稼ぎが少ない夫ほど家事をしないって本当?その心理と解決方法

稼ぎが少ない夫は家事をしない?

 

稼ぎが少ない夫の全員が家事をしないとは言いません。しかしその傾向が強くあります。妻からすると稼ぎが少ない分をせめて家事労働で補ってほしいと考えます。夫からすると、稼ぎが少ないことで自分自身に自信が持てない状態になっています。その自身を持てない心の隙間を、家事をしないことで埋めようとしているのです。

夫は収入で妻を満足させていないことを分かっています。稼ぎが少ないことを誰よりも痛感しているのです。男性としてのプライドが傷ついています。それが家事をすることではなく、逆に家事をしないことでプライドを満たそうとしているのです。

家事をしない夫の心理とは?

稼ぎの多い・少ないに関係なく、家事をしない夫はいったいどんな心理なのでしょうか?その心の中を覗いてみましょう。

面倒くさい・やりたくない・やるのは損・疲れる等のやる気無し心理

心理としてこれが一番多いのではないでしょうか?この心理の人は、家事をすることを要求すると「俺は働いているんだから」「俺のほうが収入が多い」などと収入を盾に拒否することが多いです。パートや時短で働いている女性であれば、比較すれば確かに夫のほうが収入が多いかもしれません。

家計が楽になるほどの収入を夫が稼いできてくれる?

しかし、家計が楽になるほどの収入を夫が稼いできてくれるのかというと、決してそうではありません。それなのに、こちらがやってほしいことを頼んでも毎回、わずかに多い収入を盾に家事を拒否されてはこちらもストレスがたまる一方です。自分はやる気がないくせに、家事をした妻に「ここ汚れてるよ」などのダメ出しをする人もいます。妻も日中、外で仕事をしている人が多い今、疲れて帰ってきて、料理に洗濯、掃除と一人で奮闘して頑張っているのに、このセリフを言われてカチンとこない人はいないでしょう。

やる気がない!だから部屋が汚くても気にならない人も

タイトルとURLをコピーしました