【10歳若返るスキンケア】40代からのおすすめの化粧品特集

40代になるとシミやシワなど、年齢による肌トラブルが気になりだす頃。そんな40代からは化粧品も年齢に合ったものを使って、年齢肌をしっかりカバーしていきたいものです。では、40代に合う化粧品とは一体どのようなものなのでしょうか。おすすめの化粧品ブランドや40代向けのお化粧テクニックをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

公開日:    最終更新日:

肌トラブルが現れ始める40代。化粧品もしっかり選びましょう


https://girlydrop.com/beauty/4403

40代からお肌の調子は年々下がる一方で悩む女性は多いですよね。20代・30代のうちは若いだけでなんとか乗り切れます。しかし40代になると、今までのお肌の手入れの仕方では十分ではないのです。

年齢と共にお肌も変化していきます。その変化に合わせて化粧品やお肌のお手入れ方法を変えて行かなければなりません。これからどんな肌トラブルが起こるかを事前に知っておくことで、お肌が老化するリスクを減らせるのです。

40代からの肌トラブルはなぜ起こる?


https://www.pakutaso.com/20180325064post-15445.html

今まで気にならなかったお肌の調子も、歳を重ねるといろいろ気になりますよね。10代のときは思春期ニキビ、20代〜30代のころはストレスなどによるアゴ周りの吹き出モノや肌荒れ。しかしこれまでは隠したり、治る肌荒れだったためそこまで気にしていなかった人は多いでしょう。

40代では加齢による肌トラブルのため、気にしないわけはいきませんし、気になりだしてお手入れを始めても遅すぎます。40代は今まで蓄積されてきた紫外線やホルモンバランスの乱れが徐々に現れてきます。疲れやすかったり、なかなか疲れが取れなかったりなどと一緒で肌も年齢とともに疲れがたまり老化が始まるのです。

どんな肌トラブルがある?


https://www.pakutaso.com/20180329072post-15505.html

40代のお肌はそれまでお手入れをしている人としていない人で差が出てきます。
しかし、いくら頑張ってお手入れをしていても肌は変化しているのです。40代の女性がどのような肌トラブルで悩んでいるのかを紹介していきます。

シミ

40代になって代表的な肌トラブルがシミでしょう。若い頃には全くなかったシミも歳を重ねるごとに目立ってきます。シミは紫外線によって肌に蓄積されていき、だんだん濃くなります。シミが大きくなってくると隠すのも至難の技ですよね。

通常お肌は古い角質を落としながら、新しい皮膚へと再生していきます。このターンオーバーのサイクルは28日周期で変わっていくのですが、歳をとってくるとこのサイクルが長くなります。28日周期で新しくお肌が生まれ変わらず、今まで浴びてきた紫外線がどんどん蓄積されてシミへと変化していくのです。

肝斑

肝斑はシミの一種ですが、紫外線を浴びてできるシミとは違い、女性ホルモンのバランスが影響してできてしまいます。特徴は頬骨のあたりにモヤモヤと現れる薄いシミです。

紫外線を浴びていなくてもできてしまい、とくに出産直後や閉経後に肝斑で悩む女性が多いのです。また更年期やピルを服用している人にもできやすく、やはりホルモンのバランスが影響していることがわかります。

紫外線でできるシミとは違う方法で治療が可能です。しかし、通常のシミと見分けるのは難しいため、皮膚科で診てもらうことをオススメします。

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは若い人でも悩んでいる人は多いでしょう。しかし若い頃から放っておくと色素沈着を起こし、毛穴が黒ずんでしまうのです。この場合もやはり年齢的にターンオーバーに時間がかかり、肌が再生されるよりも先に、黒ずみが肌にどんどん吸収されてしまうのです。

毛穴の開き・毛穴のたるみ

毛穴の開き・たるみは乾燥により引き起こします。毛穴の開きやたるみが気になる人は、普段のお手入れ方法が間違っているか、使用している化粧品が自分に合っていないのです。

乾燥するとお肌が下にたるみ、開いた毛穴も一緒に下がるため、毛穴が広がって見えてしまいます。スキンケアも自分のお肌に合った化粧品や年齢に合わせて使用しなければ効果が期待できません。

シワ

シワには大きく分けて2つの種類があり、表情などの跡からできるシワと、乾燥や顔の筋肉の衰えでできるシワがあります。表情の跡にできるシワはおでこや目元、また口元周りのほうれい線にできることが多いでしょう。

乾燥でできるシワもおでこや目尻にできますが、肌への保湿や紫外線のダメージを避けることで回避できることもあります。深いシワができてしまう前に、自分に合った化粧品で予防したいですね。

全体的な顔のたるみ

たるみは顔の筋肉が衰えて表情筋を支えれないため、肌のたるみが生じます。とくに目立つのが目の周りや口周りのたるみで、動きが少ない筋肉ほど衰えも目立ちます。

たるみにはコラーゲンの減少でも現れます。コラーゲンは20歳を過ぎると年々減少していき、60代までに20歳の約半分以上が失われてしまいます。今は化粧品などにもコラーゲンが多く配合されているので積極的に取り入れていくといいでしょう。

くすみ

くすみは肌の乾燥や新陳代謝の低下による血行不良で顔が暗く見えてしまう肌トラブルの一つです。年齢を重ねていくと肌の透明感が失われていきます。今まで似合っていた洋服やメイクが合わなくなってしまうのも肌のくすみが影響しています。

①血行不良

関連記事