婚活における男女比はどれくらい?男性が足りていないって本当?気になる婚活情報まとめ

婚活をする上で「男女比」は気になるもの

婚活する上での男女の比率が気になってしまったことはありませんか?たとえば婚活パーティーで女性の人数が男性に比べて多ければ、1対1のトークタイムの時、1人になってしまう女性がでてきてしまいますよね。勇気を出して出会いの場に行っても、1人の時間が長くて逆に孤独を感じてしまう結果となることもあるかも知れません。

また、結婚は1対1でしかできないもの。婚活する男女の比率で大幅に女性が上回っていれば、余ってしまう女性がでてくるのは当然です。高い競争率を突破するため頑張らなければ!というプレッシャーもでてくるでしょう。女性に人気の職業に就いている男性や好条件の男性を、多くの女性が争奪戦のように狙っている、なんてこともあるかも知れません。婚活市場での男女の比率はかなり重要な問題だと言えますよね。

婚活における男女比は実際どれくらい?

それでは、実際の婚活市場における男女比は一体どれくらいなのでしょうか?会員数を公開している大手の結婚相談所の5社の男女別の男女比を調べましたのでご紹介します。

大手結婚相談所での男女比はどれくらい?女性が余ってるって本当?!

https://pixabay.com/

2019年の結婚相談所会員の男女比を、大手結婚相談所5社の数値で見ていきましょう。

業界楽天最大手のオーネットでは、2019年の会員数49,936人中、男性26,827名 、女性22,208名、男女の比率は男性54%女性が46%となり若干男性会員が多くなっていますよ。

リクルートが運営するゼクシィ縁結びエージェントでは、会員数10,850名のうち男性は47%女性が53%、女性が多目ですね。

27.758名の会員数を持つツヴァイの男女比は、男性会員51.3%女性会員48.7%。全国に21店舗の支店を持つノッツェでは会員数は非公開・男女比は男性60%女性40。男性がかなり多いですね!

全国で24店舗の支店を持つパートナーエージェントは、会員数11,508名のうち男女の比率は男性44%女性が56%となっていますよ。

また、60.000名という最大級の会員数を誇るIBJでは、男性41%女性が59%、こちらも女性がかなり余っている結果に!

会員数を公開している5社を合わせると、男性会員は75,745名に対し女性会員数は83,140名!

大手5社の結婚相談所での男女比率は男性約47%に対し女性約53%となり、人数にすると女性が7395名余っている結果となりました。

結婚相談所に登録して婚活している男女の比率は、女性がやや男性を上回っていると言えるでしょう。

婚活で男女比に差が出てしまう理由は?

タイトルとURLをコピーしました