【見忘れ注意】屋久島旅行で後悔しない!屋久杉以外の穴場観光スポット

鹿児島県の南部に浮かぶ屋久島。神秘的な屋久杉があり、日本だけでなく海外からも観光客が多く訪れています。屋久島は屋久杉を見るだけではなく、珍しい動物を見られたり、綺麗な海でシュノーケリングを楽しめることでも有名です。今回はそんな屋久島を旅行する際に知っておきたいことや注意点などについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

屋久島旅行の目的や楽しみ方は人それぞれ


https://www.instagram.com/p/Bp359u7jDWu/media/?size=l

世界自然遺産に登録されている「屋久島」

屋久島は、世界自然遺産にも登録されており、日本人なら一度は行ってみたい観光地ですよね。
屋久島といえば、思い浮かぶのはやはり「屋久杉」ではないでしょうか?

ですが、実は屋久島の観光地って、まだまだたくさんあるんです。

・カヤックツアー
・トレッキングツアー
・シュノーケリング
・沢登り
・ウミガメ観察ツアー
・屋久杉クラフト体験 などなど…

そこで今回は、さまざまな魅力あふれる屋久島を、ご紹介します♪

屋久島旅行に必要な費用はどれくらい?


https://www.instagram.com/p/Bp9JqAIgn4q/media/?size=l

久島への行き方は、空と海から2つのアクセス方法があります。
まずはみなさんのお住まいの地域から鹿児島に向かい、そこから鹿児島の離島、屋久島に向かいます。

鹿児島から屋久島への行き方

※料金と時間は、だいたいの目安ですので、詳細は各HPでご確認くださいね。

【飛行機】

時間:30分ほど
片道料金:1万数千円
旅行気分:あっという間に着くので、旅行気分的には△
メリット:乗継をうまくすると移動時間が少ないので体が楽。
デメリット:運賃が高い。

【高速船】

時間:2時間ほど
片道料金:1万円以内
旅行気分:鹿児島港付近で時間をとればさらに鹿児島に触れられる。旅行気分は〇
メリット:1日に6便、出航している、港から繁華街は近い鹿児島グルメも楽しめる。
デメリット:スピードが出るのでシートベルト着用が必要。

【フェリー】

時間:4時間ほど
片道料金:5000円ほど
旅行気分:時間のある旅人におすすめ 旅行気分は◎
メリット:船の甲板から島が近づいてくるのがわかり旅気分もUP!
デメリット:乗船時間が長い!1日1便

屋久島旅行のベストシーズンはいつ?

それぞれの季節に良さがあるので、いつでもベストシーズンですが、屋久島の「どこの山に登るか」によって違ってきます。

目的とする場所に合わせて、計画を立ててみることをオススメします!

◎縄文杉や白谷雲水峡は『ほぼ』オールシーズンOK!


https://www.instagram.com/p/BgBX3YNHySm/media/?size=l

屋久島の人気スポットである縄文杉コース。
積雪が無ければ、どのシーズンでも基本的にはOKです。
季節によって天気や登山者の混雑具合に特徴があります。

【■春(3月〜5月)】
・3月はまだ雪が降る可能性があるものの、
 4月や5月はちょうど良い季候で縄文杉登山には気持ちの良い季節です。

・3月の連休や5月のゴールデンウィークは混み合いますが、
 それ以外の時期は混雑しすぎることがありません。

・時々、春の大雨が降ることがあり、ツアーが中止になることもあります。

【■梅雨(6月〜7月)】
・宿泊系のツアーは中止や変更になることが多いです。
 雨に濡れることを考えて日帰りツアーをオススメします。

・梅雨に入ると屋久島は、雨の日が多くなります。

・一年の中でも登山者が少ない季節ですので、混雑することなく登れます。

【■夏(8月〜9月)】
梅雨が明けると晴れる日も多くなります。気温が高くなるため、熱中症に注意してください。

・夏休みシーズンに入るため、登山者が多くなります。

・8月下旬・9月初旬は意外と人が少なめです。

・台風が発生・襲来する季節になります。天気予報はこまめにチェックしましょう。

【■秋(10月〜11月)】
・気温が下がり、歩きやすくなる季節☆
 日照時間が短くなるのでヘッドライトは忘れずに。

・連休と重なると、縄文杉ルートは混雑しますが、
 それ以外は比較的空いていますのでお勧めです。

・日によって気温が大きく変化します。防寒対策もしっかりとしましょう。

【■冬(12月〜2月)】
・冬の1月〜2月は屋久島の山は積雪があることもあります。
 その場合は中級者向けとなり、装備や技術も必要となってきます。

・積雪がなければ快適に登れますが、登山者は少なめです。
 特に混み合うことはないでしょう。

・積雪があっても、暖かい日が続けば1週間で雪が溶けてしまうことも。
 登れるかはタイミング次第となります。

「太忠岳」や「黒味岳」などの登山なら春や秋がおすすめ


https://www.instagram.com/p/BnNyI1iAD0F/media/?size=l

縄文杉や白谷雲水峡より標高の高い山を登山するなら、春や秋が涼しくておすすめのシーズン!

関連記事