【九州をとことん楽しむ】行きたい観光地たくさん!九州旅行のおすすめプランをご紹介

どの県も魅力的で、人気な観光地がたくさんある九州。一度は旅行で訪れたいスポットの一つですよね♪しかし九州と言ってもとても広いので、どのようなプランで周ればいいのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、九州旅行を満喫できるおすすめプランをご紹介していきます。九州への旅行を計画している方は是非、参考にしてみてくださいね♪

公開日:    最終更新日:

明治時代から親しまれてきた長崎のソウルフード。
長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」が全国展開されていることもあり、一度は口にしたことがある人も多いはず。

基本のレシピは、鶏ガラや豚骨から出汁をとったスープに、たっぷりの野菜やエビ、豚肉、ピンクのかまぼこなどを炒めた具材、独特の中太ストレート麺、この3大要素を文字通り“ちゃんぽん(混ぜ合わせ)”したものです。

【口コミのおすすめ:四海樓】

誕生115年を過ぎた今でも、四海樓のちゃんぽんに魅せられる人は増えています。
長崎港を臨む5階展望レストラン、2階のちゃんぽんミュージアムと、ちゃんぽんテーマパークとしても楽しむことができます。

※四海樓 公式ホームページ:http://shikairou.com/

◆佐世保バーガー


https://www.instagram.com/p/BYsy_N5nu_J/media/?size=l

長崎県北部の港町に位置する佐世保市は、戦後、米海軍基地の街として栄えてきました。
そのとき駐留していた米軍がソウルフードであるハンバーガーのレシピを伝えたのが発祥とされています。

地元食材をふんだんに使用した佐世保バーガーは日本のご当地バーガー界の金字塔であり、ボリューム感や出来たての美味しさにもこだわった“グルメバーガー”ブームの先駆け的料理でもあります。

【口コミのおすすめ:佐世保バーガー ビッグマン 佐世保京町本店】

佐世保バーガーの代表メニュー、ベーコンエッグバーガーを生んだ、佐世保バーガーブームの先駆けのお店がビッグマン。
自家製ベーコンやパティ等、素材にとことんこだわった「ごちそうバーガー」です。
手作り・出来立て・ボリューミー、素材にこだわったハンバーガーを是非食べてみては?

※ビッグマン 公式ホームページ:https://www.sasebo-bigman.jp/

◆カステラ


https://www.instagram.com/p/BpPePRCDF9i/media/?size=l

長崎みやげの大定番。
16世紀にスペイン・ポルトガルから伝来してきたカステラは、長崎で進化を遂げ、日本全国に広まりました。
卵、砂糖、小麦粉、水あめを混ぜて焼き上げただけのシンプルなお菓子ですが、ふくよかな卵の香りにしっとりとした生地、底にたまったザラメの食感など、伝統の味を受け継ぐ本場のカステラは、貰って嬉しい、食べて美味しい逸品です。

【口コミのおすすめ:福砂屋 長崎本店】

手間を惜しまず、今なお熟練の職人による「手わざ」で作られている福砂屋のカステラ。
保存料を一切使わず、厳選した素材の味を生かした懐かしい風味は、幅広い年代の方々に支持されています。
長崎のお土産には是非、カステラを買って帰ってみてはいかがでしょうか。

※福砂屋 公式ホームページ:https://www.fukusaya.co.jp/

九州旅行に必要な平均費用はどれくらい?

行きかえりの飛行機代、ホテル代込の代金の参考にしてみてください。

出発地が、愛知県/3日間
旅行代金  22,800円 ~58,800円

出発地が、宮城県/3日間
旅行代金  79,900円 ~84,900円

出発地が、兵庫県/3日間
旅行代金 19,900円 ~54,900円

出発地が、東京23区/3日間
旅行代金 29,800円 ~34,800円

また、九州に着いてからのレンタカー代は、

  • 軽クラス¥3500~
  • 小型クラス¥3800~
  • 中大型クラス¥4300~ …

上記の代金くらいで提供されています。

九州を満喫できる!九州旅行のおすすめプラン

今回は全国各地からの来やすさも考えて、福岡を拠点とした場合の九州旅行プランを紹介いたします。

1日目・福岡泊。選びきれないほどの美味しいものを堪能

恐らく、日本で一番便利な空港である「福岡空港」。
初日、福岡に着いたら早速チェックイン。

例えば首都圏や近畿圏からだと、飛行機、新幹線、バスなど様々な移動手段があります。
もちろんジェットスター等の格安旅行会社も充実しています。

福岡空港に着いてしまえば、そこから地下鉄5分で博多駅、10分で天神まで出ることが出来ます。

もしチェックイン開始前の早い時間に到着してしまっても、普通のホテルなら荷物を預かってくれるでしょう。大きい荷物を置いて、遊び、ご飯を食べに出かけましょう。

もし到着してから時間があるなら、オープントップバスに乗ったり、川端商店街を歩いてみたり、太宰府天満宮に足を伸ばしたりなど福岡を観光して回ってもいいですね。

頑張って初日の昼〜夜に福岡グルメを詰め込むのであれば、昼に水炊き、夜はもつ鍋&魚でその後ラーメンで締め、でいかがでしょう?

2日目・観光を楽しんだら、温泉地でゆっくり

さて、九州旅行の2日目。

せっかく2泊するのであれば、2日目は九州の名だたる温泉地や観光地に足を伸ばしてみてください。

電車だと場所や時間が限定されるので、動き回るのであればレンタカーがおすすめ!

◆西プラン


https://www.instagram.com/p/BpRblCjAd2J/media/?size=l

福岡から西に行くと、佐賀県や長崎県があります。

ちょっと忙しくはなりますが、佐賀県まで移動して呼子で名物・イカの活き造りを食べ、長崎ハウステンボスでエンターテイメントを満喫。
そして、嬉野温泉に宿泊というプランが九州の西エリアでオススメ。

福岡空港にも1時間20分くらいで戻れるので、翌日の飛行機がある程度早い時間でも大丈夫。

嬉野温泉では、温泉はもちろんグルメもおすすめです。

もう少し先まで行って、長崎市内を観光するのも良いでしょう。

日本・西洋・中国が融け合って独特の雰囲気をもった長崎市内観光、日本三大夜景にも数えられる稲佐山、地獄めぐりが楽しめる雲仙など、こちらも見どころ満載です。

関連記事