大人らしい上品な部屋で暮らそう。モダンな部屋を作るためのインテリア術。

余計な装飾などを省き、大人らしく上品な印象である「モダン」。そんなモダンなお部屋は多くの人の憧れですよね♪しかし、いざモダンなお部屋作りをしようとしてもなかなか難しいものです。そこで今回は、モダンやお部屋を作るためのポイントやインテリア術について詳しくご紹介していきます。是非、お部屋作りの参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

ダイニングのモダンなインテリアをご紹介。こちらはとても間を大事にしていて、空間の中での要素の配置バランスがいい例です。この写真の中で、モダンな雰囲気を強めているものを見ていきましょう。
まず、壁に使用されているドローイングなど。このようなアートピースは、一気に部屋の雰囲気をモダンに変えてくれる便利なアイテムなのです。また、配置も秀逸。サイズや色の違うフレームをあえて組み合わせることで、静かな空間にリズムが生まれるのです。また、手前のダイニングテーブルにも注目。あわせられている椅子は名作として有名なセブンチェア。このようなモダンデザインの名作を取り込むことでもモダンな空間が作り出せます。
お花を置くことで、更に空間に明るい雰囲気を作り出しています。


https://www.instagram.com/daniellawitte/

部分的なインテリアにも注目してみましょう。こちらはシェルフ上に置かれたオブジェなどによるディスプレイ空間。このようなアレンジは、ホテルやお店などでよく見られます。ここまでストイックでなくとも、ご自身のおうちで決め場所となる空間を作っておくと、インテリアデコレーションの幅が広がって楽しいですよ。
こちらは、基本的にはグレーが中心となる空間。その中に白と木目、ガラスを取り込んでいることによってナチュラルさとモダンが融合した空間になっています。この中でモダンな要素を抽出してみると壁の写真とその脇の植物との絶妙なバランス。この二つが相まって、モダンアートのような効果を出しています。ベッドルームのシェルフの上など、あまり機能性にこだわらず同時に癒し効果が必要となる場所で、このような優しく静かなイメージを作り上げておくと精神的にもリラックスできます。


https://www.instagram.com/livingmotif/

こちらはシェルフの中におけるモダンなディスプレイ例。こちらの写真はお店なのでここまで再現ができないとは思いますが参考になる例がたくさんありますよ。
まず、書籍の置き方。この棚の中では置き方が3種類あります。通常のように縦置きをする場合、横置き、そして面だしです。この本の置き方によって、シェルフの中がよりリズミカルに見えてきます。

同時にオブジェやベースが効果的に配置されていることによって、抽象画のようなイメージができあがっています。このように、幾何学的なイメージを持たせることも、モダンなインテリアには大切。
特に食器やベースは、そういったイメージが作りやすいので組み合わせによって再現を楽しんでみてくださいね。


https://www.instagram.com/ceciliemanz/

とっても風通しの良さそうな空間ですね。広く、あまり生活感のない空間ですが、こちらのモダンインテリアもスペースの使い方はもちろん、オブジェの配置の仕方など参考になる部分がたくさんあります。

まず、シェルフは何度もご説明している直線的なイメージ。グリッドもしっかりと見え、整ったイメージがあります。その上にはベースを始めとしてオブジェがバランスよく置かれています。よく見ると、ケトルのようなキッチン道具も置かれていますね。
このように、フォルムが幾何学的なものを組み合わせ、さらに絶妙な間を加えることでモダンで美しい空間を作り上げています。フレームに入ったアートがたてかけられているのも、リズム感をつけることができ、効果的な飾り方です。


https://www.instagram.com/vitra/

今まで、モダンな空間は直線的なイメージが大事というお話をしてきました。ここで、一つ曲線的なイメージの強いモダン空間を見ていきましょう。
実は、モダンデザインの家具は曲線的なものが多いのも事実です。ですが、ただ有機的な曲線というわけではなく、特定のルール(対象的、など)に則って作られた曲線なので、モダンなイメージにつながるのです。こちらの写真のダイニングは、ミッドセンチュリーの少しポップなイメージがありますが、写っている家具は全て特定のルールで作られた名作。
このように、曲線的なイメージを取り込む場合は、しっかりとルールに基づいた曲線を取り入れるようにしましょう!


https://www.instagram.com/vitra/

天井が高く美術館のような空間です。この写真の空間は、モダンで直線的な要素とともに、有機的で土着的な要素が混ざっています。前述した、外しの方法ですね。窓が大きく、外の自然もよく取り込むことができています。またソファ前のサイドテーブルや画面左端のオブジェなど有機的なイメージですね。これらの要素が空間の緊張感を中和させ、優しい雰囲気に作り変えています。
緊張感をなくすためには、このような思い切った方法をとるのも一案でしょう。

居心地の良い、モダンなお部屋作りを♪

緊張感と外しのバランス

これまでモダンなインテリアを実例を通してご紹介してきましたが、いかがでしょうか?どれも洗練されていて、近づきがたい雰囲気を持ちつつも、いろいろな外しの方法によってバランスをとっていました。なかなかハードルの高いモダンインテリアですが、ご興味のある方は小さな空間から試してみてくださいね!

関連記事