更年期の女性に多い!コレステロールが高い原因とその対処法

更年期の女性に多い!コレステロールが高い原因とは?

誰もが「更年期障害」という単語を、一度は聞いたことがあると思います。そもそも「更年期」とは何かといえば。

女性には月経がありますが、その月経が完全に停止する状態を「閉経」と呼び、閉経前後にくる時期のことを「更年期」と呼称しています。閉経自体は日本人女性の場合、平均的に50歳~51歳ぐらいなのですが、その前後5年(合計10年前後)の、45歳~55歳が該当します。ただし個人差があるため、40代で閉経を迎える人もいますし、50代後半まで月経が続く人もいます。

「更年期障害」の内容について

では次に「更年期障害」の内容に関してですが。これは閉経前後の不定愁訴の総称になります。主に、のぼせや発汗、血管運動神経症状など。その他、情緒不安定や抑うつ状態になるなど、メンタル面での症状も様々です。これらの症状は、閉経が近づくと徐々に現れてくるもので、女性ホルモンの低下が要因として挙げられています。

さらなる要因を加えるとすれば、肥満やメタボリックシンドロームなどに影響を及ぼすホルモンであるコレステロール。一般的に若い女性はコレステロールが低い方が多いと言われていますが、更年期の年頃になると高コレステロールになってしまいます。

この症状は、高コレステロール血症(脂肪異常症)とも呼ばれており、閉経後の女性にとっては切実な問題として挙げられています。主に血液中に、総コレステロール・悪玉コレステロール・中性脂肪の3種類が増加するのですが、それとは反対に善玉コレステロールが減少していきます。これらの変化があることで、更年期には動脈硬化が急速に進行していき、心臓及び血管への悪影響を及ぼすのです。

脂質異常症ということで、コレステロールを低下させる作用のお薬(スタチン製剤)の処方をしてもらう方法もあれば、食生活や運動などの生活習慣改善の見直しをするなど、2パターンが選ばれやすい方法です。どのパターンで改善させていくかは、医師や家族との相談や、個人の希望を併せての判断になります。

今回は更年期の女性が高コレステロールになる、より詳しい原因と、その対処法をまとめました。コレステロール上昇の原因を可能な限り排除するためにも、特に悪玉(LDLコレステロール)には注意を向けながら、熟読してください。

タイトルとURLをコピーしました