すっきりとした印象に♪50代女性に似合うベリーショートスタイルとは

髪質やボリュームに変化が現れてくる50代女性のヘア。これまでの髪型が何となく馴染まなくなってきて、どんな髪型にすればいいのか悩んでいる…そんな方もいるのではないでしょうか。そんな50代女性におすすめなヘアスタイルがベリーショートです!今回は50代女性に似合うベリーショートスタイルについて詳しくご紹介していきます。

公開日:

髪質やボリュームに変化が現れる50代


https://www.instagram.com/p/Bn5vT-GHxXr/?hl=ja

色々な変化が見られるようになる50代。それまでコシやハリがあり、ボリュームや毛量が多かった人ほど、50代になる頃から少しずつ変化し始める髪のコンディションに気づくのではないでしょうか。

歳をとることは避けられなくても、ボリュームの出にくくなった髪を素敵に見せる方法はきっとあるはず!それを探すために50代では髪にどんな変化が起こるのかを見ていきましょう。

白髪が増える


https://www.photo-ac.com/main/detail/1539441?title=ヘアスタイルが決まらない女性

50代を迎える頃、体の新陳代謝を高める働きをしてきた「成長ホルモン」の分泌量が少しずつ少なくなってきます。日頃のストレスや睡眠不足が蓄積されて、眠りが浅くなったり途中で覚醒したりすると、成長ホルモンがしっかりと分泌されなくなります。そのため黒髪に白髪が交じり始めるのです。

また、女性ホルモンも徐々に減っていきます。女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛の成長を促進する働きと血管拡張作用があるため、女性ホルモンが活発に分泌されていれば栄養が届きやすく白髪になりにくいのですが、50代を迎える頃にはそれらのホルモンが減ってくることで血管拡張作用が弱まり、栄養が頭皮に届きにくくなって白髪になるのです。

ハリ、コシが出にくくなる


https://www.photo-ac.com/main/detail/1606252?title=ドライヤーで髪を乾かす女性2

髪は1か月でおよそ1.2cm伸びると言われています。そして一定の期間が過ぎると、退行して自然に抜け落ち、抜け落ちたところからまた新しい髪が生えてきます。

この周期を「ヘアサイクル」といい、健康な髪の場合、約4~ 6年かけてヘアサイクルが1周します。

年齢を重ねると、髪が元気に成長する期間が短くなり、まだ細い毛のうちに抜け落ちてしまうのため、「髪がやせてきた」「少なくなった」と感じるのです。

ヘアサイクルに変化が現れること。これが女性の薄毛の特徴です。髪全体のサイクルが変化するため、男性の薄毛のように部分的に髪が薄くはなりませんが「ボリュームがなくなった」「根元が立ち上がらない」といった悩みが増えてきます。

さらに歳を重ねるとともに、髪の毛の生え方も変化します。若いころはひとつの毛穴から3~4本のしっかりした髪が生えているのに、加齢とともに、それが1〜2本に。さらに老化が進むと、一本一本の毛髪が細くなってくるため「髪が薄くなった」「地肌が目立つようになった」などと悩みが増えるのですね。

これらを少しでも防ぐためには、頭皮を健康に保って血行をよくすることが大切と言われています。

うねりが出るようになる


https://www.photo-ac.com/main/detail/1539440?title=髪をとかす女性(困る)

髪のうねりの原因は、親からの遺伝による先天性のものと、若いころは真っすぐだった髪質が、年齢を重ねるごとに変化してくる後天性のものに分けられます。

統計によると日本人の9割は直毛で生まれてくると言われているので、うねりに悩む大半は後天性のものと言えるでしょう。

髪の毛一本一本が生えている頭皮の毛穴は直毛の場合、もともとキレイな円形をしています。キレイな円から生えている髪は、髪の断面も丸くダメージに強いものです。

しかし、クセ毛の場合は毛穴そのものが楕円形をしているので、髪の断面も楕円あるいはいびつな円形になり、ダメージを受けやすくうねりやすい形状になってます。

もともとはキレイな円形の毛穴だったとしても、加齢による頭皮のたるみや硬化によるもの、ストレスやホルモンバランス、自律神経の乱れなどによっても頭皮の毛穴は歪んでしまいます。

また、意外と忘れられがちですが、シャンプーやリンスなどのヘアケア剤のすすぎ残しや、余分な皮脂などの汚れが詰まり、毛穴の変形を起こすことでうねりが出ることもあります。

髪の悩みを解決するには

「50代だし仕方がない」・・・と諦めるのはまだ早い!この先も続く髪の毛との付き合いを悩みだけに変えないように、この50代で今までの悪い習慣を直して髪をいたわってあげましょう。手をかければきっと髪も変化してくるはずです。

■シャンプーはゴシゴシと洗い過ぎない
■シャンプーリンス、トリートメント類は洗い残しの無いようにする
■シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かし、頭皮を濡れたままにしない
■紫外線による乾燥を防ぐ
■ブラッシングをマメにして、頭皮の血行をよくする
■睡眠時間は成長ホルモンを出すのに大切な時間なので、睡眠をしっかりとる
■女性ホルモンの減少を防ぐために、バランスの良い食生活を送る

これらは当たり前のようでいて、意外と見落としがちな事柄ばかりです。もう一度自分の生活習慣やシャンプ−の仕方を見直してみましょう。

50代女性には「ベリーショート」スタイルがおすすめ!

ベリーショートと一口で言っても、どの長さをベリーショートと認定するのかは人によってまちまちです。ショートスタイルが長かった人は、ベリーショートなら耳が完全に出て、襟足も刈り上げるくらいがそのスタイルと思うことでしょう。

ロングヘアからショートヘアにイメージチェンジする人ならば、ボブよりちょっと短いくらいでも、その人の中ではベリーショートと感じるかもしれません。

ベリーショートスタイルにするのはどんなところが良いのでしょうか?

ボリュームが出やすいから


https://www.photo-ac.com/main/detail/1143066?title=美容室でショートカットにする女性

ボリュームやハリコシが無くなってきた髪は、ロングヘアではペタッとしてますますボリュームの無さが目立ってしまいます。

ベリーショートにすると、カットとパーマで頭頂部分をふんわり仕上げ、前髪に流れを作れば自然とボリュームがアップします。軽やかで扱いやすいベリーショートで、ぺたんこ髪を克服しましょう。

形を作りやすいから


https://www.photo-ac.com/main/detail/171652?title=ブラシとアイロン1

ベリーショートヘアは何といってもドライヤーで髪を乾かすのが楽です。ロングヘアだと30分くらいかけて乾かしていたのも、べりーショートのヘアスタイルの場合は5分で終了!ということも。とにかくあっという間に乾いてしまいます。

乾かすのが簡単なので、形を作るのも簡単。手ぐしで毛の流れを作り、ある程度乾かしたらワックスなどをつけておけば綺麗なスタイルがキープできます。

ただしベリーショートヘアは夜にシャンプーした場合、しっかりと乾かして眠るようにしましょう。生乾きのまま寝てしまうと、朝の時点で寝癖がつきやすかったり、頭の形の影響を受けやすかったりもするので気をつけてください。もともとストレートの人はパーマをかけてしまうこともおすすめです。

50代女性がベリーショートにするメリット・デメリット

メリット1 :とにかく扱いやすい

関連記事