【気になるアロマオイルの効能】人気のジャスミンの効能と活用法

アロマオイルといえば、癒やし・リフレッシュ効果という印象が強い方も多いのではないでしょうか。実は癒やしやリフレッシュ効果以外にもたくさんの効能があるんです。用途によっていろいろなアロマオイルを使い分けると効果的です。今回は、中でも人気の高いジャスミンのアロマオイルの効能と活用法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

ローズは「香りの女王」とも呼ばれる、優雅で華やかなフローラル調の香りが特徴です。気持ちのバランスを整えて多幸感をもたらす効果があるので、元気が出ない日や気持ちが落ち込みがちな日などに使うと効果的です。またホルモンバランスを整える効果もあるので、PMSや更年期の諸症状や生理痛の緩和などに活用するのも良いでしょう。 ローズのアロマオイルはホルモンバランスに作用する効果があるため、妊娠中の使用は避けるようにしてください。 ジャスミンとローズは相性がとても良く、この2つをブレンドすると、女性に嬉しい効果を色々と得ることができます。ぜひ試してみてください。

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【ネロリ】

ビターオレンジの花から抽出されるネロリは、甘さと苦みのバランスが良い上品な香りが特徴です。自律神経のバランスを整える効果に優れており、鬱々とした気持ちや不眠を改善させる効果が期待できます。芳香浴やアロマバスに使うのに向いていると言えるでしょう。ストレス性の腹痛などを緩和させる効果もあります。 ジャスミンとネロリのブレンドは、緊張感をほぐしてリラックスしたいときにおすすめです。

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【カモミール】

カモミールはリラックス効果に優れているメジャーなアロマオイルです。ハーブティも人気があるので、アロマテラピー初心者の方であっても、名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。カモミールはりんごに似た甘くやさしい香りが特徴で、精神の高ぶりを落ち着けて、リラックスさせる効果があります。眠れない夜や心が落ち着かないときに使用するのが良いでしょう。 ジャスミンとカモミールのブレンドは、寝る前の芳香浴やアロマバスにぴったりです。 カモミールは香りが強いアロマオイルなので、濃度や量に注意して使うようにしてください。またキク科の植物アレルギーがある方は、使用を避けるようにしましょう。

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【マジョラム】

マジョラムは、スパイシーさのあるハーバル系の香りのアロマオイルです。鎮静作用に優れているため、ストレス由来の腹痛や頭痛、肩こりなどの症状の緩和に効果が期待できます。また自律神経のバランスを整える効果もあるので、いらいらや緊張感がとれないようなときに使用するのも向いています。鎮静作用のあるアロマオイルとブレンドに向いているので、ジャスミンとの相性も良いですよ。 リラックスしたいときにブレンドして使ってみてください。

https://pixabay.com/ja/

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【ジュニパー】

ジュニパーはほのかに甘さのあるスモーキーな香りが独特のアロマオイルです。神経のバランスを整える効果に加えて発汗・デトックス作用もあるため、アロマバスに使用するとたっぷりと汗をかくことができリフレッシュします。ジャスミンはもちろんラベンダーなどのリラックス効果に優れているアロマオイルとのブレンドに向いていますよ。ややお肌の刺激になる場合があるため、敏感肌の方は量に気を付けて使うようにしましょう。 また妊娠中の使用はNGなアロマオイルなので、その点にも注意してください。

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【イランイラン】

イランイランはややジャスミンに似た香りのアロマオイルで、精神を落ち着かせる効果が期待できます。香りが似ていることから、ジャスミンとのブレンドももちろんしやすいです。緊張感を緩和させる効果もあるので、ストレスが溜まっているときや、身体がこわばってしまっているときに解消させるために使用するのも良いでしょう。 香りが強めなので、濃度や量に注意して使うようにだけ気を付けてください。

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【ローズウッド】

ローズウッドはややスパイシーさとローズに似た甘さを感じさせるウッディな香りが特徴です。リラックス効果が高いので、眠りが浅くなりがちなときや、神経の高ぶりを抑えてゆったりとした気持ちになりたいときに使うのに向いています。ローズウッドは妊娠中や子どもでも使うことができるアロマオイルなので、作用が穏やかなものを求めている方や、アロマ初心者の方にもおすすめできますよ。 スキンケア向きでもあり肌質を問わず活用することができるので、ジャスミンと合わせてスキンケアに使ってみるのも良いでしょう。

ジャスミンとのブレンドにおすすめ【シナモン】

料理やお菓子などに使われることの多いスパイス・シナモン。シナモンのアロマオイルは甘さのあるスパイシーな香りで、ジャスミンをはじめとする甘さのあるアロマオイルとブレンドすると程よいアクセントになってくれます。 また消化器系に働きかける効果が高いので、ストレス性の胃痛や食欲不振などを緩和改善させる効果も期待できるでしょう。

アロマオイルを使う際にチェックしたいこと

https://pixabay.com/ja/

品質の良い「精油」「エッセンシャルオイル」を選ぼう

アロマオイルを購入する際には、しっかりとした品質のものを選びたいところです。100%純粋なものには「精油」や「エッセンシャルオイル」の表記があるので、それを目安にして選んでみましょう。原材料や原産地が明記されているかも合わせて確認しておくと安心です。 安価に売られているものの中には、あまり品質が良くないものや、100%ピュアなものではなく人工香料などとミックスしてあるものもあるので注意しましょう。もし心配な場合は、やはりパッチテストをし、自分の肌にトラブルが出ないか確認しておくと安心です。 アロマオイルは開封後はおおよそ1年以内で使い切ることが大切です。瓶などに開封した日を記入しておくと良いでしょう。またアロマオイルは品質を保つためにも、直射日光や高温・多湿を避けて保管するようにしてください。

使用方法を守って安全に使うようにしよう

色々な嬉しい効果・効能が期待できるアロマオイルですが、使用の際にはしっかりと使用方法や容量、禁忌などをきちんと確認しておくことが大切です。特に妊娠中・授乳中の方、植物アレルギーや持病がある方や薬を服用している方は注意しましょう。 万が一アロマオイル使用中に身体やお肌にトラブルが起こってしまった場合には、速やかに使用を中止して、病院にかかるようにしてください。 またペットや小さいお子さんがいるご家庭でアロマを使用する場合にも、十分注意しつつ行うようにしてください。

ジャスミンのアロマオイルを活用してみませんか?

ジャスミンのアロマオイルの特徴やおすすめの活用方法、ジャスミンとの相性の良いアロマオイルなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ぜひジャスミンのアロマオイルを活用してみてくださいね!

 

関連記事