夏休みに行きたい!子供も大満足なおすすめ旅行先特集

毎年やってくる子供の夏休み。どこか旅行に行きたくなりますが、子供がいると大人の都合だけで行先を決めることはできませんので、旅行先選びにも時間が掛かってしまいがちです。そこで今回は、夏休みに子供を連れての旅行としておすすめな旅行先をご紹介していきます。子供はもちろん、大人にとっても素敵な思い出になる旅行をしましょう!

公開日:    最終更新日:

長い夏休み!子供を連れてどこか旅行に行きたい♪


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK33_eibunichiretuninatte_TP_V.jpg

長期間の休みである夏休みだからこそ、たくさん子供と思い出を作りたいですよね!
子供にとっても、いろんなところに行ったという経験は、きっと大人になっても忘れることはないでしょう。

子どもたちにとって、夏休みは勉強や運動に励むだけでなく、ふだんできない経験ができる貴重な日々を有意義に過ごす為に、みなさんの参考になる旅行先情報をお届けします。

小学生と一緒の旅行の意義・目的

小学生になると年齢や性別だけで一まとめに考えられず、それぞれが趣味趣向を持ち、旅行プランにも子供の希望が反映されるようになります。
友達や家族と共通の楽しみをもったり、逆に子供だけで何かにチャレンジするなど、旅のスタイルも多様化。
広がる選択肢の中から、いかに「我が家」に合ったプランを選び、作りあげていくのかがポイントとなるでしょう。

夏休みは「自由研究」の宿題に役立つ体験も各地、各施設で実施されていますので、旅先ならではの学べる体験をスケジュールに盛り込むのも楽しいです。

夏休みに子供を連れての旅行にかかる平均予算はどれくらい?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N745_zamanohimawaritoaozora_TP_V.jpg

夏休みだし、旅行に行こう!…とは言えど、金銭面の問題にも直結してきますよね。
何をするかにもよりますが、一体世の中の家族旅行の平均はいくらぐらいなのでしょうか?

レジャーの予算トータルは5万円未満が多数

【夏のレジャー予算トータル】
・3万〜5万 … 24%
・5万〜10万 … 23%
・1万〜3万 … 22%
・10万〜20万 … 11%
・未定 … 9%
・1万未満 … 6%
・20万〜30万 … 3%
・30万〜50万 … 2%
・50万 … 0%

とあるアンケートの結果によれば、5万円未満がもっとも多く、次いで10万円未満という回答結果になっています。

ちなみに一人当たりにかかる予算は、3.5千円~1万円未満がもっとも多い結果となりました。

小学生までは飛行機やバスなど交通費は子ども料金なので、少しおトクになり、比較的安くおでかけしやすいので、この時期にしっかり出かけておくのも手でしょう!

【もっともお金をかけるレジャー予算の項目】
・宿泊費 … 33%
・飲食代 … 23%
・施設料、入場料 … 23%
・交通費 … 17%
・お土産代 … 3%
・その他 … 1%

交通費以上に予算が必要なのは、宿泊費や飲食代です。
また、行った先で博物館や資料館、遊園地などに行った場合、意外とかかるのが、施設料や入場料です。
おでかけの際には、施設料なども忘れずに予算に加算しておくと安心です。

もっともお金をかけるレジャーの予算項目について、体験宿泊学習などの「サマースクール」というフリー回答もあるようです。

ちなみにサマースクールは、夏の間の短期語学研修プログラムです。
イギリス、オーストラリア、カナダ、アメリカやスイスなど世界各国で、2~4週間程度、ひと夏の海外生活を体験できるプログラムです。
語学力だけでなく、自主性や協調性、国際感覚を身につけることができるのが魅力です。
国や地域によって予算が異なりますが、子どもが興味を示したら、海外でいろんな体験をさせてあげるのもいいかもしれません。

 
家族でおでかけとなると、予算も限られてきます。
でも、お金をかければいいとか、行った場所ではなく、行ったことで「何を得られたか」が子どもにとっては大事なこと。

それは、家族と過ごす時間だったり、発見や興味が持てるものとの出会いなど。経験したことは、きっと子どもたちを成長させてくれるはずです。

子供を連れての夏休み旅行で気を付ける点


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MIYAKO0I9A0343_TP_V.jpg

成功の秘訣は“早めの予約!”

学校を休ませない限り「ピークシーズン」に旅行せざるを得ません。
そこで肝心なのは「早めの予約」!
例えば同じ行程で同じ宿を利用するツアーでも、各社特典内容や料金に違いがあるため、よく比較して最もお得なツアーを満席・満室になる前に、できれば早期予約の特典(割引など)付きで予約しましょう。

食事の選択は慎重に

小学生の場合、「幼児食」と「大人と同じ食事」を選べる場合がありますが、量だけでなく内容もまったく違う場合が多いので選択は慎重に。

せっかく大人と同じものを用意してもらっても、宿によっては子供が食べにくいメニューが並ぶ場合も。心配ならば事前に内容を確認しましょう。

お子さんの体調不良に気を付けましょう!

もし、沖縄などの暑い気候の土地に行くのであればなおさらですが、本土と沖縄の気候はだいぶ違います。
ものすごく湿気が多いのと外気とエアコンの温度差が負担になります。
お子さんも調子を崩しやすくなるので準備と注意が必要ですよ。

日焼け止めやシャツで子供の肌を守るのは当たり前になっていますが、意外に忘れがちなのが目。
サングラスは大人のもの……と思われがちですが、海外では子供も普通にサングラスをしています。いろんなブランドがありますが、おすすめは子供向けサングラスに特化したアメリカ発のBABIATORS(ベビエーター)。
安全性と耐久性に優れ、加えておしゃれなデザインがポイントです。

夏休み旅行に!子供も大満足なおすすめ旅行先特選


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/anjyu0706IMG_1939_TP_V.jpg

関連記事