40代が失敗しない着物の色や柄は?ヘアセットはどうすればいい?

着物の種類や柄と使い分けについて

一言で「着物」と言っても、その種類は様々でTPOや格式によっても使い分けがあります。せっかく着物を着てみたいと思っても、よく分からず不安な方もいらっしゃることでしょう。40代女性にありがちなシーン毎に、着物の種類や色柄を選んでみましたので少しでもお役に立てれば幸いです。

これからがシーズン!卒業式・入学式の時は?

どちらも主役はお子様であり、教育という場での「式」であることをわきまえて、控えめな装いを心がけると間違いはないでしょう。

ヘアセットも、きちんとした印象に仕上げるとバランスが取れて、40代のお母様らしくとても素敵な着物姿となります。

着物の色味としては、卒業式なら深みのある落ち着いたグレー系やブルー系が40代くらいのお母様方には人気です。場に馴染み、違和感なく着こなせます。

入学式なら、春を意識して淡いピンクや藤色などが上品で華やかさも加わります。

着物の種類としては、「色無地」や「付け下げ」といったものがおすすめです。

『色無地』

地紋のある、または地紋のない白生地を一色に染めた着物のことを言います。

合わせる帯によって格が変わってくるので、各種式典やパーティーなど一枚あると幅広い場面で着回すことが可能です。

お子様の門出という意味では、地紋は「吉祥文様」がよろしいのではないでしょうか。

色無地は日本人の奥ゆかしさというものが、よく表れていると感じます。遠目に見たらただ一色の着物に見えても、実は文様がちゃんとあるって密かなオシャレ感を楽しめますよね!色味に関係なく40代を過ぎても、充分着ることが出来ます。

『付け下げ』

付け下げの歴史は第二次世界大戦下において、訪問着を簡略化した着物として考案されました。控えめでありながらも柄の種類は多く、着物通の方に好まれているものと言えます。こちらもまた、帯次第で訪問着のようにも、小紋のようにおしゃれ着としても着られるので大変重宝します。お値段がお手軽なことも魅力の一つだと言えるでしょう。

柄は、季節の草花や山水と呼ばれる自然風景を文様化したものなどが、失敗もなくてよろしいのではないでしょうか。特に入学式では「桜柄」が入っているものですと喜ばしさもひとしおですよね!付け下げも年齢を問わず、40代以降も充分楽しめる着物です。

【訪問着を着てはいけないの?】

昔ながらの呉服屋さんや、私のように着付け教室に通ったりしていると、あまりおすすめはされないケースがあるかもしれません。しかし最近の傾向としては「訪問着」もアリのようです。そうは言っても、前述したように主役はあくまでもお子様ですので、お母様は優しく品のあるもの、落ち着いた知的な色や柄を選ばれることが賢明だと言えるでしょう。

*「訪問着」は留袖に次ぐ、準礼装になります。こちらは結婚式などの一段と華やかで、よりおめでたいシーンでの着物の位置付けと頭の隅に置いておくといいかもしれませんね。

【帯はどんなものを合わせる?】

金糸や銀糸が入ったものは、結婚式などの慶事のイメージが強いです。また今回の場合のお子様とのバランスを考慮しますと出来れば避けたいところです。袋帯の刺繡が施してあるものでも充分華やかさが出せますので、ここは40代のお母様としての気品を大事にしてはいかがでしょうか。

【草履とバッグはどうする?】

この場合は、やはりフォーマルタイプをおすすめします。手荷物は出来るだけ少なめにしておきましょう。後から色々と持たされますので。(笑)

観劇やコンサート、食事会などのシーンでは?

観劇やコンサート、食事会などのシーンではあまり気負わず、小紋を着てみてはいかがでしょう。

小紋は洋服で言ったらワンピースのような感覚で着ていただけるものです。こちらは本当に色柄が豊富で迷ってしまいますが、それもまた皆さんのセンスを活かせるのではと言えますね。

『小紋』

私の知り合いに、学生の頃トランペットを習っていた方がいらっしゃいます。その方とは着物を通じて知り合ったのですが、ある時の食事会でトランペット柄の小紋を着ていらした時にはびっくりしました!

とても個性的でオシャレで、皆さんから注目の的でした。このように洋服とはまた違った楽しみ方も出来るのが小紋の魅力です。

街歩きや旅行におすすめのものは?

昔は庶民の日常着として着られていた紬。木綿の生地でとても暖かなのが魅力です。紬は軽くて水にも強いのが特徴なので、街歩きや旅行の際のお供には適しています。

『紬』

現在は作り手の減少により、希少価値が高くなってきているのですが、基本は街着としての扱いになります。しかし最近では、後染め紬の訪問着なども作られるようになり、着ていく場所や用途が広がりつつある着物です。

私は個人的に大島紬の大ファンなのですが、今では高級品なってしまったのが残念です。

【帯はどんなものを合わせる?】

かしこまった席でなければ、名古屋帯と言われるもので充分に楽しめます。袋帯よりも短いく、扱いやすい帯です。デザインも従来のものにこだわらず、ユニークな帯もたくさんあるので、最初は帯で遊んでみるというのも私のおすすめです!

【草履とバッグはどうする?】

この場合の草履は何よりも歩きやすさが最重要視となります。バッグはわざわざ着物用などと意識せずに、普段持っているものの中からその時の着物に合いそうなバッグで代用される方が多いです。お手持ちのバッグを是非見直してみましょう!

40代女性の着物に合うヘアセットは?

スッキリとまとまったヘアセットは、着物姿をより美しく引き立てます。

着物の種類に応じて、ヘアセットも変えてみるといつもと違った雰囲気を楽しめるでしょう。

オーソドックスな夜会巻き

洋風文化が一気に広まった明治時代(鹿鳴館時代)から流行した束髪のヘアセットのことを言います。髪を位置ごとにブロッキングして結い上げる工程が、従来の日本髪と共通しているので当時から特に好まれたようです。そして現在に至るまでベーシックなまとめ髪のヘアセットとして高い支持を受けています。

お子様の卒業式や入学式でもきちんとした印象のヘアセットで、40代女性の上品さをきっと表してくれることでしょう。

まとめ髪のアレンジ

夜会巻きですと、どうしても式典や結婚式などといった、きちんとしたシーンの時の基本的なヘアセットといった印象があります。食事会や街歩きの時などは、ちょっとアレンジを加えて楽しんでみることもおすすめです。

普段は仕事や家事に忙しい40代だって、時にはヘアセットをアレンジして若々しい女性を目指したいですよね!

ショートの場合のヘアセットは?

私は40代くらいの頃から、髪をバッサリショートにしました。不器用なため自分で長い髪を上手くまとめることが出来ず、着物の時はホットカーラーでボリュームを出してみたり、髪飾りなどを使って何とか自分でヘアセットをしています。

気軽にお出かけするようなシーンであるなら、是非ご自分の髪でもヘアセットにチャレンジしてみてはいかがでしょう!

40代女性が着物を着る際に必要な小物類

着物を着てみたいと思っても、この「小物類」が最初の難関になる方も少なくはないと言えます。正直なところ、それぞれの小物のお値段もそれなりにするんですよね。

しかし最近では、そういった小物類も全てセットになっていてお値段も比較的お手頃だったりするレンタルも登場してきています。卒業式や入学式の時などにはそちらを利用してみるのも、一つの方法ではないでしょうか。

肌着類

「肌襦袢」「裾よけ」などといった直接肌に触れる、一番下に身につけるものです。

長襦袢

着物のすぐ下に着るもので、裾さばきの良い、表地となじむ生地がおすすめです。

また結婚式や各種式典といったかしこまったシーンでは、必ず「白色」を着るのが決まり事となっています。それさえ守ればあとは自由ですから、着物と同じように柄物の長襦袢でも全く問題ありません。

長襦袢もオシャレなものをたくさん持っている方を私は何人も知っています。着物だと少し抵抗がある柄でも、長襦袢ならチラッとしか見えないのでこれもまた隠れたオシャレの一つと言えますよね。着物の世界では40代なんてまだまだ若い世代なので、思いっきり楽しみましょう!

実用小物類

  • 足袋
  • 帯板
  • 衿芯
  • 帯枕

着物を着るにあたって、必要な小物類です。着付けてもらうお店や人によっても多少の違いがありますので、事前に確認しておくと安心ですね。

「伊達締め」「腰紐」

最近では伊達締めがマジックテープになっているものもあります。着付ける際に便利だということでしょうが、従来の布製のものは自分で着物を着る時にはこちらを使用することが多いのではと私は感じています。腰紐は場合によっては、5本以上使用しますので多めに持っておくと安心です。

その他に補正として、タオルなども必要になるので、併せてこちらもお店などに確認しておくと良いでしょう。

装飾用小物類

  • 帯揚げ
  • 帯締め

着物の総仕上げとも言える小物類です。それぞれのバランスも大事ですし、帯揚げや帯締め一つでガラリと印象が違ってきます。

大事な役目を果たしているものですので、40代の皆さんにはその辺りを理解した上でお好みのものを探していただきたいですね。

40代女性が着物を着た際のマナーや振る舞い方は?

今まで着物を着る機会がなかった方でも、40代くらいの年齢だと、他人からはどうしてもそれなりに見られてしまいがちです。ここでは簡単ではありますが、着物の時の注意点などをご紹介させていただきます。

アクセサリーはNGなの?

「着物の時はアクセサリーを付けない」などと聞いたことがある方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。それはアクセサリー自体が西洋から来たものだということが影響していたとも考えられていました。しかし若い方を中心にそのような考え方には捉われず、着物を楽しむ時代となってきました。

ただその点では40代の私達には少し注意が必要です。着物の「格」に見合ったものを身につけると、一層上品さが増してとても美しさが感じられます。その辺りに気を配れば腕時計をしても私は構わないと考えます。その他に指輪やイヤリング、ピアスなら小ぶりなものにするなどして、40代ならではのおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

歩く時の注意点は?

まずは基本となる歩き方ですが、背筋を伸ばし歩幅はいつもよりも小さめにして歩きましょう。階段の上り下りでは、右手で上前を持ち、階段に対して体を斜めにすると足が見えずに綺麗です。

食事の時の注意点は?

特に食事の際では、何かものを取ったり誰かに手渡したりする機会があります。そのような時には、腕がむき出しにならないように、袂を押さえるようにしましょう。

これは、吊り革などにつかまる時にもそうです。このような些細なことがより美しい所作に繋がり、40代のあなたの魅力的な着物姿を引き立たせますよ!

シーンに合った着物を着て、マナーよく振る舞いましょう!

今どきの着物屋さんでは「洗える着物」といったものを、取り扱うようになってきました。素材はポリエステルですが、ものによっては正絹と見分けがつかない雰囲気の着物もあります。もちろんお値段も40代のお金がかかる時期には優しい価格となっています。

雨の日などには重宝しますので私も持っています。手始めにこのような着物から着てみてはいかがでしょうか?ちょっとしたお出かけなら、遊び心のある柄でも楽しむことが出来ますし、最近は動物柄が流行っていて、私は現在「猫柄」にはまっています!

40代でもそれよりもっと年齢が上の方も、皆さんそれぞれの個性を出しているので見ていて飽きることがありません。

大人の女性の美しい所作

着物はちょっと難しいと考えがちですが、洋服とは勝手が違うことを意識して、ご自分が思い描く美しさを頭に浮かべてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、自ずと内面の美しさがにじみ出てくるはずです。40代の女性が放つ輝きを、是非着物を着て美しい所作で表現してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました