老後を快適に過ごすには貯金はいくら必要?独身・夫婦別の目安貯金額まとめ

高齢化社会が進んでいる日本。今はまだ若い方でも、働けなくなってからの老後に対する漠然とした不安がある方は多いかと思います。「老後のための貯金はいくらくらいあればいいの?」「毎月いくら貯めていけばいい?」そのような老後貯金の疑問について、独身・夫婦別に詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも老後貯金とは?目的は?

世の中の働く主婦にとって、お金の悩みは尽きないですよね。 年金制度も危ぶまれる現代では定年退職後の資金、すなわち老後貯金が必要不可欠になってきます。

老後貯金の目的

https://www.pakutaso.com

老後貯金の目的について内閣府の「高齢者の経済・生活環境に関する調査結果」を参照すると、一番多い理由に「万が一の生活に備えるために」という理由が47.5%と最も多く、次いで「普段の生活を維持するために」が17.8%という結果になっています。

やはり、重たい病気や介護などに備えて貯金を少しでも残しておきたいと考えるのが自然のようです。

そして同調べでは、貯金がない方が全体で22.7%もいるという結果も出ているのです。約4人1人は貯金がない状態のため生活が非常に困窮していることが想定されます。

日々の生活費や子どもの教育費など現在必要なお金はもちろん、老後の生活についても今からきちんと対策をとっておかねばなりません。

しかし、目の前のことで精いっぱいで、遠い未来のことは後回しになってしまうという人は多いようです。

内閣府 高齢社会対策に関する調査
https://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/kenkyu.html

【独身・夫婦別】老後に必要な貯金の目安額

https://www.pakutaso.com/

一体、老後資金はどれくらい必要なのでしょうか? 今のうちからしっかりと老後のプランを立て、計画的に貯金をしていけば老後のセカンドライフも安心して生活することが出来ます。

平均寿命からプランを練る

まずは日本人の平均寿命と平均余命をおさえておく必要があります。セカンドライフ資金を考えるには、まず平均寿命と余命を把握しておきましょう。

現在の平均寿命は男性80歳、女性87歳で、年々伸びています。 平均寿命というのは、現在0歳の赤ちゃんが平均であと何年生きられるのかを計算しているものです。

一方、65歳まで生きた人があと何年生きられるのかという平均余命になると、さらにもう少し長くなります。

現時点での65歳の平均余命は、男性は19.55歳、女性が24.38歳。つまり、89歳までは生きる可能性があることを念頭に老後資金を考えなければならないのです。

しかも、現在の65歳でこれだけ長いとなると、私たちがその年齢になる頃にはさらに平均余命が伸びているかもしれません。

『人生100年時代』と言われていますから、それくらい長生きした場合を想定して老後対策をした方がよいでしょう。

厚生労働省 主な年齢の平均余命
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/01.html

老後貯金の目安額とは?

関連記事