【アートを飾る空間コーデ】絵画の選び方・飾り方、その2

「自分好みの部屋になったけれど、何か物足りない…」自分のお部屋に対してそう思っている方もいるのではないでしょうか。大抵の場合、お部屋のインテリアは無難な物で揃えてしまい、どこか物足りなくなってしまいがち。そこでオススメしたいのが今回ご紹介する「アートインテリア」です。アートインテリアを飾ればお部屋のオシャレ度がぐっと上がりますよ!今回はそんなアートインテリアの選び方や飾り方についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも「アートインテリア」ってどんなもの?


https://www.instagram.com/ikeasverige/

アートインテリアとは、一体どんなものなのでしょうか?一言で簡単に言うと、部屋をいろどるアートです。絵や写真、ベースや洋書などなど、この写真には、アートインテリアがたくさん詰め込まれていますよ。必需品だけで部屋を整えてしまうと、なかなか個性がでなかったりしますよね。それではせっかくのインテリア作りも楽しくなくなってしまいます。

空間の邪魔になってしまいそうで怖い、という意見もありそうですね。確かに大きな面を使うこともありますので、一概に「そうでない」とは言い切れないかもしれません。ですが、アートピースを部屋に加えるといままでとは趣の違うのお部屋に。あるとないとでは全く違うイメージになるのです。もし邪魔になってしまうようであれば、その時期は外して保管しておけば良いのです。

この写真のように、絵と写真を飾るのもよいでしょう。そしてその間にベースも加えています。
ちょっとした工夫で素敵な空間をつくることができますので、少しずつ実例をみながらご紹介していきましょう。

アートインテリアはどこで買える?

では、アートインテリアとはどこで購入できるのでしょうか?本当にいい絵を購入したりするのももちろん一つの案です。銀座や六本木などの有名なギャラリーには多くの絵画が取り扱われています。店主の方に相談しながら買うのもいいですよね。
ですが同時に、最近ではインテリアショップや雑貨屋さんでも絵やポスターがたくさん販売されています。あまり肩肘張らずに買いたいなという方には、気軽に手に入るような5000円程度のものも取り扱っているインテリアショップがオススメです。

絵のお話ばかりしてきましたが、先ほどの写真の実例で扱われていたように、「写真」もインテリアにはオススメですよ。フォトギャラリーなどには、膨大な量の写真が用意され、相談することで好みの作品に出会うことができるのです。
気軽に取り入れられるポスターや絵のお取り扱いがあるのが、以下のインテリアショップです。

・ Idee
・ ACTUS
・ IKEA
・ SIX

この辺りのインテリアショップ・雑貨屋においては、大きめのタイポグラフィーのポスターや映画のポスターなども販売しています。また、最近では作家さんの展示会も多いので、その際ご購入いただけるケースも。
インテリアショップのいろいろな情報をチェックしてみてくださいね。

アートインテリアの選び方&飾り方とは

アートインテリアとはどのように選んで飾ればいいのでしょうか?
選び方としては、基本的にインテリアのテイストにあうものを選んでいただくのがメソッドではありますが、あまり意識しすぎずに自由に好きな物を選んでいただくのが一番です。
インテリアとしてアートを使う場合、部屋で常に見る物ですよね。その際に、部屋の雰囲気に合わせてだけで買ってしまうともしかすると飽きがでてきてしまうかもしれません。そうならないためにも、まず自分が一番みていて落ち着くもの・癒されるものを取り入れるようにしましょう。
そして、貼る場所・置く場所も大切です。絵の場合は、どこに設置するかで印象がかわってきます。テレビの上だったり、床にたてかけたり、ソファのうしろであったり。リビングの場合は、お客様がきた時のことも考慮して全体の印象に繋がるテレビ周辺やソファ周辺がおすすめです。

部屋全体の中で「決め場所」のようなものを作っておいて、そこに飾るという方法もいいですね。

お部屋に飾りたい!おすすめのアートインテリア特集

では、ここからは具体的にどのようなアートインテリアがオススメかを見ていくことにしましょう!

絵・写真


https://www.instagram.com/ikeasverige/

アートインテリアとして最も使われることが多いのは、もちろん絵や写真です。このようなソファ上やテレビ上などに装飾として使われることが多いですよね。最初にもお話しましたが、絵は、空間の印象を全く別の雰囲気にしてくれる優れもの。リビングそのものの雰囲気をかえてくれるといってもいいかもしれません。特に、日本のお部屋はプレーンな白の壁ということが多いので、あなたが色が好きな場合は、色の多い絵を使ってみるのもいいでしょう。空間に彩りを与えることができるのです。もしキャラクターが好きなのであれば、そのキャラクターの描かれたポスターを飾るのもいいかもしれません。
壁に足りないものを描きこむ、といったイメージで絵を選んでみましょう。
また、写真も部屋の雰囲気をモダンでおしゃれにしてくれます。

額縁・フレーム


https://www.instagram.com/ikeasverige/

最近では、額縁そのものをインテリアとして使うケースが増えてきました。お店のウィンドウディスプレイなどでも多用されているので見たことがある方も多いでしょう。
どのように使うと良いのでしょうか?何かポイントにしたいものを決め、それにフォーカスしてもらえるよう枠を設置。ただ、あまりぴったりとはめ込みすぎると、おしゃれな印象にはなりません。アートな雰囲気を出すにはフレームからややはみ出すように設置するのがオススメです。この写真のように、お花とあわせるのもいいですね。また、レトロな蓄音機のようなオブジェを周りに使用しているのもアンティークな雰囲気を作り出すのに効果的です。
こういったフレームは、壁にかけるのもいいですし、同時に床に立てかけたりシェルフの上においたりするのもいいですね。

オブジェ


https://www.instagram.com/iittala/

オブジェは、アートインテリアとしては優れものです。わざわざオブジェを買う、というよりは、モノ好きなかたはみなさん何か飾るモノをもってらっしゃると思います。お気に入りのオブジェを、テレビ周りやシェルフの上などに飾りつけてみましょう。

ただ、注意しなければいけないのが出し過ぎ、という現象です。みなさんも、旅行先で購入した好きなオブジェや人にいただいたオブジェを家に溜め込み過ぎてしまっているという経験はありませんか?この、旅行先で買うオブジェというのはとても厄介で、気をつけないと自分の部屋のあらゆる場所を占領しているという、悩ましいことが起こってしまうのです。
ただ、記念の品は買って帰りたいのが普通ですよね。家でデコレーションに使うときは、厳選して飾るように気をつけましょう。出し過ぎは、空間の印象を損ねるだけでしかありません。

ベース


https://www.instagram.com/iittala/

お花をいけるベース。美しいベースは、それだけでもアートとして存在価値があります。お花をいけるとなお一層美しさが増すのはいうまでもありませんが、並べているだけでも部屋にリズム感を加えてくれるのです。よくインテリア雑誌などでは、オブジェとともにいろいろな形のベースがリズムよく並べられていると思います。ベースは、フラットな印象のお部屋に彩りを添えてくれるありがたい存在。
自分好みのかわいいベースを見つけたときは、中にしまいこまず、ディスプレイアイテムとして使ってみましょう!

モビール


https://www.instagram.com/tessahop/

モビールは、よく赤ちゃんのいるご家庭では見ることがありましたが、最近では子供の有無にかかわらずお部屋に飾る方が増えてきました。こちらの写真でつかわれているようなおしゃれなモビールは、部屋に動きと彩りを添えてくれる美しいアートインテリアの一つです。
モビールは、吊るすことで部屋の上半分に設置されることが多いので、ぽっかりと空いてしまいがちな部屋の上半分をかわいく埋めることができるのもいいですね。また、風によってなびき、動くことが人間の心を落ち着かせてくれます。
アーティスティックなものであったり、ポップなものであったり、シックなものであったり…いまは多くのモビールが販売されています。実はご自身でも簡単に作ることができますので、気負わずトライしてみてくださいね!

関連記事