浪費家必見!貯金を増やす簡単な方法とは?

そんなにお金を使っていないはずなのに、なぜか貯金が増えない…そんな方も多いのではないでしょうか。貯金を増やそうと思っても何をどうすればいいのか分からなくて、結局今まで通りにお金をやりくりしてしまいがちですよね。そこで今回は、貯金を増やすためのコツ・ポイントをご紹介していきます。浪費家の方でもやり方次第で十分に貯金をすることが出来ますよ♪

公開日:    最終更新日:

ここで年代別に分けて平均の貯金額をみていきましょう。

29歳以下は「160万1千円」30~39歳は「423万2千円」、40~49歳は「707万6千円」、50~59歳は「1,034万7千円」、60~69歳は「1,399万3千円」、70歳以上は「1,312万8千円」となっています。

高齢社会化が進んでいて、若い年齢層の人たちは年金生活はとても苦しくなると言われています。今しっかりと貯金をすることで、老後の心配も軽減されますよね。

どんどんお金が貯まる、おすすめの貯金方法

https://pixabay.com/ja/

まずはじめに大切なのは、「今の状況を把握すること」です。自分に月々いくらの収入があり、いくらの固定経費がかかっているのかなどをきちんと把握しましょう。

また「徹底的に支出を削ること」がとても重要です。まずは自分がどれだけの支出があったのか把握し、次にどこを削ることができるのか検討していきましょう。

給与がいきなり増えるわけではないというひとは、その金額からどのようにお金を配当するのかしっかり考えていかねければなりません。増やすことができるのなら、そこでまた支出という無駄な浪費をしていないか再度チェックしていきましょう。

また「当面の収支を時系列で管理」してみてください。時系列で確認することによって、未来のお金を事前に計算することができます。未来のことを考えるのって少しわくわくしませんか?

このようにしっかりと自分の人生の計画を立てることができれば、将来困ることはありません。

定期預金口座をつくること

https://pixabay.com/ja/

貯金を増やしていきたいという場合は、定期預金口座をつくり、強制的に貯金が増える仕組みを作るのが一番のおすすめです。

もしあなたが会社員の場合、毎月給与が入ってきますよね。その給料の何%かを毎月強制的に口座に移すようにしてしまえば、使いすぎというう不安要素は消えますよね。強制的に別口座に移してしまうという事務的処理を行っておけば、楽チンですし、意識しない間に貯金がたまっていきますね!

手続きが面倒と思うかもしれませんが、はじめに設定をしておくだけで、あとは自動的に口座にお金が移動されるので、逆に楽ちんですよ!

ボーナスがある人は、全額貯金にまわしてもいいですし、その月だけ追加で貯金してもいいですよね。その分を、冠婚葬祭などの急な出費に充てることもできます。

上手にやりくりして、貯金を増やしましょう!

https://pixabay.com/ja/

貯金をするのに、定期預金システムを使うことで、どんどんお金が貯まっていくでしょう。

また「100円だし買っちゃえ!」とか「コーヒー1杯ならいいか」など、小さな買い物をちょこちょこする癖がある人は要注意!少額の浪費が積もることによっていつしか大金になってしまいます。少額だと浪費しているという自覚がなくなってしまうので、本当に必要なものだけを買うという意識をしっかり養っていきましょう。

意識改革をするをすることで、自分のモチベーションも高まりますし、貯めるという意識から増やしていくという意識に変えることで、さらにあなたの未来は明るくなっていくでしょう。

貯金はどうしても使うお金をセーブしなくてはないので、はじめは貯金が苦しいものだと感じるかもしれません。慣れないことをしていると、窮屈さを感じてしまいますよね。ですが、はじめは辛くても継続することで慣れてきますし、貯金を継続することで将来の不安は取り除かれていくはず。貯金は前向きな気持ちがなければ長期的に続けられないので、そういった意識作りも重要ですね。

例えばいくら貯金が貯まったらいくら使う!など夢を作ることで、「お金をもっともっと増やしていきたい」という前向きな気持ちを持つことができます。そうすると、貯金を苦に感じるどころか、毎月の預金通帳を見るのが楽しみになってきます。

ぜひ頑張って貯金を始めてみてくださいね!

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
PlusQualityはスポンサー料で成り立っています。

関連記事