上品さが香る和室コーディネート。お薦めインテリア特集

自宅の和室の扱い方に困っているという方もおおいのではないでしょうか。洋室であれば似合うインテリアはたくさんありますが、和室となると普通のインテリアショップに売っているようなオシャレなインテリアは浮いてしまうこともありますよね。そこで今回は、そんな和室をオシャレにできるおすすめのインテリアをご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

インテリア選びに苦戦してしまいがちな和室


https://www.instagram.com/p/BpV_4_8lC7G/media/?size=l

日本人なら誰もがそこにいると落ち着くと感じる和室。
そんな和室に合うインテリアを選んで、お部屋を落ち着きのあるオシャレな空間にしたいと思いますよね。もしくは、和室にインテリアを置きたいと思っているけれど、和室の雰囲気を壊すことなくインテリアを配置するためにはどうすれば良いのだろう…と悩んでしまっていませんか?

和室にインテリアを置くと置くものによっては印象が大きく変わってしまう可能性があります。どうせ置くなら和室の雰囲気を壊さず、落ち着ける雰囲気のインテリアを選びたいですよね。
これから和室にも合うインテリアをご紹介していきたいと思います。
ぜひ参考にされて、オシャレで落ち着く和室を作って下さいね。

和室に合うインテリアはどこで買うのがいい?


https://www.instagram.com/p/BpWPNkJAbye/media/?size=l

和室に合うインテリアって専門店でしか売ってないと思っていませんか?
やはり味のあるインテリアや趣のある小物などは古物商などにいけば、アンティークの棚やランプなど和室にピッタリなインテリアを見つけることができるでしょう。

でもそこまで手をかけたくないという方は近くのホームセンターや家具屋さんに行ってみてください。素材選びをしっかりすれば、和室に合うインテリアもきっとあります。木のぬくもり、布の温かみを感じられるインテリアもIKEAやニトリにもありますので、ぜひ足を運んでみてください。

またネットショッピングも活用してみてください。「和室 インテリア」と入れて検索すると照明から引き出し、ローテーブルや掛け軸などさまざまなアイテムが出てきます。実際に見て手にとって購入することはできませんが、手っ取り早く和室インテリアを購入したいならおすすめです。

和室に合うインテリアを選ぶ際のポイントとは

天然素材の物を選ぶ


https://www.instagram.com/p/BpUY_iTjXls/media/?size=l

和室は、イグサの畳、木の柱や枠、紙の障子や襖など、自然素材で構成された空間です。壁紙も、それらのテイストにあわせて天然素材のものを選ぶことで、しっくりと馴染んでくれます。
まずは素材感をヒントにインテリアを選ぶと失敗はしません。
カーテン・ソファなど、お部屋のメインとなるインテリアにビニール素材を持ってくるより、天然素材のものを持ってくることで和室にインテリアがマッチします。
また小物もプラスチックのものを選ぶより、木や麻でできたものを選ぶといいでしょう。もし天然素材を持ってくることが難しかったら、天然素材風のものを選ぶようにすると良いでしょう。
最近の技術は素晴らしく、あたかも天然素材でできているような風合いのアイテムもたくさんあります。ぜひ吟味してみてください。

和の色でセンスアップ


https://www.instagram.com/p/BpRhxfNHMqq/media/?size=l

センスのいい和室を作るには色使いも重要です。例えば洋服と和服では合わせる色が違うように、洋室と和室でも似合う色が違います。

和の色には、藍色、鼠色、緋色、浅葱色、鶯色、若竹色など、素敵な名前がついています。かなり濃い色も多いのですが、特徴は彩度が低いことがあげられます。彩度とは鮮やかさのことを言い、彩度が低いと品よくまとまるので、かなり濃い色でも落ち着いた和室が作れます。

和室には、洋室ではあまり使わない濃い鼠色や金、銀も似合います。部屋全面に使うのにはちょっと勇気が必要ですが、床の間や、壁の1面だけにアクセントで使うのなら気軽に取り入れることができます。他にも、深く渋い赤の弁柄色、深い海のような藍色などもあり、どれも和空間を美しく引き立ててくれます。和の色を上手に取り入れて和室をセンスアップしましょう。

インテリアは背の低いものを


https://www.instagram.com/p/BpWHwOzH33n/media/?size=l

和室には低い生活スタイルがマッチします。ベッドではなく布団、ダイニングテーブルではなくちゃぶ台が似合いますよね。
ソファーもローソファーのほうがしっくりきますよ。高さを低くすることで落ち着きがでます。背もたれもハイバックのような高いものではなく、全体的に低いフォルムにすることでよくなじんでくれます。

冬になるとこたつで暖を取るという方も多いと思います。そんなときにもローソファーのほうがいいですよね。
ソファーに限らず、他のインテリアも背の低いものを選ぶようにしてみてください。そうすることで小さな和室でも広々見えてきます。

照明にもこだわって


https://www.instagram.com/p/Bmuzjx3ngC6/media/?size=l

和室の照明と言えば、電球色(暖色系の光の照明です)の照明を使えば昭和レトロな空間にしてくれ、落ち着いた雰囲気のお部屋になりますよ。
和室が居間としてだけではなく、客間や寝室として多目的に使うのであれば、間接照明なども置いて、光源は電球色に統一しましょう。ただ単に明るければいいというわけではなく、部屋の用途や雰囲気にふさわしい明るさがあるので、用途に応じて選んでみてください。また照明選びも和紙や木の素材が使われているものを選ぶとよりお部屋にマッチしますよ。

和室の照明器具でペンダントタイプを選ぶ時には、高さを意識してみてください。和室は畳の上に座るので、目線の高さが洋室より40cmほど低くなります。和室の天井高が低めだったり、飾り物を床の間などの低位置に置くのも、この目線の高さにあわせているからなのです。
床に座る空間では、照明器具も洋室より低めの位置に吊り下げれば、落ち着き感が出るだけでなく、照明器具が主役級の存在感を放つ、おしゃれな雰囲気の和室になります。
和室にはあんどんのような背の低いフロアランプも似合います。全体照明を消してフロアランプだけ点灯すれば、そこだけ切り取られたような趣のある空間が演出できます。

和室に馴染むおすすめインテリア特集

折りたたみ座卓 ちゃぶ台


https://item.rakuten.co.jp/kagu-stepone/10007805/

和モダンな丸型テーブルは和室によくなじみます。円卓を囲み家族が会話しているのが容易に想像できますよね。
ザ和室を作りたいのなら欠かせないアイテムです。濃いブラウンなら高級感と落ち着いた雰囲気を、ナチュラルなら他のインテリアとも合わせやすく優しい雰囲気にしてくれます。
シャープなデザインのリビングテーブルなので和洋どちらにもフィットしますよ。

和風衝立

関連記事