アロマを焚きながら聴きたい♪リラックスできるおすすめ音楽特集

アロマを焚くなら、音楽で癒やし効果をさらにアップ♪

ハーブや植物から抽出された優しいアロマの香り。疲れて帰ってきてからディフューザーでお部屋を香りで満たすと、本当にリラックスできますよね。体の芯から癒されていくのを感じます。

また、休日の朝にハーブの香りで部屋を満たすと気分が高まっていくのを感じるでしょう。アロマテラピーは優しく人の心と体を満たしてくれる素敵なヒーリングです。

ただ香りだけでも十分癒されますが、音楽でさらにリラックス効果を高めることができるのです!ゆったりとした音楽に耳を傾けながら、よい香りに包まれると、相乗効果でリラックスのレベルも高めることができます。

では具体的にはどのような音楽を選んで聞けばよいのでしょうか?次の章でみていきましょう。

リラックス効果のある音楽の選び方は?

リラックス効果を感じる音というのはどのような音なのでしょうか?一般的にはリラックスするということは「緊張をとく」ということ。自律神経の中でも副交感神経が活動し、内臓や呼吸、鼓動などあらゆる機関をお休みさせている状態です。

例えば夜寝るときは、副交感神経が優位にたち、リラックス効果が得られているのです。このようなリラックス効果を高める音とはどのような音なのでしょうか?

科学的にも、そのような効果を高める音は発見されているようです。呼吸をゆっくりとさせ、精神的な活動も減らすように設計された曲、というのがyou tubeにもあがっています。

そのような化学的に導かれた音ももちろんいいのですが、一般的にはゆったりとしたダウンテンポの曲、歌の入っていないインスト、そしてポジティブなイメージを誘発させる曲がおすすめ。

ただ自分が好きな音楽をかけるのも効果的

このように、もちろん落ち着く音、というのは化学的なメソッドがあるようです。それにしたがって音を選ぶと完璧に心地よい気持ちへと導かれることでしょう。

ですが、同時に無理に好みではない曲をかけるのはおすすめしません。例えば、あなたがもしダンスミュージックが好きなのにクラシックを聞け、というのは心が休まらないかもしれません。

その場合は、ダンスミュージックの中でもチルアウトといわれる種類のダウンテンポな曲を選ぶといいでしょう。J-POPが好きなのに、洋楽を聞けというのも嫌かもしれませんよね。

大事なのは無理をしないこと。リラックス効果を高めるにはとにかく精神面をお休みさせることが大切なのです。

アロマを炊くことに似合わないと思われてしまう曲であっても、あなたが好きな曲であればそれだけで気分はポジティブになれますよね!

アロマと一緒に聴きたい、リラックスできるおすすめ音楽特集

ではここからは、一般的にどのような曲がアロマと相性がよく、リラックスできるのかを見ていくことにしましょう。

リラックスできるおすすめ音楽①アコースティックサウンド

アコースティックギターやピアノに代表される、優しい音色。電子音ではなく楽器から直に流される生の音は、心に優しく響いて多くの方がリラックスできる音とされています。実際に、癒しのミュージックといわれるようなくくりのプレイリストには、このようなアコースティックなサウンドが中心に構成されていることが多いです。

シンガーソングライターの弾き語りのライブなどは、まさに癒される音であふれていますよね。生で聴く柔らかな人の声も、人間の心には心地の良いものです。

アロマを販売するお店でも、BGMとしてアコースティックの音色が流れていることが多いですよね。このように、アコースティックで優しいサウンドは、アロマの香りとぴったり。

また、ちょっとユニークな例だと、民族音楽もこのようなアコースティックなサウンドに入ります。無印良品のオリジナルとして流れている音楽のような音色です。その国特有の笛の音であったり伝統的な楽器を使用した柔らかな音は、アコースティックなサウンドとしてその癒し効果が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました