恋愛に嫌悪感を感じる女性が増殖中?その原因や対処方法とは

一般的には、「恋愛=素敵なもの」というイメージを持っている人が多いですよね。しかしそう思う人がいる一方で、「恋愛が気持ち悪い」と感じてしまう人がいる人もいるんです。もしかしたら、あなたもその一人だったりしませんか?今回はそんな「恋愛が気持ち悪い」と感じてしまう原因や、対処方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

なぜ?恋愛を「気持ち悪い」と感じる人が増加中


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KZ1796049_TP_V.jpg

結婚に限らず、最近では恋愛をしない女性が増えてきたそうです。恋愛をしない、と言うよりは“好き”という感情が分からず、恋愛が出来ない体質になってしまっているとう方が増加しています。

「恋愛」というものの見方は、人それぞれです。恋に恋するという単語もあるほどに、恋愛を楽しむ女性もいれば恋愛を気持ち悪いと毛嫌いする女性もいらっしゃいます。

今回は、その恋愛にマイナスイメージをもつ女性にスポットを当てた記事となっております。

恋愛を気持ち悪いことだと感じてしまう理由は?

環境的に恋愛に関わることが少なかった


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224160I9A0307_TP_V.jpg

分かりやすい例をあげると、今まで女子校や女子大など男性と関わる機会がなかったなどがありますね。

よく「免疫力がない」という言い方をしますが、男性を未知の生物だと思っていると「気持ち悪い」という感情を抱きやすいかもしれません。

家庭環境も大きく関係しており、家庭が厳しく、幼い頃からテレビで恋愛ドラマが流れるとチャンネルを変えられるのが普通だとしたら、イコール恋愛はいけないものという認識になりやすいです。親が見せたくないのだから、恋愛は気持ち悪いものだという印象が強くなるでしょう。

モラルや教育に過剰に厳しく過干渉気味に育てられた場合には、潔癖症から恋愛に嫌悪感を抱くこともあります。

「付き合う」ということがよく分かっていなかったり、友情で充分と考える人は、パートナーとのスキンシップを気持ち悪いものと位置づけることがあります。

家庭環境のトラウマから嫌悪感が


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kawamura1029IMGL4396_TP_V.jpg

先ほども、家庭環境が影響してくることを述べましたが、無意識に嫌悪感を抱いてしまっているパターンではなく

家庭環境の中で、「トラウマ」が生まれてしまったパターンも理由の一つです。
娘にとって「初めての異性」というのが「父親」だと思います。

その父親が、自分に対してあまり好意的な反応がなかったり、母親に対して暴力をふるっていたりしていたことによって、男性に対する不安感や嫌悪感などが植えつけられてしまった人も存在します。

物理的に強い男性に恐怖心がある


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE055122916_TP_V.jpg

男性は、女性に比べその体つきや骨格は大きく異なりますよね。
女性よりも大きく、筋肉も発達した男性に対して、暴力を振るわれるのではないか、と物理的な恐怖を感じているという女性も。男性は野蛮な生き物、という心理から、こうした恐怖に繋がり、男性は苦手、気持ち悪いと感じてしまうことも。

そういった理由から、男性をひとまとまりで考えてしまいます。「男なんて結局は〜」と、どの男性も一緒だと考えてしまっているパターンです。確かにニュースなどで取り上げられていたり、話題に上がるような事に関しては男性=よくないイメージが強いようなものが多いです。

しかし悪い人たちが目立っているだけであって、実際にはかならずしも、女性の思う男性しかいないわけではありません!

それなのに男性はよくないものというイメージを持っている事で、男性のいい面に目を抜けようともせず、結果男性嫌いになってしまうんです。

アイドルや二次元の男性のファンだから


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hartIMGL0491_TP_V.jpg

アイドルやアニメや漫画のキャラクターのファンであるというのも理由として当てはまります。
原因やその心理としてアイドルや二次元のキャラクターは、言うなれば「女性から見た完璧な男性」です。それらを好きになってしまうのはいわば仕方のないことです。

ですが、そのアイドルや二次元のキャラクターに夢中になってしまい、現実の男性を恋愛対象として見られない、苦手、気持ち悪いと感じてしまう人も。こうしたアイドルや二次元のキャラクターに夢中になってしまう心理から、現実の男性に対して男嫌いになってしまうという特徴もあります。

男性が気持ち悪いのはコンプレックスがあるから


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMG_2875ISUMI_TP_V.jpg

好意を寄せてくれる男性を嫌い、怖いと思う女性がいます。
この女性によくある特徴は「自分に自信がない」こと。

コンプレックスを抱いている女性の特徴は、自分を否定していることです。
自分自身を否定しているため、相手からの好意を辛いと認識する特徴があるのです。
自己肯定感が低い人の場合、「嫌いな自分を愛する相手を疑う」といった状態に陥ることがあります。
自分の嫌いなものを好きになる人には到底ついていけないという考え方になってしまうのです。

自分も自分の事が好きじゃないのに「なぜ?」「この人頭悪いんじゃないの?」

怖い、辛い、気持ち悪い。
例え、ずっと好きだった人に告白されても、こういう特徴をもつ女性は告白された瞬間からその男性を嫌いになってしまい、辛い負の感情に振り回されます。
さらに自分の目立つ欠点が、他人から見たら魅力に映るものということを理解ができないと、尚更気持ち悪いという感情が育ちます。

もう一つ、コンプレックス以外に「辛い過去のトラウマ」を抱えている女性もいます。
母親にずっと否定されてきた女性
過去に男性に乱暴された/されかけた女性
ストーカー被害にあった/あいそうだった女性

こんな女性は過去のトラウマがひどく残っていて、男性の好意を受け入れられない特徴があります。
カウンセリングなどを受けて自分を肯定し、恐怖を克服する必要がありますが、カウンセリングを受け入れるのも心理的に乗り越えるのが難しいのも特徴です。

好意を持たれると「気持ち悪い」と思ってしまう


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kusaiyoIMGL7814_TP_V.jpg

グリム童話に「蛙の王子様」という物語があります。
はじめは王子様を「蛙」のように気持ち悪く感じていたお姫様が、ある時を境に「王子様」のように感じて好きになるという内容。(実際は魔法がとけて蛙が王子様になる、と表現されています)
好きな相手からの好意を気持ち悪く感じてしまうのは、まさにこの逆パターン。


「理想の男性像」を持ちすぎて、相手の男性が焦ったり緊張する姿を見たときに、「あれ、こんな人だったの……?」と幻滅してしまうパターンもあります。
相手だって人間です。緊張したり自信を失くしたり、失敗したりもするでしょう。
等身大の相手を見ることができずに好きになってしまうケース。

また、女性同士でワイワイしたり、同性に女と見られても違和感はないけれど、男性に「女」として見られた時に嫌な感じがするケースもあり、恋愛に対して何らかの意識の違いがあると考えられます。

場をわきまえないカップルなどを見て、恋愛が気持ち悪いと先入観を持っている


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/takebeIMGL3699_TP_V.jpg

関連記事