稼ぎが少ない夫ほど家事をしないって本当?その心理と解決方法

共働きが増えた現在でも、家事をしないことを普通としている夫がたくさん存在します。夫に十分な収入があれば、あまり怒りを感じずに済みます。「稼いできてくれるのだから、家事は私がやろう」と思えますが、稼ぎが少ないのに家事をしないとなると妻の怒りは大きくなりますよね。「稼ぎが少ないのだから、せめて家事をしようよ」なんて思ってしまいます。妻側のこの考えは間違っているのでしょうか?

公開日:    最終更新日:

稼ぎが少ない夫は家事をしない?

https://www.pakutaso.com/20190850219post-22550.html

稼ぎが少ない夫の全員が家事をしないとは言いません。しかしその傾向が強くあります。

妻からすると稼ぎが少ない分をせめて家事労働で補ってほしいと考えます。

夫からすると、稼ぎが少ないことで自分自身に自信が持てない状態になっています。その自身を持てない心の隙間を、家事をしないことで埋めようとしているのです。

夫は収入で妻を満足させていないことを分かっています。稼ぎが少ないことを誰よりも痛感しているのです。男性としてのプライドが傷ついています。

それが家事をすることではなく、逆に家事をしないことでプライドを満たそうとしているのです。

家事をしない夫の心理とは?

https://pixabay.com/

稼ぎの多い・少ないに関係なく、家事をしない夫はいったいどんな心理なのでしょうか?その心の中を覗いてみましょう。

面倒くさい・やりたくない・やるのは損・疲れる等のやる気無し心理

心理としてこれが一番多いのではないでしょうか?

この心理の人は、家事をすることを要求すると「俺は働いているんだから」「俺のほうが収入が多い」などと収入を盾に拒否することが多いです。パートや時短で働いている女性であれば、比較すれば確かに夫のほうが収入が多いかもしれません。しかし、家計が楽になるほどの収入を夫が稼いできてくれるのかというと、決してそうではありません。それなのに、こちらがやってほしいことを頼んでも毎回、わずかに多い収入を盾に家事を拒否されてはこちらもストレスがたまる一方です。

自分はやる気がないくせに、家事をした妻に「ここ汚れてるよ」などのダメ出しをする人もいます。妻も日中、外で仕事をしている人が多い今、疲れて帰ってきて、料理に洗濯、掃除と一人で奮闘して頑張っているのに、このセリフを言われてカチンとこない人はいないでしょう。

逆にやる気がないので、部屋が汚くても気にならない人もいます。夫婦とも汚くても気にならないなら問題ないかもしれませんが、特に子供のいる家庭であれば、きれいに片付いた清潔な環境で生活しなければ、しつけの上でも精神衛生上もよくありません。親の行動をみて、子供たちも部屋が汚い状況で過ごすことが当たり前となってしまいます。

やる気が無いことを理由にやらずに済むのなら、そんな楽なことはありません。甘えるのもいい加減にしてほしい、と思ってしまいますよね。仕事で疲れているのは妻も同じなのです。妻はやる気が無くてもやっていますから。

やり方が分からない・やったことが無い等の出来ない心理

https://www.pakutaso.com/

奥さんたちに遡って思い出してもらいたいのですが。新婚の頃に、夫に頼らずにがんばって家事をしていましたか?

特に新婚の頃は多少、無理をしてでも張り切って家事をしていた人も多いと思います。そして妻の家事のスキルはどんどん磨かれていったのですが、妻のがんばりと引き換えに何もしてこなかった夫は何も出来ないままになってしまいました。

しだいに家事をしないことに疑問を持たなくなり、いざやろうとしても「出来ない」とかんがえ敬遠してしまうのです。

できれば新婚初期の時代から、ある程度夫に任せることも重要と言えます。やることが当たり前になれば、夫も習慣になり、やってくれるからです。

もし、現在、夫が家事をやらないことが当たり前の状態になってしまっていて、もう少し家事を手伝ってほしいと思っているのならば、まずは最初のうちは、夫にいちいち説明するのが面倒くさいと思わないで、家事のやり方の詳細についてわかりやすく丁寧に説明してあげるようにしてください。怒鳴り口調で「あれやって」「これやって」という頼み方では、「わからないからできない」という返事しか返ってきません。夫に頼む言い方に気をつければ、意外と気持ちよくやってくれるかもしれませんよ。あきらめずにトライしてみましょう。

トラウマを抱えて出来なくなってしまった心理

https://www.pakutaso.com/

家事をして失敗した過去がある人が持ちやすい心理です。例えば、食器を洗った時にお皿を割ってしまい妻にがっかりされた等です。

妻は「もう、私がやるからあっちへ行って」と普通に伝えたつもりでも、言われた夫は失敗したことを責められたと受け止めています。

他にも、していた家事について意見を言われた場合もあります。よくあるのが洗濯物の干し方です。妻は乾かしやすい洗濯物の置き場所を知っています。

しかしそれを知らない夫は自分の判断で洗濯物を干します。「これはこっちに干した方がいいよ」と、良かれと思って助言したつもりが夫には自分の干し方を否定されたと受け取られてしまいます。

また叱られたらイヤだ、否定されたらイヤだ、という気持ちから家事をしなくなりました。

男性は意外とナイーブで、特に奥さんから言われたことに意外と傷ついたりするものです。こっちは気軽に注意をしたり、がっかりした気持ちを何となく伝えたつもりでも、夫のほうはよく覚えていたりします。もうあんな感じで言われるなら、やりたくないなあと思ってしまう人もいます。そういう理由で夫が家事をやらないのでは?と心当たりがある人は、まずは一緒にやれる家事を二人でやってみるのはどうでしょうか。

その際、二人で楽しく家事の時間が過ごせるように、あなた自身も発言には気をつけましょう、夫の行動で気になる点があれば、いい方に気をつけて、さらに褒めてあげれば、夫も気分よく家事をやってくれるかもしれません。あなたのやり方次第で夫も変わってくれるかもしれませんよ。

お世話してもらうのが好き等の甘えたい心理

https://pixabay.com/

いわゆる甘えん坊です。妻にあれこれと世話を焼いてもらうのが大好きな人です。自分自身をペットを可愛がるように扱ってほしいのでしょう。小さい子供がママに甘える感覚が残っているようです。だから甘えてお願いしてくることもあります。家事は自分でするものではなく、してもらうものと考えています。

これは妻側の性格にもよります。特にしっかりもので、母性本能の強い女性であればついつい甘えてくる男性に対して、「仕方ないなあ、私がやってあげましょう」という雰囲気になりがちです。また、自分でさっさとやってしまったほうが早いと考えるでしょう。ただ、共働きに子育てが加わってくると、性格だからということで片付けてしまい、女性側がすべて家事の負担を背負い込むと、精神的にも体力的にも疲れ果ててしまい大変危険です。そのため、特にしっかりものの女性が気をつけたいのが家事をしない甘えん坊夫です。

自分で家事を抱え込んでいるな、と感じる女性は甘えん坊夫にいかに家事を上手くさせるのかしっかりと策を考える必要があります。

家事は妻の仕事で夫は関係ないと思う心理

https://www.pakutaso.com/

令和の時代になってもなくならない考え方で「男は仕事・女は家庭」がありますね。いつまで経ってもなくならない根強いものがあります。

妻側はとっくにそんな考えは無くなって、いつでも夫の家事への参加を待っているのに、家事をしない夫たちの言い訳に使われる言葉にもなっています。

昭和の時代であれば、外に出て働くのは男性の仕事、家の中や子供の面倒は女性の仕事とはっきりわかれていましたが、今は女性も外で働くのが当たり前の時代。したがって、家事だって男性がやるのは当たり前の時代なのです。

家事を全くしない男性には考え方を変えてもらう必要があります。女性側も夫がやってくれないからとあきらめるのではなく、しっかりと二人で話し合いをまずしましょう。お互いができる家事を協力してやり、生活をまわしていかなければ、二人の今後の関係にも影響がでてきてしまいます。冷静に話し合って少しずつでもよいので夫には家事に参加してもらいましょう。家事も子育ても二人で協力してやっていく時代なのです。

育った環境による思い込み

https://www.pakutaso.com/

考え方に対して、育った環境の影響は大きいものがあると思います。夫婦ともにどんな家庭で育ちましたか?

両親は共働きでしたか?
母親は専業主婦でしたか?
両親共に家事をしていましたか?
母親だけが家事をしていましたか?
子供に家事を手伝わしていましたか?

両親は「男の人に家事をさせるのはちょっと…」と男性の家事参加に否定的ではなかったですか?

幼い頃から見て育った環境をベースに考えてしまう傾向があります。

母親が家事をすべて行ってきた家庭で育った人は、同じように夫は家事をしないものだと思い込んでいます。

男性は自分の母親の家事に対する姿勢と同じものを奥さんにも求めがちです。母親が専業主婦で、結婚する前、至れり尽くせりしてもらったという男性は、同じように奥さんにも家事をきちんと一人でやってほしいと考える傾向があります。両親が共働きで夫婦二人で協力して家事や子育てをしてきたという家庭で育った人であれば、結婚後も自然に家事や育児にも参加してくれそうですが、私たちの両親世代ではそういった家庭は少数派だったかもしれません。時代が違うことを夫と話し合って理解してもらうことが大切です。

家事をしない夫に言ってはいけない言葉

言ってはいけない言葉がたくさんありますが、どれも言いたくなる言葉です。本人にズバッと言えたら何ともスッキリしそうです。

実際には心の中で何度も言ったことがある言葉ではないでしょうか。

関連記事