断捨離と恋の成功確率の法則を見つけた!恋にもたらす驚きの効果とは?

スポンサーリンク

「断捨離」と「恋愛」の関係性とは

2010年に流行語となった断捨離。当時かなり流行りましたよね。断捨離という目新しい言葉に惹かれて、一度は実践された方も多いのでは無いでしょうか?

断捨離は、2010年にやましたひでこさんが発表した、「新・片づけ術断捨離」という本によって生まれた言葉ということはご存じでしょうか。最近は「ときめく」片づけの「こんまりメソッド」の近藤麻理恵さんを代表に、色々な方が片付け本を出版していますが、その流れを作り出した本だと言えるでしょう。

断捨離という言葉は、

・断つ:不要なものを購入することや、他からもらう事を断つ
・捨てる:不要なものを捨てる
・離す:ものへの執着から離れる

この3つが組み合わさって生まれた言葉で、ヨガの用語である、「断行」「捨行」「離行」の3つが元になってできた言葉です。

断捨離とはつまり

断捨離という言葉を生み出した、やましたひでこさんの断捨離公式サイトでは、この断捨離という言葉の説明として、

「モノの片づけを通して自分を知り、心の混沌を整理して人生を快適にする行動技術」

と、説明されています。単なる片付けとは異なり、心の中を雑念やあふれる情報の波から解放していく効果も期待できるんですね!

今自身が持っている物は、習慣化して集めてしまったもの。なので一時的にだけその物を手放すことが目的なら業者にお願いすれば綺麗に片付けることができます。

しかし、それは自分の意思で行ったことではありませんよね。自分自身の心の状態が変わらなければ、いっとききれいに片づけたとしても、また同じ状態に戻ってしまう可能性が高いと言えるわけです。

こう考えると、断捨離とはつまり、心をシンプルにしていく作業とも言えるのではないでしょうか。

恋愛は執着と紙一重

ここで、出てくるのが恋愛です。恋愛をするということは、執着と紙一重な部分があります。相手に心を寄せる。つまりは相手に対して執着するということになりますね。別の視点でのマイナスな言い方をしてしまうと、こちらがいくら好きでも、相手にその気がなければ、相手からすれば執着をされていることになります。

純粋に相手を想っているのか、それともただの執着なのか、見極めるときに必要なことは、客観的に状況や自分を見つめる視点です。

必要か、そうでないのかをジャッジする断捨離は、自分の心の状態を客観視しないとできない行為です。冷静に自分の気持ちとそこにある物についてを見極め、適宜断捨離をすることは、つまりは恋愛においては自分の気持ちが愛なのか?それとも執着なのか?を見つめなおすきっかけにつながるのです。

断捨離をすることで得られる恋愛の効果とは?

さて、そのほかに恋愛が断捨離とどんな結びつきがあるのかを考えていきましょう。

1に言えることは、断捨離をすることによって、運気があがるということです。運の良さというのは、自分にはコントロールできないもの、確率論だと思われがちですが、自分でコントロールできる運もあります。

「引き寄せの力」というのを聞いたことがありますか?断捨離をすると不要なものが目に入らなくなり、また自分が過ごす空間も整理されたものになるので、精神的なリラックスを手に入れることができるようになります。これによって、リラックスした人だけが気づけるポイントが自然と見えてきて「引き寄せの力」を使えるようになるのです。

人との出会いもこの「引き寄せの力」によるものなのは明確ですよね。断捨離することで得られるリラックスした気持ち、それにより生じる「引き寄せの力」、そしてその力があなたの出会い、恋愛に新たな風をもたらします。

そう考えると、一見運勢任せの運気も、断捨離によって自分でコントロールすることができると考えられそうですね!

タイトルとURLをコピーしました