海外旅行中の突然の下痢…知っておいたほうが良い原因と対処法

海外旅行はとても楽しいものですが、その反面、トラブルが起こるととても困ってしまいますよね。特に、突然やってくる”下痢”は海外旅行を一気に辛いものへと変えてしまいます。では、海外旅行中に起こる下痢の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。対処方法や予防方法と合わせてご紹介していきます。海外旅行へ行く前に一度目を通してみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

海外旅行で起こると厄介な下痢の症状…


https://www.instagram.com/p/BqGbnaoAkZR/media/?size=l

海外旅行中に何が困ると言えば、体調不良ですね。せっかく楽しみにしていた観光も、バカンス気分も台無しになってしまいます。体調不良にもいろいろあります。足首をひねった、転んでひざを打った、という程度でも、行動が規制されてしまいます。

さらに困るのが内臓系の不良です。食べすぎて消化不良、位なら胃腸薬で対処できますが、風邪をひきかけたりすると、持参していれば風邪薬を飲んで、とにかく暖かくして安静にするしかありません。そしていろいろな体調不良の中でも、特に厄介なのが下痢。酷い時にはお手洗いから離れられなくなります。お腹は痛いし、急にお手洗いに行きたくなるので、ツアーバスの中でも脂汗をかきながら我慢をしたり、リゾート滞在型であれば、ベッドとお手洗いを往復することに。

ところが海外旅行に行った半数以上の人が、旅行先に到着してから5日以内に下痢をする、という統計結果もあるのです。

今回は、あまりなりたくないけれど、なぜかなってしまう時がある下痢の症状がなぜ起きるのか、どう対処したらいいのか、をお伝えします。

海外旅行中に起こる下痢の原因として考えられるものは?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OZP85_yabeeonakaitai_TP_V.jpg

海外旅行中に下痢が起こる原因として考えられるもの

せっかく楽しみにしていた海外旅行。それなのに下痢になってしまったら?楽しい思い出が一気に、辛い思い出になってしまいますね。旅行する国や地域によって違いはありますが、約半分の人が旅行先に到着してから5日間以内に起こしてしまうといわれる下痢。
では、なぜ海外旅行中に下痢が起きるのかを、考えられる原因別にみていきましょう。

水の違い


https://www.pakutaso.com/20130717197post-3037.html

ほとんどの方が既に知っていると思いますが、水道水をそのまま飲んでも大丈夫な国の方が、世界的には少ないのです。開発途上国のように衛生状態に問題がある場合だけではありません。先進国でもミネラルが多い水が一般的な場合には、ミネラルが少ない水で暮らしている日本人は下痢になる場合があります。
 

疲れが溜まっている場合


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OJS_syuukatunitukaretadansei_TP_V1.jpg

海外旅行へ出かける前に「お休み中にできるだけ周囲に迷惑をかけないように」とがんばって働いてはいませんか?残業を続けたり、自宅に持ち帰って仕事をしたりしながら、旅行の準備もすると、自覚は無くても自分に負担をかけている場合があります。
その疲れが海外旅行に出かけた頃に、腹痛や下痢といった症状で出る場合が考えられます。

旅行による疲労やストレスなどによるもの


https://www.instagram.com/p/BqTv0T-FINV/media/?size=l

楽しみにしていた海外旅行。ついつい欲張って、過密スケジュールを組んでいませんか?また、移動型の海外旅行の場合、短期間で次々と違うホテルに泊まるので、実は十分に休めていない可能性もあります。

さらに団体ツアーの場合は、移動中から観光、食事まで、初めて会う人とともに行動をするので、自覚はないけれど、気疲れをしている場合があります。このように体が新しい環境に慣れられず、疲れているところに十分な休息がとれないと、下痢と言う症状で体調不良が出てしまう場合もあります。

現地の食材管理によるもの


https://www.instagram.com/p/BqWILjMlUXW/media/?size=l

先進国であろうと、発展途上国であろうと、食材の管理が適切でない場合には、その食材を食べて下痢になることがあります。特に発展途上国に行った旅行者の7~8割が下痢を起こす、という理由の一つには、この食材の管理方法にあると言えます。

こちらがこまめに手を洗ったり、ミネラルウォーターを購入して飲むなど、自衛をしていても、さすがにレストランの食材管理までは確認できません。例えば日本のように、肉や魚の温度管理が厳しい国もあれば、あまり温度管理に敏感でない国もあります。現地の人はその食材状態に慣れているので、特に問題は起きなくても、いつも管理されて、新鮮な食材だけを食べている日本人の場合には、同じ状態のものを食べても下痢が起こることもあります。

食べなれない果物を食べた場合


https://www.instagram.com/p/BqKG0UYHWIf/media/?size=l

南の国に行った場合によくおきるのが、食べなれないフルーツが原因で下痢が起こる、というケースです。

実は南の国のフルーツは、酵素がたくさん入っています。現地の人たちはずっとそれを食べているので慣れていますが、日本人である私たちの胃腸には酵素が強すぎて、下痢を引き起こすのです。例えば青いパパイヤやマンゴスチンなどは、強い酵素を持っています。たくさん食べると下痢にはならなくても、お腹がなんとなく痛い、内臓が疲れた感じがするほどです。

油、スパイスによる場合


https://www.instagram.com/p/BqVrf3TgL5z/media/?size=l

関連記事