すことができるので、お気に入りの、これはという企業がある方にはおすすめの投資方法かもしれません。
しかし、株式投資には当然デメリットがあります。一つには、当然株価値下がりのリスクがあるということ。今は世界的に有名で、絶好調に見える企業でも、たとえばCEOの失言などで株価が暴落したりといったこともあり得るのです。他に、投資信託などに比べて初期費用が大きくなりがちということも挙げられるでしょう。一般的に株式は1株からは買うことができず、50株や100株など、ある程度まとまった単位でしか購入することができません。
仮に、1株1万円の株を50株買うとなったら、50万円必要になるわけですから、そうそう簡単に手が出せるというものではないでしょう。

初心者にもおすすめ!【投資信託】


https://www.pexels.com/photo/person-holding-silver-iphone-x-turned-on-870903/

投資初心者におすすめなのが、投資信託です。投資信託という名前は聞いたことがあるけれど、実際にはどんなものなのか具体的にはよくわからないという人もいるかもしれません。投資信託とは、個人や法人などの投資家から集めた資金をもとに、運用の専門家(ファンドマネジャー)が、株や債券などの複数の商品に投資、運用する金融商品のことです。ですから、購入した本人が常にマーケット情報を負わなければならないということはありません。また、株式投資とは違って、一度にさまざまな商品をまとめて購入することが可能となっているため、その道のプロであるファンドマネジャーが、常にリスクの少ない、それでいて高い利益が見込めるバランス配分に調整してくれるのです。
投資信託自体も、先進国の株式を中心にしてものや、新興国にフォーカスしたものなどさまざまな種類の中から選ぶことが可能です。
また、定期的に得られた配当をそのまままた投資に回すタイプと、現金として定期的に受け取れる毎月分配型などがありますが、将来のために投資をするのであれば、前者がおすすめです。毎月分配型の中には「タコ足配当」と揶揄されるような、実は利益が出ていないのに元本から配当金をねん出しているようなものもあるので、初心者は特に注意が必要です。


https://www.pexels.com/photo/woman-using-space-gray-iphone-x-1043506/


投資信託のメリットには、上で挙げたように、金融について詳しくない初心者であっても、プロにお任せできるので、安心して保有していられるということがまず一つあります。それから、株式投資とは違って、少額から始められるというのも初心者にとってはうれしいポイントです。個人ではなく、投資をしたい人たちから資金を集めて運用しているので、一人一人は数千円あれば投資信託を始めることができるのです。おすすめの買い方は、毎月決まった日に一定額を投資しつづけるドルコスト平均法と呼ばれる方法です。

デメリットとしては、専門家に運用をお願いするため、どうしても手数料がかかってくるということ。でもこれは当然のことですよね。投資信託には、購入時、保有中、解約時、それぞれで手数料がかかります。最近では購入時手数料がかからないノーロードと呼ばれるものも増えてきています。

そしてもちろん、値下がりのリスクはどうしてもあります。それからタイムリーな売買ができないこともデメリットの一つです。値上がりしたタイミングで売却しようと思っても、確定される金額は売却後ではないと分かりません。

また、短期的なスパンで利益を得たいという人には向かない場合が多いのも、投資信託の特徴の一つといえるでしょう。

ハイリスクハイリターン【FX、仮想通貨】


https://www.pexels.com/photo/gold-and-silver-bitcoins-730567/

最近よく名前を聞くようになった投資方法のひとつに、FXがあります。FXとは、「Foreign Exchange」の略で、正式には外国為替証拠金取引といいます。その名の通り、ドルやユーロ、ポンドなどの外国通貨を売買して利益を出す取引方法なのです。たとえば、1ドル100円の時にドルを購入し、1ドル120円に値上がりした時点でドルを売ることで、その差額の20円x保有していたドルの分が利益となるわけです。こう聞くと、シンプルで簡単なような気がしてしまいますが、外国為替の変動を予測することはかなり難しく、確実に利益を出すためには常にチャートを追っている必要があります。

また、FXのメリットでもあり、同時にデメリットともいえれうのが、レバレッジをかけての取引です。これは簡単にいうと、手元の資金は10万円しかなくても、10倍のレバレッジをかけて100万円の取引することができてしまうのです。それで利益が出ればよいのですが、損失が出てしまうと、そのマイナス額も当然10倍となってしまうため、諸刃の剣ともいえる手法なのです。



https://www.pexels.com/photo/man-reading-newspaper-while-sitting-near-table-with-smartphone-and-cup-935979/

他に、最近「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」といった耳慣れない言葉を聞くことが増えたという人も多いでしょう。これらは全て、仮想通貨の種類の一つひとつなのです。仮想通貨とは、実態のない、つまり見たり触ったりすることのできないデジタルデータ上の通貨のことを指します。本来は、国家間の取引にそれぞれの政府が介入したり、為替変動の影響を受けないような通貨を、ということで開発されたもののようですが、今ではすっかり、金融商品としてのイメージが強く定着してしまいました。もともとは、たとえば、気軽に銀行やATMにアクセスできないような地域との送金をスムーズに行えるように、といった意図から開発された通貨だったようです。

では仮想通貨で一体どうやって利益を出すのかいうと、これもまた値上がりした時点での売却で利益を得るという方法が一般的です。仮想通貨はそれぞれ、発行数が限られており、その仮想通貨がどれだけ広く一般的に利用されるかでその価値が上下します。まだあまりなじみがない人が多いかもしれませんが、すでに日本国内でも、ビットコインなどを利用しての商品売買が可能となっています。このように、次第に仮想通貨の認知が広まり、利用者が増えれば、それに比例して通貨の価値が上がっていくというわけです。

しかし、仮想通貨はまだまだ各国での法規制も確立されておらず、不透明な部分も多いのが事実です。最新の技術に賭けて投資をしてみるのも悪くはありませんが、事前の入念なリサーチが必要となるでしょう。

初心者におすすめな投資と、その始め方とは

初心者にはほったらかしでOKな投資信託がおすすめ


https://www.pexels.com/photo/four-people-holding-smartphones-and-tablet-1549000/

主な投資方法について解説してきましたが、やはり初心者におすすめなのは、投資信託といえるでしょう。自分で細かい商品選びをする必要がなく、少額から始められて運用はプロにお任せというのは、やはり初心者にとってはとても心強い仕組みですよね。

もちろんどの投資信託を購入するのかは自分で選んで決める必要がありますが、各証券会社のサイトなどから、比較的リスクの低いものや、多少リスクがあっても、ハイリターンを望めるものなど、さまざまな情報が開示されていますので、じっくりと読んでみることをおすすめします。

また、投資信託を購入する際には、銀行に行って買うことももちろんできますが、手数料の高いものをすすめられたりする可能性もありますので注意が必要です。
今は銀行や証券会社に直接足を運ぶことなく口座を開設できるネット証券会社などが主流になっている上、各社お得な口座開設キャンペーンを行っていますので、まずはネットでいろいろな証券会社について調べてみるとよいでしょう。

そして投資信託は、上でも説明したように、毎月一定額を決まった日に積み立てていくドルコスト平均法がおすすめです。
一度設定をしてしまえば、あとはほったらかしにしておいても勝手にどんどん投資信託を積み立てていってくれるので、毎回マーケット情報を確認したり、値動きに翻弄されることがありません。またドルコスト平均法は値下がりによるリスクを最小化するというメリットもあるのです。
投資信託について興味を持った方は、ぜひ購入方法についても詳しく調べてみることをおすすめします。

関連記事