節約したいけど、ファッションは楽しみたい!そんな時に試したい節約術

ファッションを楽しもうとするとどうしてもお金が掛かってしまうものです。特に女性の服は流行がどんどん変わっていくので、「去年は流行っていたけれど今年はもう着れない,,,」なんて服もたくさんあるのではないでしょうか。そこで今回は、節約とオシャレを同時に叶えられるおすすめの節約術をご紹介していきます。お金を欠けずにファッションを楽しみましょう!

公開日:    最終更新日:

ファッションを楽しむのにはお金が掛かってしまいがち


https://www.pakutaso.com/20180119018post-14842.html

若いころは自分の給料を好きなように使ってファッションを楽しんでいた人は多いでしょう。しかし、結婚して家族ができるとなんでも好きなように買えなくなるのが現実ですよね。家族のある大人が後先考えずにお金を使うことは、若い頃と違いできなくなるものです。

それぞれ家計をやりくりしながら限られたお金の中で生活していかなくてはなりません。子供の教育費や家のローンがある人もいるでしょう。そのため、自分のファッションは後回しにしてなんとか節約したい人が多いのです。

お金を掛けなくてもオシャレに見せることはできる!


https://girlydrop.com/fashion/3387

お金をかけなくてもファッションを楽しむことはできます。いろいろ工夫しながら節約している人も多いでしょう。ファッションは個性を表すものなので、アクセサリー一つで印象も変えることができます。

お金をかけるからおしゃれになるのは単なる思い込みでしかありません。昔と違って今は安くてもいいものもたくさんあります。ファッションは「個性です」。自分らしくファッションを楽しむのが1番のおしゃれになるのです。

ヘアやメイクに使う費用も見直すことが大切


https://girlydrop.com/beauty/4403

毎月の美容室代や化粧代にお金をかけ過ぎていませんか?子供がいれば栄養面を考えると食費を節約するわけにはいけませんよね。毎月美容室や化粧品を購入しているのであれば、そこを節約するのが1番無難です。

まずは毎月何にいくら費用がかかっているのか、書き出してみるのも節約を始めるには効果的な方法です。

美容室にかかる平均費用

一般的に美容室でかかる平均的な費用は毎月5,000円〜7,000円です。これにヘアカラーを追加すると1万円近くの出費になります。毎月1万円だと、年間12万円の計算になります。

年間で考えるとかなりの出費ですね。例えば美容室に通うのを2ヶ月に1回のペースに減らせば、年間6万円と約半分も節約できるのです。6万円も節約できれば貯金したり、家族で旅行にだっていける可能性があります。

メイクにかかる平均費用

毎月化粧品を購入する金額は一般的に2,000円〜5,000円です。年間で計算すると24,000円〜60,000円です。化粧品も同じものをなんとなく使っているだけなら見直してみるのもいいでしょう。

毎月購入するのではなく、コスパのよいものに切り替えれば2ヶ月に1回の買い足しで済む可能性があるからです。なんとなく使っている人や、ブランド名だけで購入している人は化粧品代を節約できる可能性があります。

なぜ無駄遣いをしてしまうのか


https://www.pakutaso.com/20170828213post-12720.html

ショッピングに行くとなぜ無駄遣いをしてしまうのでしょう。「お店の人に進められると断れない」「新しいものが好きでつい買ってしまう」、など性格的な要素が考えられます。

ファッション費用を抑えるための節約術とは


https://www.pakutaso.com/20130546128l.html

ではショッピングに行った際、ファッション費用を節約するにはどのような方法があるのか紹介していきます。

お店に行くときは買うときだけ

ショッピングに行くときは「買うときだけ」にしましょう。節約するにはどう安く買うかではなく、いかに買わないかがポイントです。ショッピングに行く前に似たようなものを持っていないか必ず確認しておきましょう。

実際買い物をしているときに欲しいものがあっても、本当に必要なものか自分に聞いてみましょう。こうすることで衝動買いを抑えることができます。すぐに買わずに時間を開けることで実際買わない可能性もあり節約に繋げることができるのです。

買う予算を決めておく

買うものが決まっていても予算まで決めて行く人は少ないですよね。とりあえずみてみて気に入ったものがあれば購入しようかな、と思うことがほとんどでしょう。しかし予算をしっかり決めておかないと余計なものまで買ってしまう可能性があります。

「千円以上は使わない」「割引になっていなければ買わない」など予算を決めておけば、買い物をする時間もかからず、無駄な出費を抑えることが可能です。予算オーバーしていたらまずは購入するのを諦めましょう。

迷ったら買わない

関連記事