【30代アラサー女子の婚活】焦りを感じたときの対処法と成婚の秘訣とは

30代アラサー女子が婚活で焦りを感じるとき

30代は20代とは違い体力の衰えを感じたり、年齢を感じる場面が増えてきますよね。もう若くはないからと悲観的になる人もいるでしょう。

そんな30代女性が婚活で焦りを感じる瞬間はどのような時があるでしょうか。

友人が結婚した時

https://pixabay.com/

20代後半は結婚のラッシュとも言われます。友人の結婚式に呼ばれた時に、結婚してない自分と比べて惨めな思いをする人も中にはいらっしゃるかもしれません。同じ女性としては、やはり自分も結婚したいと思う人が多いですよね。10代や20代前半までは、「お互い彼氏がいなくてさみしいけど、女同士のほうが気兼ねなく楽しめるしいいよね!」なんて言って一緒に遊んでいた女友達。それなのに彼氏ができたとたんに、一緒に遊びに行く機会が減り始めます。

そしてしばらくすると「彼と結婚することになったんだ。結婚式にはぜひ参加してね!」といった結婚報告を受けます。「おめでとう!」と笑顔で返しはするものの、内心「自分はこのままでいいのか・・私はずっと一人なのかな・・」と考えてしまいますよね。

30代ともなれば焦りも生じてきます。友人から婚約したんだ、結婚するんだと報告を受け、羨ましく思う人もいることでしょう。良い報告があるたびに耳を塞ぎたくなる人もいるはずです。

友人に子供が産まれた時

https://pixabay.com/

友人に子供ができたとき「おめでとう」といいながら、30代なら子供が欲しいと複雑な気持ちになることも多いでしょう。自分も早く結婚して子供をつくって幸せな家庭を築きたいと思うのが本音です。

最近は子供が生まれたらすぐに赤ちゃんの写真をスマートフォンで撮影して出産報告メールを送る人も多いですよね。女友達からのそういった報告に対して「おめでとう!」と返信しつつも、30代シングルのアラサー女子であれば、複雑な気持ちになるのも当然です。そして、そういった複雑な気持ちになる自分も嫌になってしまいます。

30代半ばになるとなかなか妊娠もしづらくなりその中で焦りも生じてきます。早く子供が欲しいと思いながらも、結婚もしてないとなると複雑な心境になるはずです。妊娠して子供を産みたいと思っても、その前に結婚相手を探さなければならず、その二つのハードルがとても高く思えてしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました