【ヨギのための音楽特集】ヨガをする際に聴きたいミュージック特集

ヨガをする時、皆さんは何か音楽を聴きながらやっていますか?好きな音楽を聴きながらやっている方、静かな状態でやっている方、さまざまかと思います。では、ヨガをする際に音楽があるのと無いのではどちらのほうが良いのでしょうか。今回はそんなヨガと音楽の関係性や、ヨガ中におすすめな音楽についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

ヨガ中には音楽をかけてテンション&集中力アップ!

音楽を有効に使いましょう


https://www.instagram.com/yogajournalonline/

ヨガに取り組む際、音楽をかけるか否かは人によって異なるでしょう。ヨガ教室においても、レッスンによってかける場合、かけない場合がありますよね。それは、一言にヨガと言ってもヨガの最終的な目的によってかわってくるからです。

例えば、自分の内側に深く入り込んでいくタイプのヨガでは、音楽がない方が集中できる場合もあるでしょう。その一方で、もっとエクササイズとしての役割が強く、体をエネルギッシュに動かすタイプのヨガであれば、音楽は体を動かす後押しをしてくれます。特に朝ヨガのように、徐々に体を慣らしていくような場面では、最初はゆったりとした曲から始まり、だんだんと元気でアップテンポな曲をかけると、体も動かしやすくなってきます。
一つ一つのポーズという以上に、流れを重視するフローヨガにおいては、音楽を少し大きめにかけて、その力を借りて体を動かすということもありますね。

逆に寝る前などに行うヨガにおいては、体を少しずつ休めて自律神経を整えていく効果があるため、リラックス要素が強い音楽をかけると良いでしょう。

このように、ヨガと音楽は、密接に関わっています。特に、エクササイズ効果の高いヨガにおいては、音楽はとても重要な要素として扱われることが多いですね。

ヨガ中に音楽を聴くことはメリットがたくさん!


https://www.instagram.com/yogajournalonline/

ヨガをしている時に、音楽を聞くとどのような効果がうまれるのでしょうか?まずは、体が動かしやすくなります。これは、よくリズムに合わせていると体が自然と軽く動くようになることと同じで、知らず知らずのうちに誘導されていくのです。古来から人は音楽を宗教的な儀式で使用したり、ダンスに使用したりと、音楽を重要な要素として取り扱ってきました。それは、音楽に人間の体の動きを誘導する効果があるからなのです。

また、同時にリラックス効果があげられます。ヨガにおいて大切な要素の一つが、体の奥底からの解放。リラックスをした上で、さらに自分の内側を見つめていく必要があります。そういった場面で役に立つのが音楽です。

自分の好きな音楽を聴いたり、カフェでゆったりと音楽に身を任せていると、自然と気持ちがリラックスしてきますよね。それは、音楽に、気持ちを解放させる効果があるからなのです。
特に、ヨガをする場合は、気分を高揚させるような流行りのダンスミュージックやポピュラーミュージックというよりは、人間が本能的に心地よいと感じて、落ち着くことのできる音の集まりが大事になってきます。

ゆっくりと気持ちを落ち着かせて、自分の心の内側へしっかりと目を向けてみましょう。

人によっては音楽が逆効果になってしまうことも


https://www.instagram.com/yoga/

ただ、例外もあります。最初にお伝えしたように、場面や人によっては音楽をかけることでヨガに集中できないということも起きうるのです。香りや味もそうですが、感覚は人によってまったく受け止め方が違うものです。特に音に関しては、誰かにとって心地よく気持ちが落ち着くというものであっても、また別の誰かにとっては雑音でしかない場合もあるのです。どれだけゆったりとした音楽であっても、気が散ってしまう、ポーズに集中できない…という人がいてもおかしくはないですよね。

みんなで一斉にポーズをとるヨガ教室などでは、静かすぎることが生徒さんの緊張を促してしまい、音楽をかけないことが悪い方向に進む場合があります。緊張はヨガにとってあまり良いことではありませんよね。
ですが、一人でヨガをする場合は、無理に音楽をかけることはありません。自分一人が心地よいペースで体を動かしていくことが何より大事なのです。

音楽は、あくまでもサポートという存在。ポーズととる際に最適な気分で臨めることが大切なのです。
ご自身がしたいヨガそのものに影響を与えるようであれば、無理なく音楽は止めておきましょう。
自然の音はリラックス効果を生みますので、屋外でやるというのもオススメですよ。

ヨガをする際に聴きたいヨガミュージック特集

ではここからは、実際にヨガをする際に集中を促しリラックス効果を高めてくれる音楽のジャンルをご紹介していきましょう!

【ヨガにおすすめの音楽】宇宙的な壮大なサウンド


https://www.instagram.com/retrip_global/

ヨガの音楽においてもっとも一般的なのは、ヒーリングミュージック、もしくはスピリチュアルミュージックと呼ばれるものではないでしょうか。瞑想などでも幅広く使われている壮大な音楽です。
主に、シンセサイザーなど電子音が使われることが多く、ふわっとした一定の音が長く続いているような雰囲気です。宇宙的なイメージがあります。インストゥルメンタルで特に抑揚がなく、ずっと同じような音が続いていくので、眠りに誘導されてしまうようなリラックス効果が感じられます。実際に、科学的にこのようなタイプの曲で眠りに誘導させる曲も作られているほど!不眠症の治療として人に活用されているようです。

このようなタイプの曲は、音が鳴っているというイメージはありつつも、ヨガ中に邪魔になることがありません。そのため、ポーズに集中しやすいのが特徴です。リラックス効果もあり、またキャッチーな音やリズムのポイントがないため、音として頭にひっかかるものがありません。BGMとしては最適ですよね。

このタイプの曲は、瞑想やリラックスヨガなど、特に集中して自分の心に目を向けたい時に使用するととても効果的でしょう。

【ヨガにおすすめの音楽】海の音が入った、リラックスミュージック


https://www.instagram.com/retrip_global/

次にご紹介するのは、もう少し優しい雰囲気を持つリラックスミュージックです。波の打ち寄せる音などがずっと入っている優しい曲も、ヨガにはおすすめ。まさに、南国のリゾート地でヨガをしているような雰囲気に浸ることができますよ。そして、シリアスな雰囲気ではなく、フローヨガや前向きな気持ちを引き出すようなヨガにおいてとても効果的です。

波が打ち寄せる音など、このような自然の音は、人間が本能的に安心する音で、理屈なしにリラックスができますよね。太陽がさんさんと照る海辺のリゾート地で、のんびりとハンモックに寝そべりながら波の打ち寄せる音を聞いている自分を想像してみてください。そのような心地よい環境の中でいかに自分がリラックスできるかが想像していただけるかと思います。

開放的な気持ちの中で、ポーズをとると、前向きな気分で物事が捉えられるようになりますよ。
早朝にヨガをする場合や、仕事の合間、仕事後にすっきりとした気分に浸りたい方はこのようなヨガミュージックを背にヨガにとりくんでみるのはおすすめです。

【ヨガにおすすめの音楽】小川のせせらぎや鳥の声の入ったヒーリングミュージック


https://www.instagram.com/explore/tags/清流/

誰もが癒される音というのはどのような音でしょうか?人間が本能的に心地よさを感じる音の一つとして、鳥のさえずりがあげられます。森の中にいるような雰囲気を感じられるからでしょうか、人間にとって、鳥のやさしいさえずりは、本当に心に心地よくリラックス効果があります。最近YouTubeなど動画サイトにあがっているリラックスミュージックには、鳥のさえずりがバックに取り入れられたものがいくつもあります。そして、鳥のさえずりだけでなく川の流れる音もよく取り入れられていますね。
先ほどの波の音と同様に、このような自然界の優しい音は、人間にとって非常に心地よく優しい気分にさせてくれます。

最初にご紹介したスピリチュアルミュージックと同様に、自分の内側に向かうようなリラックスヨガや瞑想に向いています。まるで森の中でヨガをしているような気分になれますよね。
ヨガの時だけでなく、疲れてしまって何も考えたくない時、このような音をBGMに少し何もしないというのも脳のデトックス効果が高くておすすめです。ヨガにおける、しかばねのポーズでこのような音楽に耳を傾けていると、それだけですーっと心が軽くなっていくのを感じます。

【ヨガにおすすめの音楽】ピアノのアコースティックなサウンド


https://www.instagram.com/yamahapianocenter/

人間が昔から親しんできた音色のひとつに、ピアノの音があります。クラシック音楽で使われるピアノの音やチェロ、オーボエといった生の楽器音は、人の声に似ているということが言われています。人間の心に安心感を与える音といえるでしょう。
ピアノの優しい音色も、ヨガには向いています。特に夜ヨガなど、副交換神経を起こす為の音としてとても有効ですね。
ですがピアノの曲といっても、ジャズからポップソングまで、様々なジャンルで使われていますよね。どのようなジャンルがヨガには向いているのでしょうか?一般的にはヨガにおいては、一音一音がわかるくらいゆったりとした曲が向いているでしょう。ジャズのように、即興や音の変化が激しいものは、ポーズをとる妨げになってしまいます。

また、ヨガに大敵な呼吸のリズムを崩してしまうものは不向きですよね。ジャズやポップソングはどうしても音の抑揚が大きく、気持ちがそちらに向いてしまいます。ポーズに集中する為にも、ヒーリングミュージックのような優しい旋律のものを選ぶのがよいでしょう。音の一音一音に自分の呼吸が合うようなテンポが理想的ですよね。

関連記事