月曜の憂鬱をラクにする!ブルーマンデー症候群徹底対処法

楽しかった週末が終わった日曜日の夜。働いている人なら多少に関わらず、誰しも「あーあ、明日からまた仕事かあ」とウンザリ思った経験があるのではないでしょうか。しかし、月曜日のことを思うと憂鬱でたまらなくなる「ブルーマンデー症候群」は、ひどくなると吐き気やめまい、腹痛などの体調不良やうつ病のきっかけとなることも少なくありません。今回は憂鬱すぎるブルーマンデー症候群をうまく回避するための、効果的な対処法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

仕事に行きたくない! 憂鬱なブルーマンデー症候群に対処法はあるの?

https://pixabay.com/

思いっきり羽を伸ばして週末を楽しんでも、月曜日は巡ってきます。満員電車、面倒な案件、苦手な上司や会社の人間関係など、働く人にとって月曜日はまさにプレッシャーだらけ。楽しかった週末が終わりに近づくと、「あぁ、明日からまた仕事か」と大きなため息が出てしまうことは、ほとんどの方に覚えがあることでしょう。

しかし、「ブルーマンデー症候群」に陥ると、「明日会社に行きたくない」という脅迫的な憂鬱感にとらわれ、日曜日から心身を消耗する状態になってしまいます。これは、過度のプレッシャーやストレスで心が折れてしまう大変苦しい状態と言えるでしょう。いつものように心の切り替えができなくなり、「会社に行くぐらいなら、死んだ方がまし」と思いつめることも少なくありません。

いい人ほど陥りやすいブルーマンデー症候群

https://www.pakutaso.com/

明日、会社に行かねばならないのが理由もなくつらい、仕事にきたくない、辞めたいということに考えを占領されてしまい、眠れず、日曜日の夜を台無しにしてしまうブルーマンデー症候群。

日曜日の夕方、「サザエさん」のエンディング曲がテレビから流れると、「日曜日が終わってしまう」焦りや月曜日が来る憂鬱が誘発される人が少なくなかったことから、一時「サザエさん症候群」とも呼ばれて話題になりました。月曜日のことを考えただけで、気持ちがどんどんしおれてきます。

ブルーマンデー症候群は、明日も完璧な自分でありたいとがんばる真面目な人、周囲に気遣いができるいい人ほど陥りやすいといいます。また、会社員だけではなく、家にひきこもりがちな人や、朝、夫や子供を送り出したあと、家でひとりぼっちになる専業主婦も陥りやすいので注意が必要です。

憂鬱なブルーマンデー症候群の対処法は「日曜と月曜の過ごし方」で決まる

自信がなくなった状態のとき、心身は本当にもろくなるものです。ブルーマンデー症候群をうまく回避するは、思いつめて負の連鎖に陥らないよう、環境とメンタルを整えることが大切です。特に、日曜日と月曜日の過ごし方を少し工夫すると、心がぐっと楽になります。それではさっそく具体的な対処法をご紹介していきましょう。

関連記事