子供の前では絶対NG!夫婦喧嘩が子供に与える影響とは

子供の前で夫婦喧嘩ばかりしていると、幼い子供にどんな影響をもたらせてしまうのか?子供がどんな思いを抱き、それが将来どんな影響を子供にもたらせるのか?検証しましたので、ご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

子育て中は夫婦喧嘩が絶えないもの

https://pixabay.com/

子供を持つとどうしても、こんな風に育てたいという思いが強くなります。夫婦ともに思いが一致していないとどうしても衝突してしまうことが多くなります。自分の我を通そうとすると、喧嘩が日々耐えない状態に陥ってしまうものです。

喧嘩が絶えない毎日にしないためにも、お互いの育児論を語りあい、お互いに歩みよることをまずは考えてみてはいかがでしょうか?

夫婦喧嘩を目撃してしまった子供はどんな気持ち?

https://pixabay.com/

夫婦喧嘩をしない夫婦は、あまりいないかもしれません。でも、夫婦喧嘩を目撃してしまった子供は、とても悲しく切ない気持ちを抱くことでしょう。

それが日常的になれば、子供の感じ方にも変化が起こり、取り返しのつかないことにもなりかねません。子供がいったいどんな気持ちを持ってしまうのか?見ていきましょう。

何故、喧嘩するの?

https://pixabay.com/

最初のうちは、なんで喧嘩をするの?という不安な気持ちを持つことになるでしょう。しかし、喧嘩の理由がわからないために、どんどん脳は萎縮し、心さえも萎縮していきます。マイナスの言葉を拾って、インプットしていきます。

相手の存在さえも否定するような言葉を使って相手を罵倒する場面を目撃してしまうこともあるでしょう。言葉は、諸刃の剣となってどんどん幼い心を痛めつけていきます。夫婦喧嘩をするたびに、聞きたくないので耳をふさいで震えながらじっと耐え続けることを虐げることになります。

僕(私)のせい?

https://pixabay.com/

夫婦喧嘩が日常的になってくると、子供は、自分のせいだと自分を責めるようになるなどの影響が出てきます。喧嘩の理由として『自分のせい』という自己暗示をかけて、納得させていく気持ちが強まってしまうのです。夫婦喧嘩は、子供を不安と恐怖にさせていくだけです。それを防御する防衛反応が自分のせいと追いつめ始めてしまうのです。それが過度のストレスになり、精神的に不安定に陥ってしまう子がいるのも現状です。

夫婦喧嘩が子供に与える影響とは

夫婦喧嘩が日常的になっていき、夫婦喧嘩の期間が長ければ長いほど子どもの脳を傷つけている割合は非常に高いです。夫婦喧嘩を日常的に見ている子供は、脳が萎縮すると研究結果が出てきていることもあって、夫婦喧嘩を子供の前でしないように言われているのも納得がいくことではないでしょうか?

関連記事