心も体も健康に♪自律神経を整えるのに効果的な音楽特集

心や体に影響を与える自律神経。ちょっとした自律神経の乱れが原因で頭痛やめまい、イライラなどさまざまな症状を引き起こしてしまうデリケートな神経です。そんな自律神経を整えるには色々な方法がありますが、中でもお手軽でおすすめなのが音楽を聴くという方法です。今回は自律神経を整えるのに効果的な音楽をご紹介していきますので、自律神経の乱れに悩んでいる方はチェックしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

音楽と自律神経には深い関係性がある


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0214hariIMGL9074_TP_V.jpg

わたしたちの身体は「自律神経」の働きに支えられています。

自律神経のバランスが崩れるということは、わたしたちの身体にさまざまな不調を起こすことと繋がっています。自律神経のバランスが崩れることで、倦怠感やめまい、イライラや、気持ちが沈んだりと、日常を過ごすのに支障が出てきてしまうのです。日々のストレスなどで、乱れがちな自律神経を整えるためには、最近では音楽の力が注目されています。

「音楽療法」という単語を耳にしたことはありますか?
音楽療法とは音楽によって、自律神経のバランスが良くし、心身の健康を向上させることを目的とした健康法のことをいいます。音楽療法には、歌唱や演奏を行う「能動的音楽療法」と、音楽を聴くなどの「受動的音楽療法」の2つに分かれます。

まずは「自律神経のバランスが崩れる」ことについてみていきましょう。

自律神経について知ろう!


https://www.pakutaso.com/20160213060post-7094.html

自律神経は心と体の健康を保つバロメーター

「自律神経」は、血液循環や消化吸収、呼吸、免疫、代謝、ホルモン分泌などをコントロールする神経系統のことをいいます。さらに自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分けられ、活動時には交感神経、休息時には副交感神経が優位になります。

このバランスが乱れることで生体機能が低下し、心や身体、もしくは両方に不調が出やすくなってしまうのです。

あなたの自律神経乱れてませんか?


https://www.instagram.com/p/BosgS8ojC_M/media/?size=l

不規則な生活で自律神経の働きにメリハリがなくなったり、ストレスで交換神経が高ぶったりすると、自律神経が乱れてしまいます。

まずは自律神経のバランスが乱れることで現れる症状を知り、自分自身の状態を把握しましょう。
下記の症状に当てはまる方は、交感神経・副交感神経がバランスよく機能していない可能性があります。

◆全身状態
熱っぽさ、だるさ
倦怠感
寝つきが悪い、朝起きるのがつらい
食欲不振
ふらつきがある

◆身体状態
めまい、偏頭痛、立ちくらみ
耳鳴り
目の疲れ
手足のしびれ、手足の冷え
息切れ、動悸・筋肉痛、肩こり、腰痛
じんましん、かゆみ、汗をかきやすい
便秘、あるいは下痢をしやすい、お腹が張る
慢性胃炎、腹部膨満感、吐き気
頻尿、残尿感
月経前の不調、月経痛

◆精神状態
イライラする
何もやる気が起きない
気持ちが沈むことが続く
集中力の低下、記憶力の低下
不安な気持ちになる
緊張しやすい
産後のうつ気分

また、これらの症状は一定しておらず、複数同時に現れることもあります。
例えば、頭が痛くて、胃も痛い、なんだか全身がだるいし、手足が冷える…などの症状です。

個人差もとても大きく、その日の気分や性格、体質にも影響されます。

自律神経のバランスをとりましょう

自律神経のバランスを崩す原因はさまざまですが、現代人に多いのが「ストレスによる交感神経の高ぶり」、特に「怒り」や「焦り」の感情は、交感神経を過剰に高めて血流やホルモンバランスを悪化させてしまいます。

この2つの感情を避けるおすすめの対処法が、1日の終わりにその日感じた怒りや焦りの原因について考えることです。

この2つの感情を避けるおすすめの対処法が、1日を振り返って怒りや焦りに向き合い、心を整理する効果的な方法として、「ヒーリング・ミュージック」を聴くことが手軽でおすすめです。

ヒーリング・ミュージックって何?


https://www.instagram.com/p/Bo_Ot0hHZis/media/?size=l

ヒーリング・ミュージックは、心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせたりするために作られた音楽。癒し音楽。

ヒーリングミュージックと呼ばれる音楽には、「1/fゆらぎ」をベースに作った楽曲が多く存在します。

この「1/fゆらぎ」とは、音や光、空気の流れやものの動きの規則性に反発して、部分的に生まれる「ゆらぎ(=不規則性)」を指します。川のせせらぎや雨音などの自然音をはじめ、ろうそくの火、星の瞬き、木洩れ日、小鳥のさえずり、電車の揺れなどの不規則なゆらぎも同様に1/fゆらぎであるといわれます。1/fゆらぎの音楽を聴くと、癒しの効果が得られているときに脳から出る脳波の1種、アルファ波(α波)が出やすくなるといわれています。

さらに、私たちの身体の中にある心拍の間隔や呼吸、体温の変化なども1/fゆらぎで動いています。
1/fゆらぎが含まれる音楽と身体が同調すると、自律神経のバランスが安定し、心身共にリラックスした状態になるのです。

上記で説明した音楽療法のうち、ヒーリング音楽は受動的な音楽療法の一つとなります。

音楽が自律神経を整えるのに効果的な理由とは?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NGazumakyou1_TP_V.jpg

自律神経とα波の関係って?

好きな音楽を聴いて「心地よい」と思う状態というのは、音楽を聞く事によってあなたの神経が「リラックスモード」になっているからなのです。つまり、音楽は「副交感神経」に働きかける力があると言う事なのです。その状態の時に、脳ではアルファ波(アルファ派)と呼ばれる脳波が出されています。

上記でも紹介した、ヒーリングミュージックというのは、この「アルファ派」を誘発する音楽なんです。

アルファ派の他にも脳からは5種類の脳波が出ています。
どんな状態のときにどんな脳波が出るのか、下記でチェックしてみてくださいね。

★α波(アルファ) : 覚醒と睡眠の間。リラックスしている状態
☆β波(ベータ―) : 日常生活時や緊張したり、興奮している状態
★γ波(ガンマ) : スポーツなどに適している
☆θ波(シーター) : 瞑想状態で記憶や学習に適している
★δ波(デルタ) : 脳波が最も遅く、深い眠りや無意識

最近の研究では、α波は、自律神経のバランスを取る効果があることがわかってきています。ヒーリング音楽に誘発されてα波が出始めると、副交感神経の働きが高まり、交感神経が落ち着いてくるので、リラックスモードになり、神経のバランスが回復してくるんです。

ヒーリングミュージックの効果

関連記事