スポンサーリンク

意外な効果も!幼児に音楽を聴かせることによる効果&おすすめの曲
スポンサーリンク

<動画で気軽に>

https://pixabay.com/

・「活脳クラシック モーツァルト 心と体を整える 愛の周波数528hz」

https://www.youtube.com/watch?v=aPiro7Pfq7A

モーツァルトの曲の中でも「ソルフェジオ周波数」と呼ばれる癒しの効果抜群の528Hzの曲を集めた動画です。聴くだけで心が穏やかになっていくのと感じます。

・「【育児・胎教・育脳】赤ちゃん・子供に聴かせたい感性を育てるクラシック音楽:BGM」

https://www.youtube.com/watch?v=XePTASanhKc

シューベルトの子守唄やバッハのG線上のアリアなど有名な名曲が目白押し。お子さんに聴かせてみたらスヤスヤ眠ってしまったという口コミも。リラックス効果抜群です。

・「ショパン編 育児用・胎教用・育脳クラシック曲集 赤ちゃんと聞きたいクラシック音楽BGM」

https://www.youtube.com/watch?v=eMQ7TIWx5So

ショパンのワルツ集です。お子さんとの穏やかな時間のBGMにぴったりです。

<購入して繰り返し聴きたいなら>

・「育脳クラシック」

https://www.amazon.co.jp/

https://www.amazon.co.jp/dp/B07CXZ9FKP/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_dUi4DbX3MGTPX

医学博士の白澤卓二先生監修。脳と神経の発達を促す選曲で、親子で楽しむのにぴったりの1枚です。

・「〈おうちで音育〉音感どうよう~うたって たのしい ドレミファソ♪ 「ドレミ」ではじまる歌でしっかり音感を身につける!」

https://www.amazon.co.jp/dp/

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FPTQ8MN/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_uYi4DbVJMJ1JC

有名な童謡を集めた1枚です。子供にとって覚えやすく歌いやすい童謡で、絶対音感を育てましょう。

・「リラクシング・ピアノ~ベスト ディズニー・コレクション」

https://www.amazon.co.jp/dp/

https://www.amazon.co.jp/dp/B00KNML3CY/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_w1i4DbDXBCRKB

クラシックも童謡もいいけれど、やはりディズニーはつい口ずさんでしまう親しみ深い名曲揃い。心地よく深みのあるピアノの音色に癒されると大変好評です。

何よりも「本人が楽しんで聴いていること」が大切

いかに音楽が幼児に良い影響を与えるかを解説してきましたが、だからと言って無理強いは禁物!

子供自身が楽しんで聴いてくれることが大前提です。

興味のない子に無理強いするとストレスがたまり、逆効果になる恐れもあります。

実は私も、長女には小さい頃からピアノをやって欲しいと願っておりました。

でも私自身ピアノをやっていたものの、辞めたいと思った時期に親の強権発動でなかなか辞めさせてもらえず、結果的にすっかり嫌いになってしまったという苦い経験が。

そこでまずは関心を持ってくれるように1歳頃にピアノ絵本(小さなピアノのおもちゃがついているあれですね)をプレゼントし、好きに遊ばせていました。また自分の好きな音楽をジャンルにこだわらずに流したりして、ピアノの音に興味を持つようになんとなく仕向けておりました(笑)。

そしてとうとう3歳の頃に「わたし、ぴあのひきたいわぁ」という発言が!

事情があって習い始められたのは4歳直前からでしたが、小学生の今も楽しんで続いており、ピアノととても仲良しです。

やはり親に押し付けられたのではなく「自分がやりたいと思った」という始まりは、後々効いてくると感じます。

ちなみに私自身のピアノ嫌いは20年以上の時を経て、娘が楽しげに弾いている姿を見て治ってしまいました。今では私も、子供の頃に初めて習いたいと思った気持ちで自ら楽しんで弾いています。不思議なことに、どんなにイライラしていてもピアノを弾くと心と頭がすっと澄んで落ち着くのを実感します。

自分から楽しんで近づいていけば、音楽は一生の友達になってくれるのかもしれません。

お子さんと一緒に音楽を楽しもう♪

https://pixabay.com/

幼児期に聴かせたい、習わせたい「音楽」の驚くべき効果をご紹介してきました。

音楽がこれほど子供の能力(脳力!?)に素晴らしい影響を与えるなんて、私自身思ってもみませんでした。

幼児期はあらゆる能力の伸ばし時!そこに音楽は大きな助けになること間違いなしですね。

しかし何よりも大きな宝物は、ひょっとすると「親子で音楽を楽しむ経験」そのものかもしれません。それはきっと大人になってからも心や思い出を支えてくれる、温かいBGMになることでしょう。

あなたもお子様と一緒に、音楽を楽しんでみませんか?

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク