いちご鼻が気になる!ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ方法&おすすめ化粧品

スポンサーリンク

時間が経つにつれて目立つ、ファンデーションの毛穴落ち

時間が経つとだんだん毛穴が目立ってきてしまう。せっかく綺麗にファデーションを塗ったのに台無し、お直しする時間が無いのにどうしよう!そんなことありますよね。「毛穴」には様々なタイプがあるということをご存知でしょうか。まずは自分の「毛穴タイプ」を知る必要があります。

一つ目は、一般的と言われる皮脂と角質が混ざり合って目立ってしまう「詰まりタイプ」古い角質と皮脂が混ざって角栓になってしまうものです。ファンデーションを塗っても、プチプチと浮いてきてしまうのが悩みですね。主にTゾーンに目立つのが特徴です。

二つ目は、生まれつき皮脂腺が大きいために目立つ「開きタイプ」主に、オイリー肌さんい多いものです。ファンデーションのあとはルースパウダーできちんと蓋をしてあげましょう。また、この開きタイプは、毛穴パックやスクラブタイプでこすって取ろうとすると余計に毛穴が開いてしまうので注意が必要です。

三つ目は、加齢に伴い起こる「たるみタイプ」コラーゲンなどの低下により毛穴が目立ち主に、頬などに多く見られるものです。このタイプは、アンチエイジングコスメ・ファンデーションを使用することで、改善されます。

このように、毛穴の正体は様々あり目的にあったケア方法と、化粧品を使用することによって目立たなくすることが最も効果的です。間違ったケア方法や化粧品を使っていては改善が見られることなく、生涯悩まされてしまいます。自分に合った方法で毛穴落ちを予防・ケアしていきましょう。

ファンデーションが毛穴落ちしてしまう原因とは?

ファンデーションが毛穴落ちしてしまう原因は、皮脂の過剰分泌・保湿不足等によるものです。ただし毛穴落ちしてしまうからといって過剰にその部分だけ取り除こうと色々と試行錯誤しても、改善されません。むしろ、こすればこすった分だけ毛穴は広がるばかりです。

顔の毛穴は本来、身体の次に皮脂腺が発達されていると言われています。よって、完全に取り除くことは不可能なのです。

皮脂は毎日分泌されるものですのでその時々できちんとケアをすることが望ましく、時間が経っても毛穴落ちしない方法には間違ったケア方法をしないことが一番毛穴落ちが目立たなくなる近道です。

毛穴落ちしないためのお化粧テクニック

毛穴落ちしないためのお化粧テクニックをご紹介します!

毛穴落ちしないためのお化粧テクニック①スキンケアを怠らない

毛穴落ちに効くスキンケア方法の基本中の基本は「洗顔」です。潤いのあるものではなく、さっぱり系の洗顔で皮脂をきちんと落とすことからはじめましょう。

中でも、酵素洗顔は古い角質を分解、毛穴のつまりを取り除く作用があります。皮脂のみならず角質も落とすようにすることで毛穴落ちを最小限に留めることができるでしょう。

また、毛穴を引き締めることで毛穴落ちを防ぐことが可能です。毛穴を引き締めるために有効なのがレチノールが配合された化粧品です。「レチノール」には肌荒れ・クマ・ニキビ予防など幅広い分野で頼られるエイジングケアには欠かせない万能成分です。この「レチノール」は肌への浸透力が高く真皮のコラーゲンに作用しているものです。特にレチノール成分を扱っている化粧品として資生堂・オルビス・DHCブランドが人気です。

このような正しいスキンケア方法で「毛穴落ち」を防ぎましょう。

毛穴落ちしないためのお化粧テクニック②化粧下地のつけ方

「毛穴落ち」しないために強力な化粧下地や、皮脂を抑えるなどと記載されている化粧下地は毛穴をブロックさせるため肌への負担も大きく刺激もあります。そのため、強力なクレンジングが必要です。すると、毛穴にも負担がかかってしまいケアしても毛穴は引き締まるどころか開いていってしまうといったことも。

そんな「毛穴落ち」から抜け出せない時は、化粧下地の塗り方に一工夫加えることで一般的なクレンジングで落とせるようになり、「毛穴落ち」も刺激少なく防ぐことができます。

それは普段使用している「化粧下地」の下に2層式(容器を振って自分で混ぜるミルク式)の下地を仕込んでおくことです。そうすることにより直接化粧下地を塗るよりも負担をかけず優しいのりで肌を守りながら崩れにくくさせることができます。ぜひ、お試しになってみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました