レイアウトのコンセプトとは?お部屋作りに参考にしたいコンセプトの決め方と実例集

お部屋のコンセプトを決める重要性

お部屋作りをするときには、まずインテリアのコンセプトを決めることがとても大切です。コンセプトをはっきりさせておくことで、統一感のあるお部屋を完成させやすくなるためです。

「どんなテイストのインテリアが好きなのか」「どんなカラーを中心にするのか」など、好みや理想に合ったインテリアコンセプトを考えてみましょう。

お部屋のコンセプトの決め方

インテリアのコンセプトの決め方ですが、自分の好みやライフスタイルに合っているものを選ぶことがおすすめです。好きなテイストの家具や小物にかこまれたお部屋は気分を上げてくれますし、その空間にいるだけで幸せな気持ちになりますよね。

「自分が心地よく過ごすことができるのはどんなお部屋なのか?」という点を大切にして、コンセプトを決めてみてください。

今回はインテリアのコンセプトを考える上で参考になりそうな、インテリアの実例が掲載されているインテリア本をいくつかご紹介していきます。気になるテイストのものがあったら、実際に本を読んでみたりしてください。

インテリア本は、お部屋作りをする上でとても参考になりますよ!

お部屋のインテリアコンセプトの実例

インテリアコンセプト【西海岸風】

西海岸風インテリアは、アメリカの西海岸をイメージさせる雰囲気が特徴のインテリアです。リラックス感と海辺を連想させるシェルや南国モチーフやデニム素材のソファ、ヴィンテージ感のある木製のテーブルなど、特徴的な家具や小物類をプラスするだけでも、それらしい雰囲気になります。

カラーはグリーン・ブルー・ブラウンを基調にすると、ぐっと西海岸風というコンセプトが引き立ちますよ。また観葉植物も西海岸風インテリアには欠かせないアイテムで、グリーンはお部屋の雰囲気を明るくしてくれる効果もあるため、積極的に取り入れたいところです。

『西海岸インテリアスタイル』(ナチュラルライフ編集部/学研プラス)は、西海岸風のお部屋を作る上で参考になる書籍です。カリフォルニアに暮らす方々のインテリア実例なども掲載されており、そのままそっくりマネをするのは難しいですが、日本で西海岸風のお部屋を作るための参考になりそうです。

*西海岸風インテリア実例

適度なラフ感と、リラックス感、そして飴色のブラウンを基調としたカラーリング。これらの要素は西海岸風のインテリアスタイリングにはかかせない要素となります。

心地の良いヴィンテージ感を含むダイニングテーブルとブラックスチールの脚。そしてレザーの小物をうまく組み合わせて気持ち良い空間を作り上げています。

こちらはお店の中なので特に要素が多いのですが、お家の中で西海岸系のテイストを作る場合も、比較的要素を多く取り入れることが多いです。ちょうどいい適度なごちゃ混ぜ感というのでしょうか。

オープンなカジュアルさも西海岸風インテリアの大切な要素。大きめの観葉植物を合わせてみて、さらに開放感を加えてみましょう!

インテリアコンセプト【北欧風ナチュラル】

北欧風インテリアはとても人気が高いので、気になっている方も多いのではないでしょうか。北欧風インテリアの特徴といえば、明るくやさしい色使いとシンプルなデザインです。

冬の日照時間が少ない北欧でも楽しい気分で日々を過ごすことができるような、心がわくわくするような柄や色が使われているところがポイントで、日本でもとても人気がありますね。家具はあたたかみのある木製のものが基本で、ソファやチェアはファブリックタイプのものがチョイスされることが多いです。

こちらの書籍『北欧の心地いいインテリア』(オレンジページ)は、シンプルでナチュラルな北欧インテリアについて紹介されています。コテコテしすぎないシンプルで上品さのあるインテリアが中心なので、「基本はシンプルだけど、そこにさりげなく自分らしさやおしゃれさのあるインテリアが好き」という方にぴったりです。

*北欧風インテリア実例

北欧風インテリアで大切になるのが、「プラス」要素と「マイナス」要素の緩急。ベースとしては白木やナチュラルウッドを使用したシンプルナチュラルなイメージとなるのですが、そこにクッションやテキスタイルアイテムでポップな色使いを加えて健康的な明るさをプラスするのが大切です。この写真の空間でも、うまくその方法が使われていますよ。

まずダイビングテーブルと椅子ではナチュラルウッドのシンプルなものを使用。壁も灰色で少しシックな印象です。椅子に置かれたクッションにブルーを加えることで空間のアクセントにしています。これはやや控えめな色の加え方ですが、もっと大胆に色を加えるのもオススメ。

マリメッコなど、北欧を代表するテキスタイルをテーブルクロスにしたり、カーテンやクッションに使用すると尚北欧のかわいい雰囲気が増します。

ペンダントライトも、写真のように幾何学的であったり逆に有機的な形など、抽象画のような形を選ぶとより北欧感を強めることができますよ。

インテリアコンセプト【ラグジュアリー&プリンセステイスト】

華やかなシャンデリアに天蓋付きのベッド、レースやフリルがついたファブリックにドレッサー。どんな女の子の夢を全部詰め込んだようなプリンセステイストのインテリアに、一度は憧れたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

また大人のための上質なラグジュアリーインテリアも、プリンセステイストのインテリアと合わせて人気があります。これらのインテリアのポイントはホワイトやピンク、パステルブルーなどの淡いカラーを中心にすることです。

また家具などは華奢な猫脚デザインのものや、繊細な装飾が施されているものなどが素敵ですね。

『アニバーサリーインテリア』(細見貴子/トーソー出版)には、うっとりするようなエレガントなテイストのインテリアがたくさん紹介されています。「記念日」がテーマになっており、インテリア実例なども華やかです。

プリンセステイストのインテリアが好きな方であれば、眺めているだけで楽しくなるような一冊で、インテリアのコンセプトを決める際の参考にもなりそうですよ。

*プリンセス風インテリア実例

ひとり暮らしのマンションでも実現できるようなプリンセス風のインテリアをご紹介しましょう。こちらのお部屋は、まさにお姫様テイストが存分に取り込まれています。

まず全体の色使いですが、前述のようなパステル系の色でほぼ構成されています。白を基調に、淡いピンクをうまく組み合わせていますよね。

そして、テキスタイルの素材感としてはふわふわとした手触りのものを多く取り入れています。ラグやクッション・毛布などに使われていますよね。

プリンセス風のインテリアに欠かせない要素が詰まったインテリアですね。

インテリアコンセプト【アンティークテイスト】

アンティークテイストのインテリアも人気がありますよね。本物のアンティーク家具などを取り入れるのはもちろんですが、アンティーク風に加工が施された家具なども最近では色々販売されているので、そうしたものを活用するのも手軽でおすすめです。

またインテリア雑貨や小物類などで、アンティーク&ヴィンテージ感のあるものをプラスするという方法もあります。アンティーク風をコンセプトにしたインテリアの場合は、落ち着いたカラーを基調にすると雰囲気が出ます。ダークブラウンやブラックなどはもちろん、ダークグリーンやボルドーなども良いでしょう。

『古いものと暮らすインテリア』(主婦の友社)は、アンティーク家具などはもちろん、味わいのある民芸品など「古いもの」をキーワードにしたインテリア実例や、アンティーク小物などをインテリアに取り入れるアイデアなどが紹介されている本です。

アンティーク雑貨などを見つけるための方法や選び方のポイントなども紹介されているので、古いもの好きの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

*アンティーク風インテリア実例

アンティークテイストで大事になるのが、色の組み合わせ方。重厚なイメージにしたい場合は、家具などの要素をダークブラウンで統一すると、しっかりと思い雰囲気を出すことができます。

家具のフォルムとしては、有機的なものがオススメです。伝統的なヨーロピアンテイストのアンティーク空間を作りたい場合は、このフォルムという部分が大切になってきます。

逆に、モダンなインテリアにアンティークを取り込む場合は、デコレーション要素の強くないものを選びましょう。他の家具と違和感なく組み合わせることができます。

インテリアコンセプト【パリ風】

ポップでキュートなパリジェンヌのお部屋みたいなパリ風インテリアは、女性から人気のあるコンセプトです。色使いや柄など、個性的なものを取り入れてもおしゃれな雰囲気になります。人と違ったインテリアが好きな方や、どこかレトロな雰囲気のあるお部屋にしたいという方におすすめです。

『パリの小さなアパルトマン』(ジュウドゥポゥム)は、20代のパリジェンヌたちのインテリア実例が掲載されている本で、アパルトマンのインテリアが中心となっているため一人暮らしのインテリアの参考になりそうな雰囲気ですよ。おしゃれで自由な雰囲気が魅力です。

一人暮らしのインテリアコンセプトで悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

*パリ風インテリア実例

この投稿をInstagramで見る

maki(@maki_peridot)がシェアした投稿

パリのポップでキッチュなイメージのインテリアとしてみなさんが真っ先に思いつくのは、映画「アメリ」の世界観ではないでしょうか。

映画全体を通して、赤を基調にしたレトロなインテリアが使われ、そのちょっと不思議でかわいい世界観に魅了された女性も多いのではないかと思います。パリ風のインテリアを作りたい方は、ぜひこの映画を見返してみてくださいね。

この映画のインテリアとして参考にしたいのは、色使いと不思議なアイテムの組み合わせ。カジュアルで有機的なフォルムを持つ家具をうまく使いこなしています。生活感が適度に残る中にも、見た目の個性が詰まっているのです。

原色の赤を基調に補色の緑を加えたりと、刺激的なカラーリングも特徴。日本人にとってみると大胆な要素も、パリ風のインテリアには欠かせないものです。

インテリアコンセプト【ペットが暮らしやすい部屋】

ペットと一緒に暮らしている方は、「ペットが過ごしやすい空間」をコンセプトにお部屋作りを行ってみるのも良いでしょう。ペットは家族の一員なので、暮らしやすい環境を整えてあげることはとても大事です。

ペットがいる場合にはインテリアはごくシンプルにして、掃除しやすくしておくことがポイントになります。またペットの犬や猫が快適に過ごすことができるように、レイアウトなどにも気を使ってあげることが望ましいです。

『猫がよろこぶインテリア』(ヤノミサエ/辰巳出版)は、猫が過ごしやすい上におしゃれという、猫にとっても人間にとっても過ごしやすそうなお部屋の例が紹介されています。

猫を既に飼っているという方はもちろん、これから猫と一緒に暮らしたいと考えている方にも参考になる一冊です。

*ペット好きインテリア実例

自分の生活より何よりペットのことを優先させたい方もいらっしゃるでしょう。そういう方は部屋の中に遊び場所を確保してあげるというのも大切ですよね。インテリアに不可欠な要素の中にペットが楽しめる要素をうまく組み合わせていきましょう。

写真のこの空間では、ネコが気持ち良く運動しながら休息もとれる場所をつくっています。壁にバーを取り付けそのバーにランダムに棚を設置。空間の邪魔にもならず、ネコも大喜びのインテリアです。

こういった壁付けのバーはあらゆる場所に設置穴があり、時が経って飽きがきたとき、組みあわせをかえるのも自由自在。ペットにとっても嬉しいですね。

インテリアコンセプト【バリ風オリエンタル】

リゾートの様な美しいバリ風のインテリア人気のあるインテリアコンセプトです。特に欧米では人気。自国で味わうことのできない南国のリゾート風インテリアは、バケーションの様な雰囲気を楽しめるのでテラスなどによく取り入れられています。

バリ風のインテリアで特徴的なのは、ダークブラウンなど濃いめのウッドを使用した家具と、白い壁との組み合わせ。家具で重くなりがちなのですが、壁の白で中和され、開放感がうまれています。

バリ風のインテリアには開放感が何より大事。南国風のグリーンをうまく取り入れ雰囲気を作り上げてみましょう。

*バリ風インテリア実例

大きな南国の植物を取り入れ、ソファやサイドテーブルにもラフな質感が取り入れられリゾートの雰囲気を上手に作り上げています。開放感があり背伸びをしたくなる様な空間ですよね。

クッションに有機的なパターンが用いられたり壁にも民族的なオブジェが設置され、フォークロアな空気感をしっかりと残しています。

こちらのインテリアでは、バリ風の開放感のあるインテリアを用いながらも、どこかラグジュアリーな雰囲気も醸し出しています。バリ風のインテリアでは有機的なフォルムの家具が中心になりますが、この空間では直線的なフォルムが中心となっているためです。

土着的な要素の中にもモダンな雰囲気を取り入れる場合には、このような工夫も大切になってきます。

インテリアコンセプト【シンプルモダン】

シンプルでものが少なく、同時に洗練が感じられる空間。現代的なホテルなどで用いられる、ラグジュアリーなインテリアコンセプトです。ベースとしては、直線的ですっきりとした無地の空間。カラーリングも無彩色やネイビーといった、抑えた色合いが中心になります。

こちらの『I’m home』(商店建築社)は、隔月で発行されているモダンインテリアの雑誌ですが、外国の事例を中心に美しい写真で洗練されたインテリアを紹介しています。少し大きめのお家を建てられる方には参考になる事例がたくさんありますよ。

*シンプルモダンインテリア実例

シンプルでモダンなインテリアでは、要素要素の質感がとても大事。また、フォルムも大切です。全体を通して、アートのようにフォルムが美しいものを選ぶようにする必要があります。

色彩の緩急もとても大切。がちゃがちゃといろいろな色を投入するのではなく、潔く色を削ぎ落としましょう。

コンセプトを決めて、統一感のある素敵なレイアウトを目指そう!

ご紹介したインテリアなどを参考にして、統一感のあるおしゃれなお部屋を考えてみてください。ご紹介したインテリア関連書籍などもヒントになってくれるので、気になったものがあったらパラパラとめくってみるだけでも楽しいですよ。

もちろん完璧にまねをする必要はありません。参考にしつつも自分らしさを取り入れて、自分の「好き」を詰め込んだお部屋を作ってみませんか?

タイトルとURLをコピーしました