大人らしい上品な部屋で暮らそう。モダンな部屋を作るためのインテリア術。

余計な装飾などを省き、大人らしく上品な印象である「モダン」。そんなモダンなお部屋は多くの人の憧れですよね♪しかし、いざモダンなお部屋作りをしようとしてもなかなか難しいものです。そこで今回は、モダンやお部屋を作るためのポイントやインテリア術について詳しくご紹介していきます。是非、お部屋作りの参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

そもそも「モダン」なお部屋ってどんな感じ?

モダンという言葉はもともと「近代」を意味します。デザイン史の中ではある一定の時期を指しますが、派生して現在では、ミニマルで無駄がなく、洗練された雰囲気のインテリアを「モダン」と呼ぶ傾向にあります。わかりやすい雰囲気をご説明すると、ここ数年以内に建てられたホテルの客室ようなイメージでしょうか。直線的で、色も抑えめな色を使い、静けさが先行するイメージです。

おしゃれなカフェなどでも使われる方法で、少し非日常感があります。大人っぽく洗練された雰囲気のインテリアは、憧れですよね。シンプルなだけに維持にも気を使いますが、その分落ち着いた空間でゆったりと過ごすことができます。
ここでは、モダンなお部屋を作る方法をご説明していきましょう!

モダンなお部屋を作るためのポイントは?

モダンなお部屋は、どのようなポイントを押さえるべきでしょうか?少しずつ見ていくことにしましょう。

  1.  空間を贅沢に使用する・間を利用する
  2.  直線的で装飾の少ない家具を使用する
  3.  色味は同一トーンや無彩色など、落ち着いた色味を多めに
  4.  デザイン性の強い家具・アートを取り入れる

以上4点が、モダンインテリアを特徴付ける主な要素です。その中でも、特に大きな要素となるのが、①の「間の使い方」です。モダンデザインの特徴として、伝統的な具象表現や細密描写を排除していることが挙げられます。つまり、多くの要素を使用せず間をとり、ミニマルに空間を作り上げていくことが大切になってくるのです。この大きなポイントを抑えれば、色彩が明るいものであっても、モダンな雰囲気をつくりあげることができるのです。

モダンなお部屋を作るのにおすすめなインテリアブランド

CIBONE

青山に店を構えるライフスタイルショップCIBONEは、幅広いカテゴリーのものを扱っています。カトラリーや食器からファッション、家具まで。そのどれもが洗練された雰囲気を持ち、モダンなインテリア空間にはえるものばかりです。

気鋭のデザイナーのものや往年の名デザイナーのものが多いですが、全体的にファッション要素が強く現代的に感じられます。個性的でユニークな作品もたくさんあり、デザイナーの遊び心が感じられる商品ラインナップ。空間のアクセントになる美しいものも多いので、モダンでファッショナブルな雰囲気がお好きな方にはオススメの店舗です。

THE CONRAN SHOP

ヨーロッパと日本各地に店舗を展開するコンランショップは、イギリス人のデザイナー、コンラン卿が立ち上げたブランド。ミニマルで洗練されたものも多いのですが、こちらの特徴は、遊び心が多く感じられるところ。プレーンなもののそこここに、イギリスらしいウィットに富んだユーモアが隠された商品。組み合わせや色使いもユニークで、ディスプレイなどにも遊びが感じられます。

そんなコンランショップも、基本的にはモダンなデザインが中心になっています。プレーンかつ洗練が感じられる商品の数々は、モダンな空間作りにぴったり。キッチンから家具まで、生活に必要なものはほぼ揃うので、モダンな空間がお好きな方におすすめの店舗です。

LIVING MOTIF

六本木にあるLIVING MOTIFは、30年以上モダンな家具や生活雑貨を販売し続けています。いまでこそ当たり前となりましたが、ヨーロッパ中心とした輸入家具の販売店としては先駆けとなる存在。確かな審美眼と洗練されたディスプレイで、妥協なく質のよい商品を取り揃えています。

このお店であつかっているものは基本的にモダンなインテリア空間を作り上げるのにもってこいのものばかり。高品質かつ上品で、プレーンな雰囲気のものが多いのが特徴です。また色彩に関しても色が強いものは少ないので、モダン空間がつくりやすいでしょう。
高品質のためお値段が張るものが多いので、何かこれというアイテムをしぼって取り入れてみるのもいいですね。

Bo Concept

デンマークのインテリアブランド。世界中で300もの店舗を展開している国際的な家具メーカーです。ここ日本でも多くの店舗を展開し、知名度も高くなってきました。特徴は、北欧風のシンプルでモダンな雰囲気。無彩色で派手さのないデザインが特徴で、直線的なイメージの強い空間が多いです。これまでご紹介してきた店舗と異なり、オリジナルで家具を製作販売しているのが特徴。
シンプルで間違いのない品質を求める方にはおすすめの店舗です。

参考にしたい!オシャレでモダンなお部屋の実例集

ではここからは、モダンな空間作りを見ていくことにしましょう!


https://www.instagram.com/bobedredk/

こちらの写真はキッチンのインテリア。壁が白で黒がキッチンのベースとなったシンプルな空間です。一つ一つ要素を見ていくことにしましょう。
まず、照明です。こちらではシンプルながら特徴的なフォルムをしたペンダントライトを使用しています。そして色はキッチンと同じく黒で統一。
次にシステムキッチン部分ですが、こちらは直線的なイメージでまとめています。換気扇のフード部分も水道の蛇口部分に関しても直線的なイメージ。徹底的に無駄を取り除いたシンプルなデザインです。黒は重くなりがちなのですが、こちらでは壁に白を使用することで軽さを出しています。このように、重くなりがちな空間では、中和させる要素を加えるようにしましょう。


https://www.instagram.com/thedesignchaser/

ベッドルーム空間のモダンインテリアをご紹介します。こちらはかなりストイックな雰囲気の空間ですが、モダンな要素が強く、おしゃれです。ベッド上に使用されたクッションはベッドと同じ色彩でまとめられ、落ち着きが感じられます。この空間でモダンなイメージを作り上げている要素としては、白のオブジェと照明のライン、そしてその取り付け部分のゴールドの色彩です。このような抽象画のようなオブジェがあることで、空間全体のイメージがアーティスティックに。また、黒のヘッドボードの上に白のオブジェというコントラストが、更にモダンな要素を強めます。
また、ブラック×ゴールドという色配色は、上品なゴージャスさをイメージに植え付けることができます。このように、部分的な色彩にも、空間全体を締める役割があるのです。


https://www.instagram.com/bobedredk/

これまで、色彩を抑えたモダンな空間をご紹介してきましたが、一つ華やかさを取り入れたモダン空間をご紹介していきましょう。こちらの写真の空間では、壁や家具そのものは、無彩色で少し重い雰囲気がありますが、置かれたお花によって、その重さが消えています。また、逆に言うとこの華やかなお花をモダンなイメージに仕上げているのがバックの無彩色の空間でしょう。

このように、モダンな空間を作りたい場合でもビビッドな色味を加えて変化をつけることができます。ですが、無彩色との対比が必要になってきますので、グレーなどと合わせるとモダンな印象をつけることができますよ。

また、それとは別に家具にも注目していただきたいです。とてもデザイン性の強い抽象画のような家具を取り入れていますね。モダンなインテリアにはこのようなデザイン性の強い家具をとりいれることも効果があります。


https://www.instagram.com/bobedredk/

こちらは、ザ・モダンというような空間。モノクロトーンの空間に、唯一有機的な要素として、テレビ下の台が使われています。このように、モダンな空間を作る場合においても外しを作ることが大切。あまりにも整いすぎた空間では、人間の性質として落ち着かず、気分がめいってきてしまいます。観葉植物やお花といった要素を加えて生命感を出してあげることも大事になってきます。
この空間のように、大きく窓があってその向こうに自然環境が見えるというのもいいですね。
しっかりと間をとり、すっきりとした空気の流れを感じられるようにするのも、大切な要素になってきます。
清潔感・スッキリとした感覚、それと同時に生命感のある有機的な要素をとりいれることを忘れないようにしましょう。


https://www.instagram.com/theposterclub/

関連記事