うどん・坂本龍馬だけじゃない!観光もグルメも楽しむ♪満足間違いなしの四国旅行プランは?

‎徳島県・‎香川県・‎高知県・愛媛県の四つの県からなる四国。それぞれの県に観光地やご当地グルメなどがたくさんあり、一度だけではなく二度、三度目も楽しめるおすすめの国内旅行先ですよ♪今回はそんな四国旅行でのおすすめスポットやグルメ、必要な平均予算などについてご紹介していきます。次のお休みは是非、四国旅行へ出かけてみましょう!

公開日:    最終更新日:

グルメも観光地も楽しめる!魅力たっぷりの四国旅行


https://www.instagram.com/p/Br4BvNfApeF/media/?size=l

四国と言えば、みなさんは何が思い浮かぶでしょうか?うどん、みかん、渦潮、など人によって様々なイメージを持っているでしょう。名前や、写真を見れば「これって四国だったんだ!」となる方もいらっしゃるはず。四国には、歴史や魅力溢れるスポットがたくさんあるんです。

そこで今回は特にオススメしたい四国の観光スポットをご紹介いたします。読み終わる頃には、きっとあなたは四国に旅行に行きたくなること間違いなしです!

四国旅行での楽しみといえば?

四国は、ご存知の通り島の四方が海に囲まれており、島の中央には讃岐山脈があります。自然豊かな地域なので、自然とのふれあいを目的としたアクティビティ楽しんだりそんな自然が産んだ、グルメたちも見逃せません!

また四国は、名前の通り4つの県から成り立つ地域です。県を絞って観光に行くのも良いですし、車で移動できる距離なので4つの県をまたいで楽しむ方法もありますよ。

食の宝庫、四国グルメ


https://www.instagram.com/p/BsKqLaZA_mJ/media/?size=l
  • 讃岐うどん
  • 徳島ラーメン
  • 鰹の塩のたたき
  • 活き鯛飯
  • 骨付鳥

など、四国は食の宝庫。せっかく四国に行くのなら、ソウルフードを堪能する楽しみ方は外せませんよね。

そしてご存知、「讃岐うどん」は香川の名物です。香川県は雨量が少なく、温暖な気候に恵まれているため、良質な小麦が作られています。うどんに欠かせない塩も、遠浅で潮の干満の差が大きな長い砂浜と、雨の少ない気候が塩作りに最適なんです。小豆島でしょうゆが多く生産されるなど、うどんや出汁の材料がいずれも地元にあることから、讃岐にうどんが定着したそうです。

四国のアクティビティは、迫力満点!


https://www.instagram.com/p/BsDd6Vzhc41/media/?size=l

四国で体験できるアクティビティといえば、

  • 四万十川での「カヌー」や「ボート」
  • 無人島を巡る、小型の船を自力で漕いで進む「シーカヤック」
  • ラフトを使用し川下りをするレジャースポーツ「ラフティング」
  • 小豆島で体験できる「サンセットカヤック」
  • 柏島で楽しむ「ダイビング」
  • 自然豊かな土地で大空を楽しむ「パラグライダー」
  • 日本三大鍾乳洞の「龍河洞の冒険」詳細はこちら

海、川、空、陸を存分に満喫できるのも四国ならではでしょう。大人だけでなく子供も楽しめる内容なので、親子での旅行にもオススメです。

四国旅行に必要な平均費用はどれくらい?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYAPAKU4851_TP_V.jpg

四国内を、泊まりで周る場合はレンタカーを使うことをオススメします。

旅行会社によっては、

  • 航空券
  • ホテル代
  • レンタカー付き

という嬉しいセットがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

大阪や福岡発だと、二泊三日で、一人あたり2万程度~、東京発だと4万程度~提供されているものがあります。その他のオプションの有・無で旅費が大きく変わってきますので、ご自身に合ったプランを選んでみてくださいね。

四国旅行でのおすすめスポット・グルメ

【徳島県】鳴門海峡 (なるとかいきょう)


https://www.instagram.com/p/BrsRbfbFqlh/media/?size=l


鳴門海峡(なるとかいきょう)は、淡路島と四国の大毛島・島田島の間にある海峡です。日本百景に選ばれており、大鳴門(おおなると)とも呼ばれています。

鳴門の渦潮として有名なこの現象は、世界的にも珍しく「世界三大潮流の一つ」とされています。ダイナミックな潮流見るには、観覧船に乗車して見学するか、渦の道という遊歩道を利用するのがオススメ!渦の道では、海上45メートルのガラス床からのぞき込むこともでき、スリルがあるので普段は味わえない貴重な体験ができると大人子供関係なく楽しめます。

▶︎鳴門海峡のおすすめ観光シーズン、気候

渦潮を見るからには、よく写真や映像で見るような迫力のあるものが見たいものですよね。
ベストシーズンは、天候には左右されませんが、3月下旬から4月下旬とされています。それ以外で大きな渦潮を見たい場合は、毎月2回ある満月と大潮の日がベストです。さらに1日に1度ずつある干潮と満潮の前後1時間も見頃とされています。

▶︎鳴門海峡の郷土料理・ご当地グルメ

鳴門海峡には、やはり海に面していることから瀬戸内の豊かなグルメたちでいっぱい!鯛や牡蠣、ワカメなどの海の幸やもちろんのこと、鳴門うどんや徳島ラーメンなどのご当地グルメも。

鳴門市にあるカレーライスが有名な「渦見茶屋」は、大鳴門橋と鳴門海峡の景色を楽しみながら食事ができて大人気。
魚介料理を楽しみたい場合は、北灘町にある「びんび家」がおすすめ。店内にある生簀の新鮮な魚を使ったボリューム満点の定食が人気です。

残念ながら、どちらのお店も公式ホームページを発見できませんでしたが、検索すればすぐに出てきますので、ぜひ調べてお立ち寄りくださいね★

◎鳴門海峡付近の観光スポットを紹介◎

▶︎大塚国際美術館

https://www.instagram.com/p/BsKQ5kZHAzS/media/?size=l

米津玄師さんが2018年12月31日のNHK紅白歌合戦の生中継で使用され、一気に有名になりました。
徳島県鳴門市の大塚国際美術館は、著名な西洋名画1000点余りを陶板画で展示するという世界にも例のない美術館です。アートに親しむユニークな企画なども催しており、大勢の人を引き付けています。

大塚国際美術館公式HP:https://o-museum.or.jp/

▶︎眉山(びざん)

小説、映画のタイトルや舞台にもなった「眉山(びざん)」。
その名の通り眉(まゆ)のようになだらかな形をした優美な山は、徳島市のシンボルとして広く市民に親しまれています。山頂には、展望台があり徳島市街はもちろんのこと、鳴門大橋や淡路島までもが一望できます。
展望台には、景色だけでなく、恋人たちが永遠の愛を誓って南京錠をかけるフェンスもあり、デートスポットとしても有名なんですよ。

関連記事