【口ずさみたくなる】40代におすすめ♪懐かしの名曲&ヒット曲特集

40代が懐かしく感じる1980~1990年代には名曲がたくさん!

80年代から90年代の音楽と一言でいっても、実はだいぶ幅広いのです。たとえば、1981年には、クリスタルキングやシャネルズなどがランクインしており、このあたりだと、いわゆるアラフォー世代はまだ小さかったこともあって、あまりピンとこない顔ぶれかもしれません。

ちなみに、オフコースの「さよなら」もこの年のヒット曲。ものすごく昔の音楽のように感じていた人も多いかもしれませんが、実はギリギリ80年代の音楽なんですね。逆に、アラフィフに近い40代の人にとっては、「懐かしい!」と感じる音楽かもしれません。

ちなみに、今でも不動の人気を誇るB’zとDREAMS COME TRUEがデビューしたのが、同じ88年です。いかにすごい年代だったかが分かりますよね。

逆に、90年代を代表する音楽はなんといっても小室ファミリーではないでしょうか。実際に小室ファミリーが台頭してきたのは90年代半ばなのですが、それでも真っ先に浮かぶのはさすがというところでしょう。

惜しまれながら引退していった安室奈美恵さんを始めとして、華原朋美さんやglobe、trfなどが時代を席巻しましたよね。今でもカラオケでは小室ファミリーが十八番!という40代の方も多いのではないでしょうか。特にファンでなくとも、みんなが知っているというのは、やはりすごい人気だった証拠ですよね。

90年代の前半には、大事MANブラザーズバンドや米米クラブなど、40代にとって懐かしい名前もランクイン。B’zのLADY NAVIGATIONや、ドリカムのEyes to me/彼は友達がヒットしたのも、同じ1991年です。まさに邦楽全盛期といった感がありますよね。

40代が思わず懐かしくなる昔の名曲&ヒット曲特集

40代が思わず懐かしくなる昔の名曲&ヒット曲をご紹介します!

80年代前半には懐かしの名曲がいっぱい

40代にとって忘れらない音楽を年代順にみていきましょう。

まず、1980年の名曲といって絶対に外せないのが、オフコースの「さよなら」でしょう。今も時代を超えて愛されている一曲です。

そして同じ80年の名曲が、久保田早紀さんの「異邦人」です。あのイントロと、どことなくエキゾチックなメロディは、一度聞いたら忘れられないインパクトがありますよね。カラオケで歌うとウケること間違いなしの一曲でもあります。

そして1981年の音楽といえば、寺尾聡さんの「ルビーの指環」で決まりでしょう。俳優としても評価の高い寺尾さんですが、やはりこの方の名前を目にした時に真っ先に思い浮かぶのはこちらの名曲ですよね。

翌年の1982年には、あみんの「待つわ」が大ヒットしました。また、薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」が1981年の12月に公開され、同名の曲がヒットしました。角川映画と聞いて、胸躍る40代の方も多いのではないでしょうか。

83年にも、薬師丸ひろ子さんの「探偵物語/すこしだけやさしく」が、映画のヒットと連動して、ランクインしています。他に、わらべの「めだかの兄弟」や杏里さんの「キャッツ・アイ」などもこの年のヒット曲。思わず「懐かしい~!」と声が出てしまう40代の方も多いでしょう。

84年になると、安全地帯の「ワインレッドの心」や、前年に「ギザギザハートの子守唄」でデビューを飾ったチェッカーズの「涙のリクエスト」「星屑のステージ」などの音楽がランクインしています。

当時の藤井フミヤさん、とってもかわいかったですよね。サックスを取り入れたバンドというのも当時、かなり新鮮だったのではないでしょうか。

85年の音楽といえば小林明子さんの「恋におちて」で間違いないでしょう。今聴いても古さを全く感じさせない、まさに名曲の名にふさわしい一曲です。

そして同年には、あの大ヒット曲、C-C-Bの「Romanticが止まらない」がランクインしています。こちらもまた、カラオケで歌うと盛り上がりますよね。さらにはチェッカーズの「あの娘とスキャンダル」や中森明菜さんの「飾りじゃないのよ涙は」、安全地帯の「悲しみにさよなら」など、名曲がずらりと名を連ねるのがこの年の特徴です。

素晴らしい音楽がいっぱいで、贅沢な時代だったんだなとしみじみしてしまいますよね。

タイトルとURLをコピーしました