恋を叶える♡引き寄せの法則を使って恋愛成就する方法

スポンサーリンク

恋愛は引き寄せの法則を使えば上手くいく!

一生懸命行動しているつもりなのに、なかなか上手くいかない。それどころか逆に上手くいかない気がしてきた。仕事も恋愛も良いことを引き寄せて、思い通りの人生を歩みたいって思いますよね。

そこで、取り入れたいのが「引き寄せの法則」!引き寄せの法則を恋愛に活かすことが出来るんです。

今、あなたの周りにあるものは、すべてあなたが引き寄せたもの。自分の周りに嫌な人がいたり、今のあなたの環境が嫌なものであっても、それらも全てあなたが引き寄せたものなんです。この法則を知らないと、なぜ周りに嫌いな人がいるのか正しく理解ができず、その状況を脱することもできません。そればかりか、苦しい状況の中にいると、不平や不満、怨みや呪いなど、「悪いこと」ばかりを思ってしまうものなので、それだとますます悪い状況を引き寄せてしまいます。

その悪循環を断ち切るには、「引き寄せの法則」を正しく知り、その法則にしたがって実践をすることが大切!引き寄せの法則をマスターすれば、あなたの思い描いた理想的な未来が、どんどん現実になっていきます。

引き寄せの法則は身近なものなんです!

成功している芸能人や有名人。彼らも引き寄せの法則を使っています。有名なところでは、フィギュアスケートの羽生選手!彼はソチオリンピック以前から、金メダルの画像をよく眺めていたそうです。結果、見事金メダルを引き寄せましたよね。

また、引き寄せの法則を知らずに使っていた例としては、サッカーの本田圭佑選手です。小学校の卒業文集に、「僕は大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいというよりなる。」と書いていたそう。「なりたい」ではなく、「なる」と断言しているところは、まさに引き寄せの法則そのものです!

また、イチロー選手も卒業文集で、「一流のプロ野球選手になる」と書いていたというエピソードをご存じの方も多いのではないでしょうか?「そのためには、、、」と文章は続き、夢を叶えるための細かな行動を実践していると書いています。

そもそも「引き寄せの法則」ってどんなもの?

「引き寄せの法則」は、すべての人の人生に働いている法則です。一言でいうならば、「心で思っていることが引き寄せられる」という法則です。「引き寄せの法則」とは、それ自身に似たものを引き寄せるということです。ことわざでいえば「類は友を呼ぶ」ということ!望むと望まないとにかかわらず、病気だと思えば病気になり、元気だと思えば元気になります。太っていると思えば太り、やせていると思えばやせます。貧乏だと思えば貧乏になり、豊かだと思えば豊かになります。

注意点としては、「引き寄せの法則」は「ない」という否定を認識することができないというもの。つまりは、病気になりたくないと思ったとしても、「ない」を認識できないので病気になり、太りたくないと思えば太り、貧乏になりたくないと思えば貧乏になります。なので、「私は健康だ!」「私は痩せている!」「私はお金持ちだ!」といったように、必ず肯定形で考えることが大切なんですよ☆

引き寄せの法則は、その本質を知らないと「単なるおまじない」「インチキ」になりかねません。引き寄せの法則を発動させるためには「確信」がキーポイントになるからです。簡単に言うと、心のどこかで「信じられない」という観念があった時点で、望みの現実を引き寄せることは不可能になるという原理です。

引き寄せの法則の歴史

日本で「引き寄せの法則」が有名になったのは、2007年。その年、エスター・ヒックスと、ジェリー・ヒックスの『引き寄せの法則』が日本で出版され、同じく「引き寄せの法則」について書かれたロンダ・バーンの『ザ・シークレット』も出版されました。それ以来、自己啓発の分野で、「引き寄せの法則」という言葉が流行しました。書籍は50か国で訳され、2000万部以上売り上げているんです。19世紀半ばにアメリカ合衆国で生まれたキリスト教の異端思想であるニューソートに始まり、ニューエイジで広まった、思考が現実になる・精神が物質化するという積極思考が再び注目を集めるきっかけとなりました。実は「引き寄せの法則」というのは、100年以上前から存在しているのです!

それまで、日本では知られていなかったこともあり、この法則をまったく新しい法則であると考えている人もいるかもしれません。でも、実は英語圏では「law of attraction(引き寄せの法則)」という用語は、かなり以前から使われているんですよ。

引き寄せの法則を使って素敵な恋愛をする方法とは

まずは難しく考えずやってみましょう!思考にクセづけをすると、自然と引き寄せマスターになることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました