40代の髪を綺麗に見せてくれる!おすすめヘアカラー特集

スポンサーリンク

40代のヘアカラーの色選びはどうすればいい?

40代のヘアカラーで一番心配なのが、色選びですよね?年齢より若く見えたいけど、周りから「イタイ」思われたくない。また、逆に「オバサン」と思われたくない。40代のヘアカラーの色選びはどうすればいいのでしょうか?

40代のヘアカラーの色選び①パーソナルカラーを取り入れる

40代のヘアカラーの選び方で、まずおすすめするのが「パーソナルカラー診断」です。パーソナルカラー診断は、ご自分に合った色を見つけられる方法で、ファッションやメイクにパーソナルカラーを取り入れているという方が結構いらっしゃいます。ヘアカラーに合う色選びには、肌の色や瞳の色で診断されると、顔の肌の色とバランスのとれたカラーを選ぶことができるので、ヘアカラー選びに迷われている方はパーソナルカラー診断をされてみてはいかがでしょうか?

40代のヘアカラーの色選び②白髪が気になりだしたらナチュラルブラウンを選ぶ

40代女性の悩みの一つが白髪です。40代はファーストグレイ世代と呼ばれ、白髪が増えてくる年代となります。若い頃は、流行りやファッションに合わせてヘアカラーを選んでいましたが、白髪に悩む40代女性は、白髪を目立たなくしてくれるナチュラルブラウンやベージュ系ブラウンを選ばれるといいですね。

40代のヘアカラーの色選び③髪にツヤやハリがない場合はベージュ系カラーを選ぶ

40代になると、髪の毛にハリやツヤがなくなり、20代の頃と比べるとトップがペタッとしてボリュームがなくなったように感じだします。そのため、薄毛に見えてしまうことも。そんなツヤやハリがなくなったと感じる40代女性の方には、ベージュ系ブラウンがおすすめです。ベージュ系ブラウンはお肌のトーンもワントーン明るく見せてくれるので、肌のくすみやシミにお悩みの方にもおすすめです。

40代のヘアカラーはセルフでOK?美容室に行くべき?

40代のヘアカラーは美容院に行くべきなのしょうか?美容院に行くと自分に合ったヘアカラーを選んでもらう事ができるので、できれば美容院でのヘアカラーをおすすめしますが、美容院に行くとなるとどうしても時間とお金がかかってしまいます。そんな方にはセルフでのヘアカラーをおすすめします。最近では市販のヘアカラーはカラーバリエーションも豊富で、またトリートメント成分が配合されているものも多く販売されているので、自分好みのヘアカラーを選ぶことができます。

痛々しい!40代で避けるべきヘアカラーとは

40代だってヘアカラーにトレンドは取り入れたいですよね?しかし40代女性には避けるべきカラーもあります。40代が避けなければいけないヘアカラーはどのようなものがあるのでしょうか?

40代女性が避けるべきヘアカラー①ハイトーン

まず、40代が避けるべきヘアカラーはハイトーンカラーです。ハイトーンカラーとはすごく明るい色。ハイトーンカラーは外国人風になりとても可愛い印象になりますが、40代女性がハイトーンカラーを選ぶと「若作りしている」と思われがちです。そのため、ハイトンカラーは避けましょう。

40代女性が避けるべきヘアカラー②ピンク系カラー

40代女性が避けるべきヘアカラーは、ピンク系カラーです。ピンク系カラーでも大人女性に似合うヘアカラーですが、フェミニンでスウィートな髪色になるため、40代女性には少し難しいヘアカラーとなります。ピンク系のカラーを選びたい場合は、アッシュやベージュ、ブラウンとミックスして使うと落ち着いた印象に見せてくれるので、1割~5割の割合でミックスされることをおすすめします。

40代の髪を綺麗に見せるおすすめヘアカラー特集

40代におすすめのヘアカラーをご紹介します。発色の良さ、髪へのダメージが少ないもの、色持ちの良さからおすすめのヘアカラーを選んでみました。

タイトルとURLをコピーしました