稼ぎが少ない夫ほど家事をしないって本当?その心理と解決方法

共働きが増えた現在でも、家事をしないことを普通としている夫がたくさん存在します。夫に十分な収入があれば、あまり怒りを感じずに済みます。「稼いできてくれるのだから、家事は私がやろう」と思えますが、稼ぎが少ないのに家事をしないとなると妻の怒りは大きくなりますよね。「稼ぎが少ないのだから、せめて家事をしようよ」なんて思ってしまいます。妻側のこの考えは間違っているのでしょうか?

公開日:    最終更新日:

稼ぎが少ない夫は家事をしない?

https://www.pakutaso.com/20190850219post-22550.html

稼ぎが少ない夫の全員が家事をしないとは言いません。しかしその傾向が強くあります。

妻からすると稼ぎが少ない分をせめて家事労働で補ってほしいと考えます。

夫からすると、稼ぎが少ないことで自分自身に自信が持てない状態になっています。その自身を持てない心の隙間を、家事をしないことで埋めようとしているのです。

夫は収入で妻を満足させていないことを分かっています。稼ぎが少ないことを誰よりも痛感しているのです。男性としてのプライドが傷ついています。

それが家事をすることではなく、逆に家事をしないことでプライドを満たそうとしているのです。

家事をしない夫の心理とは?

https://pixabay.com/

稼ぎの多い・少ないに関係なく、家事をしない夫はいったいどんな心理なのでしょうか?その心の中を覗いてみましょう。

面倒くさい・やりたくない・やるのは損・疲れる等のやる気無し心理

https://www.pakutaso.com/20190807241post-22945.html

心理としてこれが一番多いのではないでしょうか?

この心理の人は、家事をすることを要求すると「俺は働いているんだから」「俺のほうが収入が多い」などと収入を盾に拒否することが多いです。

自分はやる気がないくせに、家事をした妻に「ここ汚れてるよ」などのダメ出しをする人もいます。

逆にやる気がないので、部屋が汚くても気にならない人もいます。

やる気が無いことを理由にやらずに済むのなら、そんな楽なことはありません。妻はやる気が無くてもやっていますから。

やり方が分からない・やったことが無い等の出来ない心理

奥さんたちに遡って思い出してもらいたいのですが。新婚の頃に、夫に頼らずにがんばって家事をしていましたか?

特に新婚の頃は多少、無理をしてでも張り切って家事をしていた人も多いと思います。そして妻の家事のスキルはどんどん磨かれていったのですが、妻のがんばりと引き換えに何もしてこなかった夫は何も出来ないままになってしまいました。

しだいに家事をしないことに疑問を持たなくなり、いざやろうとしても「出来ない」とかんがえ敬遠してしまうのです。

トラウマを抱えて出来なくなってしまった心理

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%BF%83-3-d-%E7%9F%B3-%E7%99%BD-%E7%97%9B%E3%81%BF-1463424/

家事をして失敗した過去がある人が持ちやすい心理です。例えば、食器を洗った時にお皿を割ってしまい妻にがっかりされた等です。

妻は「もう、私がやるからあっちへ行って」と普通に伝えたつもりでも、言われた夫は失敗したことを責められたと受け止めています。

他にも、していた家事について意見を言われた場合もあります。よくあるのが洗濯物の干し方です。妻は乾かしやすい洗濯物の置き場所を知っています。

しかしそれを知らない夫は自分の判断で洗濯物を干します。「これはこっちに干した方がいいよ」と、良かれと思って助言したつもりが夫には自分の干し方を否定されたと受け取られてしまいます。

また叱られたらイヤだ、否定されたらイヤだ、という気持ちから家事をしなくなりました。

お世話してもらうのが好き等の甘えたい心理

https://pixabay.com/

いわゆる甘えん坊です。妻にあれこれと世話を焼いてもらうのが大好きな人です。自分自身をペットを可愛がるように扱ってほしいのでしょう。小さい子供がママに甘える感覚が残っているようです。だから甘えてお願いしてくることもあります。

家事は自分でするものではなく、してもらうものと考えています。

家事は妻の仕事で夫は関係ないと思う心理

https://www.pakutaso.com/20170419107post-11130.html

令和の時代になってもなくならない考え方で「男は仕事・女は家庭」がありますね。いつまで経ってもなくならない根強いものがあります。

妻側はとっくにそんな考えは無くなって、いつでも夫の家事への参加を待っているのに、家事をしない夫たちの言い訳に使われる言葉にもなっています。

育った環境による思い込み

https://pixabay.com/

考え方に対して、育った環境の影響は大きいものがあると思います。夫婦ともにどんな家庭で育ちましたか?

両親は共働きでしたか?
母親は専業主婦でしたか?
両親共に家事をしていましたか?
母親だけが家事をしていましたか?
子供に家事を手伝わしていましたか?

両親は「男の人に家事をさせるのはちょっと…」と男性の家事参加に否定的ではなかったですか?

幼い頃から見て育った環境をベースに考えてしまう傾向があります。

母親が家事をすべて行ってきた家庭で育った人は、同じように夫は家事をしないものだと思い込んでいます。

家事をしない夫に言ってはいけない言葉

https://pixabay.com/

言ってはいけない言葉がたくさんありますが、どれも言いたくなる言葉です。本人にズバッと言えたら何ともスッキリしそうです。

実際には心の中で何度も言ったことがある言葉ではないでしょうか。

使えない・役に立たない

https://www.pakutaso.com/20140746195post-4348.html

だって家事をしないのだから「使えない」「役に立たない」と言われても仕方ありません。

「~しておいて」と頼んだことが出来ていない時に、怒りがあふれて言いたくなります。

簡単なことを頼んだに、出来ていないとガッカリですよね。

この言葉を言われると、自分を全否定されたように感じてしまいます。ダメな人間だと言われているのと同じです。言われた夫は反省をせず「二度としない」と逆ギレするか、失敗がトラウマになります。

稼ぎが少ない・もっと稼いできて

「稼ぎが少ないんだから、せめて家事をしてほしい」と妻たちは切に願っています。稼ぎが多かったら家事をしないことに目をつぶることもできるのですが。

でも先述した通り、夫は自分の稼ぎが少ないことを誰よりも分かっています。

もっと稼ぎが多ければ、と悔しい思いをしています。それに少ないながらも一生懸命に働いてくれています。それを妻が理解してくれないのはとても辛いことになります。

どうせやる気ないんでしょ?

https://pixabay.com/

やる気があるなら、とっくにやっているはずと思います。これだけ長い間待っても家事をやらないのだから、やる気がないと言いたくなります。

実際に言うと「やる気はある」もしくは「そんなこと言うなら、永遠にしない」と返される可能性があります。

ケンカを売っている感じがする言葉で、夫をカチンとさせて家事の参加が遠のいてしまいます。

そのくらいの事もできないの?

https://www.pakutaso.com/20190647179post-21888.html

妻が家事をしてその出来を批判するくせに、自分は簡単なこともしようとしません。使ったハサミを元の場所にしまわない等は代表的なものです。

もはや子供でも出来ることをしないのだから「そのくらいの事もできないの?」と言われても仕方のない状況です。

悲しいというより、情けないレベルになります。

言われた夫は、バカにされていると感じプライドが傷つきます。結果、ますます何もやらなくなります。

そんなので仕事できてるの?

https://www.pakutaso.com/20180534128post-16084.html

家に帰るとスマホ・ゲーム・テレビに夢中で、家事一つやろうとしません。食べた食器を下げることもしない。こちらはバタバタしているのに知らん顔で、「お風呂沸いてる?」なんてノンキに聞いてきます。

自分でやろうという気が全くしません。そんな自己中で回りを見ていない人に「そんなので仕事できてるの?」と言いたくなります。

外では案外まめに動いていて、内と外で使い分けている人が多いです。

夫に家事を分担させるための解決方法

家事をしてこなかった期間が長いほど、始めることに抵抗を感じてしまいます。しかし「今さら無理だろう」と考えるのはもったいないです。

まずは簡単なことから

https://pixabay.com/

いきなり今日の晩ご飯を作ることを望んでも無理があります。まずは自分のことは自分でする、から始めましょう。

感謝を伝える

https://pixabay.com/

例えレベルの低いことが出来たとしても、感謝の言葉を言いましょう。「ありがとう」「助かりました」は大切な言葉です。私たちも言われたい言葉ですよね。

「やれば出来るんだから、次もやって」は上から目線の言葉になるので、使うのは控えましょう。

夫に向いている家事を探す

https://pixabay.com/

家事も色々あります。何か一つくらい夫に向いているものがあるはずです。食わず嫌いならぬ、やらず嫌いになっているので、やってみると案外簡単だったということもあります。

夫に向いているものが見つかったら「私よりあなたの方が上手」と褒めてみましょう。気をよくして今後もするようになる可能性があります。

子供の手本になって

https://pixabay.com/

子供がいる家庭では使える方法だと思います。幼い時だけでなく、大きくなっても子供は親のしていることを見て育ちます。

家では何もしないパパ/料理(洗濯・掃除)をしてくれるパパ、どちらを子供に見せたいですか?洗濯・掃除なら子供と一緒にすることも出来ます。

気持ちを抑えてゆっくり育てていきましょう

https://pixabay.com/

家事をしない夫には腹が立ちます。稼ぎが少ないと余計に怒りが増します。家事をしない夫の心理は、妻からすると自分勝手な言い訳ばかりに聞こえます。

怒りに任せて言ってはいけない言葉を言えばスッキリできそうですが、将来の家事の分担のためにも言うのは控えておきましょう。

上から目線でダメ出しをするのではなく、感謝の気持ちを伝えてみてくださいね!

 

関連記事