スポンサーリンク

イライラに効果的!ストレス解消に効くアロマとオススメの選び方
スポンサーリンク

アロマの特徴と効果とは

アロマオイルには心身をリラックスさせたりリフレッシュさせたりする、色々な効果・効能が期待できます。中にはスキンケアや掃除などに活用できたりするものもありますよ。

今回は数あるアロマオイルの中から、イライラやストレスを緩和させてくれる効果が期待できるアロマオイルをご紹介していきます。

イライラに効果的なアロマ【ラベンダー】

https://pixabay.com/ja/

定番のアロマオイルであるラベンダーは、上品な甘さのあるフローラル調の香りが特徴です。使用料に気を付ければ禁忌も少なく、アロマ初心者の方でも扱いやすいアロマオイルであると言えます。ラベンダーは鎮静作用が高いので、イライラや緊張感がとれにくいときや、不眠で悩んでいる方におすすめです。眠る前に芳香浴をしたり、アロマスプレーを作ってそれをベッドリネンに軽くスプレーしたりすると良いでしょう。

ラベンダーは妊娠初期の使用はできないので、その点だけ注意してくださいね。

イライラに効果的なアロマ【カモミール】

りんごに似たやさしい香りのカモミール。カモミールのアロマオイルには鎮静作用や鎮痛作用があるので、イライラやストレスによって心のバランスが乱れてしまっているときや、ストレス性の腹痛や頭痛があるときなどにも活躍してくれます。しっかりリラックスしたいときに、アロマバスなどにするのもおすすめです。カモミールは香りが強めのアロマオイルなので、使用する際には量・濃度に気を付けましょう。最初はごく少量からスタートすると失敗が少ないですよ。

また妊娠初期の使用はNGですが、妊娠中期以降は使うことができます。とはいえ妊娠中・授乳中の方は体調と相談しながら使うようにしましょう。

イライラに効果的なアロマ【ローズ】

「香りの女王」と呼ばれる優雅で華やかな香りのローズは、女性に嬉しい効果・効能が色々と期待できるアロマオイルなのです。鎮静作用と多幸感をもたらす両方の効果があるので、イライラが気になるときにも気持ちが落ち込みがちなときにも使うことができます。落ち着いたやさしい気持ちになりたいときに使うようにすると良いでしょう。

またホルモンバランスを整えてくれる効果もあるので、更年期やPMSの諸症状を緩和させるのにも活躍します。女性特有の悩みによるイライラなどにも効果が期待できますよ。

ローズは妊娠初期の使用は避けてください。また作用が比較的強めのアロマオイルなので、使用する際量には気を付けてくださいね。

イライラに効果的なアロマ【ヒノキ】

懐かしさを感じさせるウッディな香りのヒノキは、鎮静作用と疲労回復効果に優れているので、イライラや疲労感、無気力感などがあるときに使用するのが効果的です。

また血流促進効果があるため、冷え性の方や身体が緊張やストレスでこわばってしまっている方、肩こりなどが酷い方にもおすすめできます。ヒノキは温泉を連想させる香りでもあるので、アロマバスにするのも良いですね。

ヒノキのアロマオイルは高濃度で使うとお肌に刺激になってしまうことがあるので、アロマバスにしたりお肌に塗布したりする場合には気を付けてください。敏感肌の方はパッチテストを行っておくと安心です。

イライラに効果的なアロマ【ネロリ】

上品で繊細なフローラル調の香りのネロリは、香水などにも良く使われており人気があります。ネロリのアロマオイルは自律神経調整作用に優れており、不安感が強いときやイライラが気になるとき、うつっぽい症状が出ているときなどに使うと、症状を緩和させる効果が期待できますよ。寝つきが悪く感じるときに使用するのも効果的です。

ネロリは香りが強めのアロマオイルなので、使用する際は少量にとどめるようにしましょう。また心を落ち着かせリラックスさせる作用があるので、運転前や勉強に集中しなければならないようなときには避けるようにした方がよいでしょう。

イライラに効果的なアロマ【イランイラン】

甘くうっとりするようなフローラルの香りが特徴のイランイラン。イランイランのアロマオイルは、多幸感をもたらしてくれる香りなので、自分自身をせめてしまうようなときや、イライラ感が強いとき、気持ちが落ち込んでしまっているときなどに使用するのがおすすめです。また血流を良くしてくれる効果もあるので冷え性の方にも。

イランイランは香りが強いので、高濃度で使用すると頭痛などを起こしてしまう場合があるため量に気を付けて使うようにしてください。 また学習前などしっかり集中したいときには使用を避けてくださいね。

イライラに効果的なアロマ【メリッサ】

メリッサはレモンのようなすっきりとしたさわやかな印象の香りのアロマオイルです。鎮静作用や抗うつ作用があるので、感情のバランスを整えて、イライラ感や無気力感、緊張感などを緩和させてくれる効果が期待できます。また消化を促進させる効果もあるので、ストレスによる胃痛や食欲不振などが気になるときに使うのもおすすめです。

メリッサは作用が強いアロマオイルなので、量に気を付けて使うようにしてください。また妊娠中の使用はできないので、気を付けてくださいね。

イライラに効果的なアロマ【オレンジスイート】

フルーツのオレンジそのままといったフレッシュな香りのオレンジスイートは、親しみやすい香りで、アロマ初心者の方にもおすすめです。オレンジスイートのアロマオイルには、心を前向きにしてくれる効果と、鎮静作用の両方があるので、イライラなどの精神的な問題を緩和しながら、安定した気持ちに導いてくれる効果が期待できます。身体を温める作用や安眠効果もあるので、アロマバスにしたり、眠る前に芳香浴などをしたりすると良いでしょう。また消化を促す効果もあるので、ストレス性の胃痛などがあるときにも。

なおオレンジスイートは柑橘系なので光毒性があります。お肌に塗布したりした場合、直後に直射日光に当たらないよう注意してくださいね。

イライラに効果的なアロマ【グレープフルーツ】

グレープフルーツは、柑橘系のエッセンシャルオイルの代表格として人気のある香りです。爽やかですが、レモンほどシャープな香りではなく柔らかさも伴った優しい香りは、老若男女とわず人気。アロマテラピーの入門編としても便利なので、すでにエッセンシャルオイルをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

リラックス効果が高く、鼻を抜ける優しい果実の香りが癒し効果をもたらしてくれます。昼間の出来事でイライラしてしまいどうしようもないとき、寝る時にグレープフルーツの香りを使用してみましょう。物事を肯定的に捉えることができ、ポジティブな考え方ができるようになります。

また、体への嬉しい効果として、グレープフルーツの香りは肥満を防ぐ効果が認められています。ダイエット効果も期待しながら寝る時のアロマとして使用するのもいいですね。

イライラに効果的なアロマ【パルマローザ】

パルマローザは、シトラスの爽やかな香りとともにローズのようなフローラルな華やかさも併せ持った香りが特徴。リラックス効果が高く、うつ病の対策としても使用されているほど。イライラとした気持ちを解消するにも効果が高いです。

ヨーロッパでは古くからエッセンシャルオイルとして使われており、香水の原料にも使われてきました。

納得いかない理不尽なことで激昂して高ぶってしまった神経。そんな激しい感情を落ち着かせる癒し効果があるので、睡眠前のエッセンシャルオイルとしても人気。気持ちを落ち着かせてスムーズに入眠できますよ。環境の変化に対応できない時からくるイライラにも、この癒し効果の高いエッセンシャルオイルを使用してみてはいかがでしょうか。

頭痛を抑えたり、免疫効果を高める効果も期待されているので、体が万全でない時に使用するのもおすすめですよ。

また、スキンケアに向いているエッセンシャルオイルの一つなので、湿疹などに悩まれている方はパルマローザのエッセンシャルオイルが含まれている化粧品を使用し肌とイライラを同時にケアするのもいいですね。

イライラに効果的なアロマ【ティーツリー】

ティーツリーは、オーストラリア原産のさわやかな香りを持つ植物。すーっとした香りが気持ちをクリアにしてくれます。オーストラリアの原住民アボリジニは、古来からこの植物を薬用として使用したり建材として使用したりしてきました。実際に強力な抗感染作用があるといわれている、とても可能性のある植物。

また、神経の疲労によるイライラや不安で落ち着かない心に元気をとり戻してくれるアロマとしても使われています。ティーツリーの香りはどちらかといえばリラックス効果というよりも、より強い刺激で物事を乗り越える手助けをしてくれる存在。

香りが強いエッセンシャルオイルでもあるので、もしこれ一つだと香りが強すぎるという方は、シトラス系の香りなどとブレンドするのもおすすめ。リラックス効果を加えた優しいエッセンシャルオイルとして使用できますよ。

イライラに効果的なアロマ【マンダリン】

スポンサーリンク