【臆病な恋愛】一歩が踏み出せない…告白する勇気、前向きになる方法

スポンサーリンク

誰しも恋愛に対して少しは臆病になってしまうもの

誰もが1度は経験する恋愛は積極的な人もいれば、臆病な人もいます。その人が持っている性格的なものもありますが、臆病になってしまう原因はさまざまです。

「恋愛して傷つくのが怖い」「裏切られるかもしれない」「振られるのが怖い」そんな思いがあって恋愛に臆病になる人も多いのではないでしょうか。

恋愛に対して臆病になってしまう理由とは?

恋愛に対して臆病になってしまう原因はさまざまです。なぜ恋愛に臆病になってしまうのかまずは理由を探ることが大切です。

恋愛に対して臆病になってしまう理由①過去のトラウマが原因

恋愛に対して臆病になる原因の一つとして過去の恋愛がトラウマになってはいないでしょうか?過去のトラウマは浮気をされたり、お金が目的だったり、大切にされていなかった恋愛などいろいろあります。

そのようなトラウマは自分への自信のなさに繋がってしまうので、一度自分を見つめ直すことが大切です。自分が魅力的ではないから振られたと思い込んでしうと次の恋愛へ進めず、臆病になっていく人がほとんどだからです。

恋愛がしたいのであれば、自分への自信のなさを根本的に直していく必要があります。自分に自信がないのであればその弱点を知り、一つずつ乗り越えていくことが解決へと繋がります。

恋愛に対して臆病になってしまう理由②自分に自信が持てない

人は少なからず自分に自信が持てない人もいます。中には深く考えすぎて自分がイヤになってしまう人もいるでしょう。

「自分から好きと言っても相手は迷惑に思うはず」「自分のことを好きになってくれる人なんていない」「どうせ私なんか」と思っている人は自分に自信が持てず、恋愛に対してもどんどん臆病になっていきます。

しかし恋愛をしたいのであれば、その「私なんか」を「私だって」と思えるように努力することも大切です。努力をすれば自信を持って「私なら大丈夫」と思うこともできるのではないでしょうか。

恋愛に対して臆病になってしまう理由③恋愛経験がない

そもそも恋愛経験がなくて臆病な人もいます。恋愛に対しての免疫がなく出会いがあっても引っ込み思案になってしまうのです。

異性のことがわからないため「怖い」と先入観を抱いている可能性もあります。異性と話すときに緊張したり、怖いと思ってしまう人は素直にその気持ちを相手に伝えることも大切です。

「緊張している」気持ちを伝えることができれば精神的な不安も落ち着きますし、無理に話さなくても相手も不快に思いません。不快に思わないどころか、気を使ってやさしく接してくれるでしょう。

まずは先入観を捨てる努力をして、あまり気張りすぎないようにしましょう。

恋愛に対して臆病になってしまう理由④自分と釣り合わないと思ってしまう

相手がイケメンだと見た目が釣り合わないかもと臆病になってしまう人は多いでしょう。オシャレな異性が目の前に現れると躊躇してしまいますよね。

すべての男性がそうではありませんが、外見がすべてではありません。清潔感や雰囲気がタイプの人もいれば、話が合う人が好みの人もいます。逆の立場でも話が合うとまた会いたいな、と思いますよね。

自分に自信を持って異性と接することを心がければ魅力的に見えるので、堂々とするように心がけましょう。

恋愛に対して臆病になってしまう理由⑤本気で人を好きになったことがない

いつか別れがくるのが怖くて本当に人を好きにならないように心にストップをかけていませんか?

告白しても振られたときのことを考えたり、どうせ別れるなら初めから付き合わない方がいいと思って恋愛に踏み切れない人は多いのではないでしょうか。

振られるかも、別れるかもはあなた次第と考えましょう。「すべて私次第」と考えられれば気持ちもラクになるはずです。

タイトルとURLをコピーしました