自分を一番綺麗に見せる!アラフィフ女性が知っておきたいメイク術

つい濃くしすぎてしまいがちなアラフィフでのメイク

アラフィフともなると、シミやくすみ、たるみなど、気になる部分が増えてきて、それを隠そうとするあまり、どうしてもやりすぎメイクになりがちです。

ベースメイク一つとっても、下地、コントロールカラー、日焼け止め、ファンデーションにコンシーラー、そしてパウダー…と、上手に使いこなせていればいいのですが、一つ間違うと厚ぼったい不自然な肌に仕上がってしまいがち。

また、アイメイクにしても、アイライナーやマスカラはもちろん、アイカラーを何色も使ってグラデーションを作ったはいいけど、なんだか濃すぎる仕上がりになってしまった、ということはないでしょうか。

実は悩みが尽きないアラフィフ世代のメイク

逆に、若い頃から同じメイクのままで、変えたいとは思いながらも、一体何をどうしたらいいのかわからない、というアラフィフさんも多いかもしれません。

不自然な厚塗り感が出るのがイヤだったり、いまいちベースメイクのやり方が分からず、適当にファンデーションを塗っているというアラフィフさんもいたりして。もしくは、毎日忙しすぎてメイクにあまり時間をかけられない。適当にファンデーションを塗って、眉を描くだけで精いっぱい!という人も多いのではないでしょうか。

このように、とかく、アラフィフ世代のメイクにはお悩みが尽きません。ここでは、アラフィフ世代の魅力をより引き立てる、やりすぎないナチュラルなメイクについてご紹介していきます。

アラフィフのメイクでやってしまいがちな失敗は?

アラフィフのメイクでやってしまいがちな失敗をご紹介します。

「やりすぎ」「やらなすぎ」どっちもありがちなメイクの失敗

アラフィフさんがついついやってしまいがちなメイクの失敗は、やはり「塗りすぎ、やりすぎ」ではないでしょうか。

シミやくすみなどを隠そうとするあまり、やたらベースを作りすぎてしまって、結果顔だけが白浮きしてしまったり、笑いジワにファンデーションが溜まってしまった… なんて悲劇を経験したことのあるアラフィフさんも多いかもしれません。

また、年齢を重ねるとどうしても皮膚がたるんできて、目元や口元がぼやけた印象になりがちです。それに抗おうとするあまり、アイメイクをやりすぎて、やたら真っ黒な目元に仕上がってしまったり、リップラインがやたらくっきりしすぎて不自然な印象になってしまったりといった失敗も、できれば避けたいものですよね。

逆に、やりすぎ感を避けようとするあまり、貧相なメイクになってしまっている危険性もあります。悲しいかな、ファンデーションをさっと塗って、眉を描くだけでもなんとかなるのは若い子の特権。特に、外で働くアラフィフ世代であれば、ナチュラルでありながらも、それなりにきちんと見えるキレイめメイクをめざしたいものです。

とはいえ、若々しい印象でありながら、ナチュラルでキレイめに仕上げるためには、一体どういったことに気を付けてメイクすれば良いのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました